[ TRIPLEX に関連して]
c0019483_134298.jpg
◇コメント
 このポスターは[ デザイン] 1-'79, No 9."ヨーロッパのポスター名作特集"に載っていました。
 TRIPLEX は「合わせガラス」の商品名です。 シトロエン史を調べますと、TRIPLEX の名は、少なくとも 1931 年の C 6-CGL から出てきます。 「ポスターの英雄」カッサンドルの名作で、 AM CASSANDRE の署名が上にみえます。下隅にはポスターを色刷石版したのが1931年( カラー版に変えたのでこれには無い)であることが記載されています。
 シトロエン社は早くから「合わせガラス」を高級仕様車には採用していたことになります。( WHY CITROEN Q & A :P-81 参照 )
○解説
 文字通り TRIPLEX は 3 複合の意味であり、 2 層のガラスの間に"Polyvinyl-Butyr" の層をサンドウィッチ状にした製品で「合わせガラス」の一種です。この中間層の厚さは 0.38mm ですが、これを 0.76mm に倍増させたものが "SUPER TRIPLEX"と呼ばれる HPR ( High-Penetration-Resistance ) 合わせガラスで、高い貫通抵抗性、接着性、弾力性と透明性を持っていると同時に”ルーサー・ボンド”という接着加工により高い柔軟性があるので、衝突時に頭部がぶつかっても「柔らかく受け止める」ので、障害度が低く済む上、割れたガラス片の埋没性もあり安全性が高いのです。
 この "High Impact"は SM にのみ用いられていたのですが、 1974 年より DS, GS にも使用されるようになりました。これこそが、シトロエン社の「眼に見えない安全性」の重視の典型的な現われであり、2CV にも 1983 年に採用しているのです。 ( from: Le DOUBLE CHEVRON : No;11 & 33 )
▲ここで「合わせガラス」の使用はウインド・スクリーンのみのことを云っています。ドアー・ガラスは私の助手席が割られて( フランスで )いたことを、ドアーの内部を錆止めした時に見つけました。 1cm 位のガラス片をバケツ一杯取り出しましたが、軍手だけで「怪我はしないものです」。( What's DS ?: P-19 参照 )
 ドアー・ガラスは「強化ガラス」ですし、TINTED= 緑色に着色したもの、無色のものがあります。 17 年前に Mr.Brodie がドアー・ガラスは全部自分が「買占めた」から、ここにあるだけで終わりだと言ってましたっけ!
[PR]
by citroenDS | 2006-08-10 23:45 | Citroen 資料紹介


<< [ ORIGINAL CITR... [ MY DS 23 '... >>