<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
[ ユーザー車検の準備に神奈川運輸支局に行って来ました ]
◆ second-car: Vita のユーザー車検の準備に神奈川運輸支局に行って来ました。

一昨年と同様に検査ラインは「ガラガラ」でした。 19 年前の DS 23 の時には「大混雑」でしたのに、車自体が減少したのでしょうか?

 こんな時程 IXY Digital を持って行くのを忘れてしまいました。何せ「猛暑でした」から、予備検査屋で先ずは「合格」して置くことが、当面の目的でした。

 NANKANG Tyre の前輪の空気圧を正規の 2.3 bar にしておきましたので、speed-meter-Test は 40km/h で「完全に一致」していました。少し空気圧を高くしたら「乗り心地」が良く ( 柔らかく) なったような気がしました。Tyre だけが suspension では無いと言うことかな?
 例の様に「検査用紙」を買って、「自賠責」に入って、コースの見学ですが、Ken & Merry の「スカイライン」がいましたが「排気ガス」で不合格のようでした。後で見つけて「夏は Cab はダメでしょう?」と話しかけたら、GAS だけ落として置いて、「様子を見て直行よ!」と考えていることは同じでしたが、私は 7 月から 4 月に「移動しましたよ」と言ったら、自分の車ならばするけれど・・・と手間が掛かったほうが、商売になるのかも・・・と感じました。
 Lotus が engine が掛からず困っていましたが、同様に冬にすれば・・・と思いました。写真が撮れればと残念でした。

◆ Tyre の製造年を見てあるきました。
 最初の継続車検としても、 3 年は経っているのですし、 2 回目ならば 5 年です。従って XX04 ~ XX07 位がやはり多いようです。 Porcshe 911 は既に前後が数年違っていましたが、それでもかなりの磨耗でした。 外車は Michelin, 国産車は Good Year が多かったようです。 「ヒビ割れ」 Tyre は見当たりません!

帰宅してシャワーをあびて、水分補給をしていたら、ハタと一昨年の問題点を思い出しました。

 「原動機の型式」が「あるべき所に見付から無かった」ことでした。 Z 14 ではなくて「沢山の数字」でしたが、 YANASE が教えてくれないと申告しましたら、多くの数字を見ただけで「まあ良いでしょう」で済みましたが、検査官殿によっては、今年も同じとは限らないと思ったほうが得策でしょう。 DS 23 での Window-Washer みたいな事だってあるのですから、エンジン型式が不確認では、検査自体が始まらないことだって在り得るのです。

 YANASE に電話しても、今年も「明確では無い」のです。台車番号から Engine-Number を教えてくれたのですが、その数字が「見つけてあったもの」でした。その付近にある筈だと言っても「無いものは無い」のです。そこで無理やり Vita で YANASE に ( 第 3 京浜近くの )乗り込みました。

 何故、そんなに必要なのか?と・・・ 私は運輸支局へ行きますので困るのですと・・・明確にユーザー車検を臭わせました。
 100% は YANASE での「民間車検」ですから、何も問題は無いのだと言いたいのです。しかし Engine 型式 が車検証記載と同一のものが「見つからないでは困るのだ!」と申しておきました。

このような「単なる電気配線」の過剰な固定方式は「意図的であり」、ユーザー車検を妨害する意図があるとされても、弁解出来ないと考える。刻印の場所を明らかにして、固定法を改善するべきであります。
 簡単な plastic-band の先端部を差し込む為に、刻印を見えなくする固定板は不要であるのは明白であります。


c0019483_19453241.jpg

20S68375 は普通呼ぶところの Engine-Number ですが、車検証には記載されていません。車検証に記載されており、車検時に確認されるのが「原動機型式」です。車検証には Z14 と記載されていますが、下からの wire を「大げさに固定している」金具が上下にあって、左側を engine-brock と automatic-transmission を連結している 19mm bolts の 1 本でそれぞれ固定しているので、取り除いたところ Z14XE なる記号が現れた。わざと見え無くする為としか思えない「大げさな金具=plate: -5408 」です!!!wrench が見えますので既に bolt は、抜いた後で直ぐに戻してありますから、金具は移動しています。この写真は撮るのに大変苦労しております。 5 枚撮って 1 枚です! Engine と Cooling-Fan が近いのです!
c0019483_19455620.jpg


 何と、Engine-Number とは別に上方向に「刻印がある」のに、それも違った記号で Z 14 XE であると。その上に新設した配線の取り付け部品で「見えなくなったまま」だったのです!!!それが解っても、鏡を使っても「XE のみで全体は見えません」!
 これでは、今年の検査官次第では、「ダメを出され兼ねませんでした!」。 ヤレやれこれでは困った事なのですがね・・・
 これでは、ユーザー車検を「出来なくしている」と言われても、文句は言えませんよ!!!
 YANASE の客は皆「お任せ」ですからねえ・・・。


試みに、「OPEL のユーザー車検」と検索してみました所、仮にも外車: GM 製のアメ車を選択してしまったからには、YANASE 様に整備、車検は全てお任せするのが一番「最終的には安く付く」との、ご回答が主流でありました!!!整備に手間がかかり、部品も少ないようです。それに「整備費用は安い方」であると。矢張り YANASE で買う人はそのように考えるのだと理解した次第! アーア、ですねえ・・・

 それなら、Citroen DS の Owners は「どの様に考えているのか?」と質問したならば、「同じような答えが返って来るのかなあ」・・・ 
 矢張り、私は異常者に分類されるのでしょうか?

[PR]
by citroenDS | 2010-07-22 21:52 | ユーザー車検
[ my DS 23 の front-Tyres : MICHELIN の現状 ]
◆ my DS 23 の front-Tyres : MICHELIN Tyre は評判通りなのか?

◆ MICHELIN-Tyre を「検索」しますと、驚くほどの「評判の良さ」に驚きました。勿論、MICHELIN HP ですから当然としても、私の DS 23 での経験からも「値段だけの事はありそう」ですが、先日 NANKANG に交換した rear Tyre は「外側」は良好でしたが、不思議な事に「両側の裏側」が数年前から「ヒビ割れがひどく」てアキラメました。
 裏話をしますと、ユーザー車検を通って未だ 1 月なのに「なんと Air Valve が折れて」 Air が漏れてしまったのです!何と運が良かったことか!と驚きましたよ・・・
 更に、思い出すことがありました。半年前位でしょうか?セルフ・スタンドで Air を入れようとしたのですが、少しも入ろうとしなかったのです。入るよりも出る方が多くなるようなので止めたのでした。 rear Tyre なので見え難くかったので「詳細は不明」でした。角度が悪いのかな・・・で済ませたように思います。

 思えばこれは Air Valve が老化して「割れかかっていた」からでした!それにしても、それ以降良くもエアー漏れしなかったものです! 荷重負荷を受けない Air Valve が「そんな状態でも」 MICHELIN Tyre の表側は軽いヒビ割れ程度でしたから、MICHELIN Tyre の評価を認めざるを得ません。そこで左記の海外の Web-Site に Link して置きましたが、 "DS Tyre" は手に入れ難くて、高価ですとのこと。

 最大の問題点は「両側の裏側」と云う不自然さにありました!これは保管状態が不良であったとしか考えられません。

 front-Tyres に就いては、下の写真のように車庫の明るい側に「僅かな浅い crack 」が認められます。それでも今回見付けました「製造年・週」からしますと 1989 年製!!!になります。既に、製造後 20 年を経ているのです。
 検索資料によりますと ( Linked ) 1999 年までは、 3 桁の数字の「最後の数」とありますが、 4 桁: 2589 で間違いは無いと思います。他に適切なる数字が見付からないのです!
 
◆ my DS 23 Pallas は、平成 1 年の登録ですから、今年で 22 年になります。この間に購入した MICHELIN Tyres は 2 本組で 1) 180 15 HAS, 2) 175 RS 15 zX, 3) 175 R 15 zX の合計 6 本です。そして最後の 175 R 15 zX が現在の front Tyre ですから、平均で 7 年になりますが、最初の HAS が一番ひどかったと記憶しています。結果的には最後の 175 R 15 zX ( 現在の front ) が Best であった事になります。

 もしかして、NANKANG is best. になったら、どうします?それは無いかな・・・ でも、NISSAN "March" が「タイで生産、発売された日」だから、何が起こっても不思議では無いでしょう!!! 
c0019483_15511390.jpg

c0019483_15515252.jpg

こちら側が、GARAGE 内で「明るい側」の Tyre side wall の細かいヒビです。思えば 10 年は経っていますね。
c0019483_15521536.jpg

以下に現在の DS23 : front Tyres の Tread 面を 3 枚載せておきます。皆、良好ですから 4-5 年は未だ使えそうですね・・・
c0019483_21202692.jpg
c0019483_21204775.jpg
c0019483_21211120.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-07-13 15:53 | DS の整備と解説
[ TYRE の製造年月に付いて ]
◆ TYRE の製造年・月に付いて。

TYRE の製造・年・月に付いて NANKANG Tyre では 175 80 R15, 175 65 R14 とも「刻印」を見つけました。 一方で Michelin では「不明」でした。 NANKANG Tyres の写真を載せます。
 上の 2 枚が 175 65 R14 で、下が 175 80 R15 です。Tyre 側面の「小判型の部分」に番号が印字されています。どうゆう訳か Michelin には「小判型の部分」がありませんでした。
 これらの「製造年・週」の読み方については、詳細に説明してある Web Site がありますので Link しておきます。ここが一番「骨があって」気に入りました。他のは「何だか Maker に迎合している」ような Site が多いようです。
 いずれにしても「国産」は 4 桁の数字で解るようです。 Auto Way では、5 年以内は差がないので「製造年」での返品は受付ていない事を明記しています。 ( 良心的と言えばいえるが・・・?)
 NANKANG Tyre は YOKOHAMA-Tyre が指導して製造しているんだそうです。

c0019483_22284773.jpg

Opel 用の Tyres は全て 1710 でしたので 2010 年の第 17 週= 5 月初めであるのが分かりました。 RX 615 に model-change したので「出来立て」になる。 宅配されてから 1 週間、車内に入れて置いたら、組み付けに行く時のゴム臭かったこと!!!
c0019483_22291018.jpg

DS rear Tyre は 1201 ですから、 2010 年の第 12 週ですので、 3 月末製造となります。
c0019483_22292713.jpg


◆ Tyre と Wheel の組み付け位置に付いて。
 ★タイヤの組み方
 Tyre を Wheel に組む際は static Ballance に注意してください。
 Wheel-Ballance をしっかり取らないと、高速走行でハンドルがブレる症状が出てきます。
 Wheel に鉛の板を貼り付けてとる、Ballance を言っているのではありません。
 実は、Tyre を組付ける位置というのが決まっています。Tyre に直径 5mm 程度の黄色の点がペイントされている位置を、Wheel の Air-Valve の位置に組み付けるのが約束となっています。
 下の写真で黄色い「〇」印のところが組み付けポイントです。ここと、Wheel の Air-Valve を合わせて Tyre を組み付けます。( Linked Web Site より ). 
 NANKANG の場合には、red Mark と yellow Mark があり、14 inch Wheel は yellow に合わせてありますが、 DS Wheel では red Mark に合わせてあるようです。 yellow Mark は特に消え易いのです。
c0019483_1532492.jpg

c0019483_15334258.jpg

Tyre の「ヒビ割れ防止策=悪条件」にはイロイロ記載されていますが、常識的には「紫外線とオゾン」から守ることです。従って、車庫に駐車する事につきますが、「乗らないとヒビ割れし易い」と書いてありますが、これは誤解でしょう。 Side Wall の話ですので、走らなければ Tread が減らないので「長く交換しない」ですから科学的な証明にはなっていません。逆に、走ることにより Tyre が負荷を受けている時間は長く、摩擦熱を持っている時間も長いのですから、沢山走ることは Tyre 内部の oil を失わせます。 Tyre Wax は科学的には「有効であり」害があるとする合理的理由にはなりません。

◆ 熱が Tyre の老化原因であるとすれば、最も悪い条件を採用しているのが CITROEN 社と云うことになりますよ。
[PR]
by citroenDS | 2010-07-09 22:30 | DS の整備と解説
[ my Garage with NANKANG-Tyres. ]
◆ my Garage with NANKANG Tyres.

日常の足に使っている Opel Vita の Tyre も、下の写真のように「ヒビ割れ」がひどく成って来たので、この際 YANASE の Continental made in Portugal から、NANKAN 175 65 R14 made in Taiwan に換えたと言うだけの話なのだ。

 前の DS rear-Tyre に使ったのとは違った「新デザイン」であり、 round shoulder なのが好印象なのですが、 DS には「合わない」かも知れない。それにしても Tyre-size の違いは恐ろしいもので、倍くらいの重量差がある。それにしても値段が安いのは有難いことだ。

 楽天市場の Auto Way よりで ¥ 2,920 + 500 X 4 でしかない!そして 2 日後には「佐川急便」で到着するのも前回同様だった。
 Pawn Company での「組み込み代金」が、¥ 1,900 X 4 だから、合計で¥ 21,280 となります。
 YANASE の 1 本分で 3 本分にはなる経済性は重要だろう!
 NEXEN made in Korea も人気があるそうで、近くに駐車していた MAZDA についていたが、工場から付けていると云われる。年寄りが 100km/h で走っているには充分でしょう。

 羽沢の Pawn Company からの帰路、第 3 京浜への入り口付近で「今回も」白バイが待ち伏せしていた!ここで捕まったりしたら「何を節約」しているのか分からなくなってしまう所だ!!!
 前回の DS 23 の第 3 京浜での試走の時にも「白バイ」が多かったようだから、暫らく制限速度で走るように注意しておきましょう。

 今日、横浜港の辺りに用事があって走ってみたのだが、私には Tyre の違いを感じるほどの能力は無さそうだ。良いも悪いも無い普通の Tyre なんでしょう。当ったり前かあ・・・それで良し!!!何たって一番安いのだから・・・ 

c0019483_2304371.jpg

このサイズのタイヤは、同じようなパターンのものが多いようですね・・・RX 615 と新デザインのようです。このレベルのタイヤに進歩の余地ってあるのでしょうか?Citroen DS に乗っていると「バネ下重量」なんて無関係だってと思うんだがねえ。扁平率 30- 35% なんて無意味だろうが・・・

c0019483_2330572.jpg

Autobacs の安売り広告が入っていたが、 BRIDGESTONE は高いですね・・・ Autobacs 仕様の 5 組限定でも 4 本で ¥10,000 です。名前からは made in Korea らしい・・・ YC Hospital に用事があったので駐車場の Tyre を見て廻ったら Autobacs 仕様があった。この頃は Asian Tyre が珍しく無くなって来たようですね。
c0019483_13201621.jpg

c0019483_23275453.jpg
c0019483_233140100.jpg



c0019483_23341515.jpg
c0019483_23392351.jpg


c0019483_23451796.jpg

Europe 仕様に換算すると「少し圧を高め」にするそうだが、前: 2.1 kg. 後: 1.8 kg にして置いたが、まだ、硬めだと思う。
c0019483_23421687.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-07-06 12:07 | DS の整備と解説