<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
◆ シトロエン C 6 は Active Suspension with Variable Damping である。
CITROEN: C 6 の Suspension は Active Suspension with Variable Damping である。 

C 6 の Suspension は Hydractive Ⅲから発展した Ⅲ+だ何て書いてあったり、何にも言及しないでいる Web-Site が多い。
 先ずは、Hydractive Suspension とは何ぞや?が解っていない人達が多いのには呆れるのだ!


そこで資料を前回に続いて眺めていたら、チャント Active Suspension with Variable Damping であると書いてあった。
 こんな事は "JAVEL" の竹さんと話している内に、大よその予測はついていた事だ!

 疑い深い人は「前に戻って」読み直して欲しい。

サスペンション形式は前は図でも解るように "Double Wishbone で、後は Peugeot 307 base の multirink であろうがCitroen の伝統に従って Suspension-Accumulator と Cylinder を「寝かせて Space をかせいだ」ものである。

 Height-Corrector を無くしたから「左右を関連させる必要が無くなった」ので、従来の Hydro-pneumatic suspension の「伝統は崩れた」わけである! 

Height-Corrector の替わりをするのが Suspension-Lower-Arm の位置を測定する "Wheel-Travel-Sensor である。
 これに付いては、順番上「一番下の図」になります。


c0019483_2364263.jpg

"Rear Axle" では、左右の荷重が "front" よりも変化が大きくなるであろうから、14 : Rear stiffner regulator Accumulator を 2 個にして、各輪の Variable Damping Suspension Actuator に対応したんだろう。
c0019483_2365771.jpg


Wheel travel-sensor は Suspension の "Lower-Arm" の「角度位置」を決めるとの記載であるから、”車高”であるとしか思えないのです!
c0019483_23133679.jpg


残る Sensor は "Suspension Pressure Sensor" しか無いから、間違いは無かろう!!!
 それに 4 輪に”それぞれ”あるのも「車高決め」の為と考えて良かろうと思うのです。
 

[PR]
by citroends | 2011-12-01 12:30 | Citroen 資料紹介