<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
◆ さらに詳しい写真を掲載。
さらに詳しい写真を掲載しましょう。

基はとはと言えば、"LHM" Oil 漏れが「少量発生」したからなのですが、普通には「 front Fender を外さないと、”shield-Cover" を「除去出来ない構造への挑戦」でした!!!
 結論から言えば、「Suspension-Cylinder-Boot 」の下部の破損でしか無かったのですよ!!!


それにしても、この写真の状態にまでするには、「割り箸を使ったりして、古タオルを3枚、30cm の四角の厚手のウエスを 4 枚」と云った具合でしたよ!!! 
 その上、エンジンを掛けたら、”全くのオイル漏れ”無しとは・・・Dust-Boot の破れからにしては「多かった」のですがねえ・・・
 年寄りの為の”勉強会”にしては、腰にきましたよ・・・


しかし、ここまでの状態に「たったの 10 分で出来ると云う事実は、大変なことなのですよねえ・・・
 普通ならば、半日~数日は掛かる仕事ですからねえ・・・ DS の「設計時」に、どうしてこの様に作らなかったのでしょうか? これで”儲けた「自動車屋さん」が沢山いるんでしょうからね。

 それと、Parking-Brake の調整の”簡単に出来る事も「有り難い事なのですよ・・・」。
"Parking-Brake の調整は" 下の写真で「一番上に写っている "Parking - Brake-Wire" 」の21 mm Nut を”半回転締めれば”アッという間に”完了です!


c0019483_21454364.jpg


c0019483_21492750.jpg


c0019483_21503035.jpg


c0019483_21573825.jpg
[PR]
by citroends | 2014-09-25 22:01 | DS の整備と解説
DSの前サスカバーを直接開くように改善する。
DSの前サスカバーを直接開くように改善する。

Citroen DS の front Suspension に達するには、前フェンダーを外して Suspenssion-Dustcover を外すという、大変手間のかかる方法を「要求されて」おり、その度に「光軸の再調整や電気配線を外したり」する必要性がありましたので、私でも「面倒であるので」これまでにも数回やったに過ぎませんでした。

それでは意味がないので、直接 Rear と同様の感覚で修理や調整を出来るように改善しましたので、ご報告しいたいと思いました。

c0019483_1241218.jpg


c0019483_12423087.jpg


c0019483_23424695.jpg


c0019483_23165149.jpg


c0019483_23152316.jpg


c0019483_23305786.jpg

[PR]
by citroends | 2014-09-24 23:17 | DS の整備と解説