[ DS/ID には BX/CX-SPHERE を使う ]
[ id19p1966.over.blog.com.: Mr.Jerome BECE のBLOG より]
c0019483_14143517.jpg

◇コメント

 上記のサイトの写真はすばらしく、いつも皆さんに推薦していますが、最近「よーく」見直したところ、思わぬ発見をしましたので、写真を使用させてもらいました。 今彼がレストアしている ID 19 P 1966 は「ひどい状態」にみえるのですが、それを魔法のように「ピカピカ」にしてしまう技術には驚くばかりです。
 それはさて置き、良く内容を検討して見ますと、この ID 19 にはメイン・アキュムレーターもサスペンション・スフェアにも[ Welded-Type] が装着されているのです。それも外観に相応しく「ひどく錆びて油汚れ」しています。従って、長年にわたり LHS を使用されていたと想像されます!!!
 最近載っていました DS 23 IE にも、恐らく CX 用が着いていましたので、現在では私と同様に「分解式」を使っていたオウナーは「溶接式」に変えているようです。
 *しかし、GS 用ではないことは事実です!c0019483_1417941.jpg
赤いスプレーや赤いゴム栓などは LHS 用 ↓
c0019483_14175916.jpg


◆解説
 古い ID のハイトコレクターを分解組み立てしたのですが、最近 LHS 用のハイトコレクター( 赤い印と赤いチューブが付いている) を新しく購入したことです。普通ならこの機会に LHM に変更した方がと見ていたのですが、どうも LHS 仕様車の方が「希少価値がある」ようです。
 しかし、 BX,CX 用のサスペンション球の箱には [ Should only be used with green mineral fluid LHM PLUS ] と書いてありますので一時的なのでしょうが、メイン・アキウムレーターの方はどうでしょうか? 聞いてみましょう。
 とにかく、現在のわれわれに関係あることは、DS 21,23 には CX 用 ( CX のサスペンション球は REAR は BX と共用なのです。このことは拙著 WHAT'S DS に記載済 ) を使用するのは正解でした。
 フロントに就いては "WHY CITROEN Q&A" に掲載していますが、BX -Sphere には 6種類もあります。
 SPHERE: 3XB 95 564 253: ESS (400cc,1360) 95 630 572: BL(500cc,SAUF) 96 024 653: (500cc,Diesel, 19TRS) 96 002 148: BL (400cc, GTI 16S) 96 630 610, (400cc, IE-D) 96 024 568: BL (400cc, 19GTI ) 封入圧力にも 19GTI :45bar と 16TRS:55bar と 2種類がありました。従って BX 用と言っても「どれか?」は解からないし、日本で入手できる訳でもないのですが・・・
[PR]
by citroenDS | 2006-10-15 14:14 | Citroen 資料紹介


<< [ ID 19 1958: 北... [ ミニチュアカーの紹介(19... >>