[ミニチュアカーの紹介:CORGI TOYS:DS-19]
□コメント
 ミニチュア・カーの写真のご希望もありましたので、このあたりで気分転換に載せることにします。CG・TVを御覧になった方は背景にコレクションが写っていたのをご記憶かも知れません。初回はコギー犬のトレードマークでお馴染みの英国コギー社製のDS19にしました。CORGIは他社に比べて縮尺がいいかげんで、製品の大きさを同じにしている傾向がありますから、DS19でも10cmで50分の1になります。
 蛇足ながらこのサイズの標準は43分の1です。CORGIモデルはこれが示すように、玩具的な要素が強いと思います。DINKYやSOLIDOとは少し違った雰囲気を持っていますが、それが魅力でもありましょう。スケールモデルの精巧さよりも、面白さを楽しむと言ったところでしょうか? SOLIDOに何故”DS”が無いのでしょうか?

■解説
c0019483_1541085.jpg
(左)NO 259:Henri Chapron ”DANDY”Coupe :H Chapron により、1958-1972 年までに22Type 280台が特別生産されたもので、これは 4eme Version; Coupe "Dandy"で 1965-1967年までに16台生産されたモデルです。テールフィンに明らかに当時のアメリカ車の影響が見られます。
(中)No 210 :DS-19の基本モデルで、内部が空のモデルとハンドル、シート付きのものとがあります。写真は2トーンの初期モデルです。
(右)No 323 :MONTE-CARLO-RALLY-TRIM と箱に記載されています。デカールから 1965 年のもので、BMC Cooper 1300 が優勝した時で、デカールを使って「組」で造られたものでしょう。翌年に DS 21になりモンテカルロで優勝していますし、サファリ・ラリーでも活躍しています。モンテ・カルロ仕様はダークブルーです。

●チョット一言
 2000年頃のCM誌のDS特集で、ハイドロ・ニューマチック・サスペンションを分析して「直進性オンリー」の如くに書かれていますが、DS19は登場と共に各種のラリーに参加して好成績をおさめています・・・CXも同様です・・・!その時代的な考察がなされていないようです。当時、FFは強かったのです!
[PR]
by citroends | 2005-07-07 00:07 | DS minicar 紹介


<< [エンジン・マウントの交換] [燃料ポンプの交換] >>