<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
[ my Miniature Car Collection: (55). Fiat 850 & Fiat Abarth 1000.]
◆ My Miniature Car Collection (55) : Fiat 850 & Fiat Abarth 1000 (OT).

門外漢の私が Fiat Abarth に就いて解説するなどは、とても無理な話で Abarth 1000 といっても Fiat 600 が base なのか?850 が base なのか解りませんし、ましてや engine が Fiat 製なのか?Abarth 製なのか?などとても・・・これは Wikipedia でも同様であるらしく、「空欄」です。
 そこで、Abarth-models 専門の "Piccolina" の HP を参照したり、教えて頂いたりしています。
 写真も「ご迷惑にならない」程度、転載を許可して頂いております。
c0019483_21341968.jpg

Fiat : 850-base:
* OT850
* OT1000
* OT1300
* OT1600
* OT2000

c0019483_2139477.jpg

c0019483_21391917.jpg

◆ MEBETOYS : Fiat 850. No. A-1. 1964.   front に、未だ「ヒゲ」が残っています。
c0019483_2158538.jpg

◆ MERCURY : Fiat Abarth 1000. No. 42. 1964.
c0019483_2214246.jpg

箱絵付きの [MERCURY] は少ないので、かなり貴重でしょう。
c0019483_2271713.jpg

c0019483_2295755.jpg

c0019483_22142450.jpg

1964年に登場した Fiat 850 を base に、Abarth が OT850/150ベルリーナに続き 982cc/54HP の OT1000 を、Torino-Show では OT1600 を発表した。Abarth 製の1,592cc engine の front に移された Radiator のために front-Grille があります。 
c0019483_22234056.jpg

from: "piccolina" HP.
[PR]
by citroenDS | 2009-02-28 21:47 | Mercury, & Italians.
[ my Miniature Car Collection (54): Fiat Abarth 595 SS, 695 SS.]
◆ my Miniature Car Collection (54). Fiat Abarth 595 SS & 695 SS.

Fiat Abarth models となると、やはり Italian Model Makers が殆んどであるようです。 Mercury, Mebetoys, Politoys といったところです。 Abarth の歴史をたどると、 Fiat 600 から「手がけて」いるようですが、手持ちの models の都合で "500" から始めましょう。

500をベースとした Models には 595 と 695 がある。より高度なチェーンのものは 595 SS, 695 SS があり、究極のチェーニングをした model が、595 SS アセットコルサ。
c0019483_12575174.jpg
Fiat: 500 base :
* 595-berlina.
* 595SS
* 595SS-assette corsa.
* 695SS
c0019483_23252399.jpg
BRUMM : Fiat Nuova 500 D. (BMR. 405-01). 1960.

★ from : Piccolina: You will find many good Abarth-models. click here!

◆ MEBETOYS: Fiat (nuova) 500 : No. A-36. 1964.  「door が後開き」になったのは、1964 年以降です。これは Citroen 2CV 等と同じ理由でしょう。(安全性).
c0019483_2373488.jpg
c0019483_2375484.jpg


c0019483_23141762.jpg


◆ Mercury : Fiat Abarth 595 SS. Art. 14. 1964.
c0019483_23564381.jpg

c0019483_2319513.jpg

この頃の (35 年前) Mercury は「どうゆう理由か?」 箱を共通の Red-Checkered-Box にしたり、底板の mark を削り取ったりしています( )。何か?販売契約のためではないか?との説になっています。これ以前の models では「きちんと箱絵付きの BOX 」に入っています。この model では Abarth 595 SS の label が貼ってありますが、その後は無名になります。でも、decal が Mercury 独特の味であり「イイですね」! 
c0019483_23413272.jpg

c0019483_131591.jpg

c0019483_23173836.jpg

c0019483_23185113.jpg

c0019483_23193261.jpg


◆ MEBETOYS : MATEL : ABARTH 695 esse esse = SS. No. 6608.
c0019483_13161928.jpg

c0019483_1315567.jpg

恐らく、MEBETOYS : Fiat nuova 500. No. A-36. の底板を前は fin 付き oil-cooler, 後は fin 付き oil-pan & big-tail-pipes に変更したと思います。太い "Hot-Wheel" に変更したのも成功しています。
c0019483_13153279.jpg

c0019483_23221086.jpg

c0019483_23263495.jpg

c0019483_23191760.jpg
c0019483_23194569.jpg


 photo: from piccolina.
c0019483_21221391.jpg

photo: from Wikipedia.
[PR]
by citroenDS | 2009-02-23 13:07 | Mercury, & Italians.
[ Jaguar 'E' type. SPOT-ON & CORGI. Paper-Box.]
◆ (51). Jaguar 'E' Type Coupe. SPOT-ON & CORGI TOYS. 箱絵の変更。

Jagure 'E' Type Coupe (51). の SPOT-ON と CORGI TOYS: No. 374. の別の箱が出てきました。
 SPOT-ON は完全に別の model の箱の上に載せて撮影し、CORGI TOYS の方は No. 374. に別の箱があることが判明しました。 2 個の箱があるのに model は他に見つかっていません。 取りあえず、Paper-Box を紹介して訂正します。
SPOT-ON は Tri-ang 社の商標を使用しているのでしょう。 made in Noth-Ireland と書いてあります。 (UK の 1/4)
c0019483_205133100.jpg

c0019483_20514944.jpg

Paper-Box には 4.2 L. 2+2. となっていますが、 5.3 L. V 12. Series 3 と正確な "label" が別に貼ってあります。
c0019483_2052224.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-02-21 20:53 | CORGI TOYS & etc.
[ my Miniature Car Collection: Jaguar 'D' Type. John Day Kit.]
◆ my Miniature Car Collection (53). Jaguar 'D' Type. ( M.Conti 's & John-Day Kit-model ).

M.Conti の作品や John Day's Kit-Model 等により、"D"Type の「外観的な違い」を集めてみた。 3 年間、90 台以下の手造り Racing-Car ですので、全く同一の model は少ないように思ったからです。 1954年から1957年まで製造されたが、正確には 3 年間である上、生産台数も少なく「細部は微妙に違っている」ので、Scale-Models, 写真等により違いを「検証する」のも面白いと考えたのです。

 1954 年 model は "Short-Nose" だけです。= "solido" model ( No.100.)
 1955 年からボディ前半部を重量軽減と剛性の強化の為、マグネシウム合金からニッケル合金にし、空力特性を検討して front を若干延長し Tail-Fin の形状を見直した"Long-Nose-Model " が Le Mans で優勝した。従って、factory-models は、これ以降は "long-nose-model" になり、"short-nose-model" は "XKSS" に転用されたと思います。

 1956 年、Lucas 製 injection を装備、Anti-roll-bar の追加、 Body の軽量化により性能が上げられ Le Mans で 2 年連続優勝した。この年に Roadgoing-Racer: XKSSの生産が開始される。
( Mercedes 300SLR の観客を巻き込む大惨事があり、Mercedes は Race を中止した)。
 1957 年、工場の火災により生産中の D-Type, XKSS の大半が製造設備と共に焼失してしまい生産を終了したが、 private-team の Ecurie Ecosse が Metallic Blue の long-nose で出場し 3年連続優勝を果たした。

私は Body-color は British-Racing-Green にこだわっています。

ここで少し気になっていることがあります。私は Citroen の事しか知りませんので、当てになりませんが、(51) Jaguar E type Coupe. の項で、Type "E" (UK), "XKE" (US). と Wikipedia (UK) からの引用文に記載してあったことを思いだしています。さすれば、XKSS との表現は (US) 的であることになりませんか?"short-nase" の「残り物を」 red-color で US へ輸出した・・・なんて勘ぐりですかね?正式名は "XK◎" ですからね。

 それと D type は Dunlop-disc-brake を装備した「二番目」の Racer で、1949 年に Crosly Hotshot が最初に装備した USA-car であり、Citroen DS は Europe で最初に装備した Production-car であると記載されています。( 英国人が書いている所に意味がある!)。

◆ Jaguar D-Type Le Mans, Scale 1/12th, Made by Michel CONTI (Italy). from : Catalogue Mondial des Modeles Reduits Automobiles.
 Left-front-fender に Driver's Name が書いてあります。 Flockhart, Bueb ですが、Ron Flockhart は 1956 年、Ivor Bueb は 1955 年の Winner で、両者は組んでいないようです。???
c0019483_20464967.jpg

恐らく、pro-modeler である Michel CONTI や john-day は、最初の winning 時に model を制作したでしょうから、1955 年 model でしょう。iXO : 1956-winner とは number が違います( 3 と 4 ) し、「紋章の色」が違いますが、2 座であり「風防」も非常に良く似ています。最大の注目点は leftside-rear-fender に「空気取り入れ口」があることです!

John day models : 159. JAGUAR- D. No.26. 1955.
c0019483_162481.jpg

35 年前に¥ 4400 で買った Kit で、wind-screen の接着剤が変色していますが、塗装は Humbrol-Enamel ですので「全く OK」です。この時代は CONTI も head-light には「あまり凝って」いません。 単に silver-metal です。
c0019483_1633683.jpg
c0019483_1643863.jpg

c0019483_1664050.jpg

body を低くする為に engine を dry sump にし 8° 傾けて搭載したので、trademark の bonnet bulge の左偏が生まれた。
c0019483_16103396.jpg

The D-Type was introduced purely for competition, but after Jaguar withdrew from racing, the company offered the remaining chassis as the roadgoing Jaguar XKSS, by adding an extra seat, another door, a full-width windshield and primitive folding top.
 However, on 12 February 1957, a fire broke out at the Browns Lane plant destroying nine of the twenty five cars.Production is thought to have included 53 customer D-Types, 18 factory team cars, and 16 XKSS versions. ( Total-Production : 87 cars ) The highly efficient, aerodynamic bodywork was largely the work of Malcolm Sayer.
 For the D-Type, Sayer insisted on a minimal frontal area. To reduce its height, Haynes and Walter Hassan developed dry sump lubrication for the XK engine. By also canting the engine over by 8° ( resulting in the trademark, off-centre bonnet bulge ) the reduction in area was achieved. Care was taken to reduce drag due to the underbody, resulting in an unusually high top speed; for the long Mulsanne Straight at Le Mans, a large vertical stabiliser was mounted behind the driver's head.
 For the 1955 season, factory cars were fitted with a revised, long-nose version of the bodywork, which increased top speed even further.
The Jaguar D-Type was the second racing car to have Dunlop disk brakes. The Citroën DS, introduced a year later, was the first production car with disk brakes in Europe. The Crosley Hotshot was the first American automobile with disk brakes, in 1949.
 The first factory production D-Type (XKD-509) was sold at Bonhams auction for £2,201,500 in July 2008. The previous highest confirmed price was £1,706,000, set in 1999. ( 約 4 ~ 5 億円 ) ( from: Wikipedia, GB.)

c0019483_19503297.jpg
c0019483_19525959.jpg



Solido-model と jon day model は wheel-base が「同一」ですので、"short-nose" と "long-nose" を「同一画面で比較して」みましょう。Miniature-car でなければ出来ない芸当でしょう? また、Bonnet の ventilation-slits にも 2-types あることが解ります。
c0019483_19575269.jpg

c0019483_19582583.jpg

◆ iXO : Jaguar D-type. #4. 1956-Le Mans-winner. Drivers: Ron Flockhart, Ninian Sanderson.
c0019483_16484757.jpg

ixo : Jaguar D type. 1956-winner. 元写真は「明らかにズングリ」ですので、縦の pixcel 値を減らしています。
c0019483_16511229.jpg
c0019483_16512823.jpg

c0019483_20331111.jpg

c0019483_17101136.jpg

c0019483_16571580.jpg

Wikipedia (GB) からの写真ですが、2 seats の wind-screen は、それぞれ独立していますし、排気系の design も違っているようです。 
c0019483_16575324.jpg

◆ Solido : Jaguar D Type. short-nose. No. 100. 1954.
c0019483_1701822.jpg

c0019483_1733799.jpg

Jaguar D type ( short-nose ). 1954.
c0019483_16542339.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-02-11 16:34 | Solido(Dalia-solido)