<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
[DS23 Safari Estate]
□コメント
 CORGI TOYS ID19 SAFARI に始まった、私の Safari 調べもこの DS23 Safari Estateで終了になりそうです。思うに、自動車の形態の変化の歴史で 1955-1975年という時代が特別に意味のある時期であったようです。その前の時代は乗用車とトラックに分けられていた時代のように考えられます。乗用車で荷物を積む形態が出来たのは、例えば Traction Avant であれば、後半部分を改造した[VAN] が作られましたが、一つのモデルにはなっていなかったと思います。その時代には 2CV の Fourgonnette が作られています。
 DS の時代に入って暫く後に、Break 仕様が確立してきたのではないでしょうか? これはシトロエンだけの問題では無かったように思います。そして英国版の [Safari] 仕様が発展し、DS の時代が終わり CX の時代へと変遷し、丁度 [Break] 仕様がしごく一般的な車種形態になった時代と一致したように考えられます。
 この事実が、このカタログの [DS23 Safari Estate] といった表現になったように考えられるのです。
c0019483_23564965.jpg

■解説
 紹介しますカタログは [CITROEN Estates] で Ami Estates, GS Estates, DS23 Safari Estate の3車種です。 [DS カタログ紹介Ⅱ] と同じ時期:ANG 9-74 DELPIRE ADOVICO Printed in France とありますので、DS としては最終版ですから DS23 のみに限られているのでしょうか?
 このカタログには Citroen Cars Ltd, Mill Street,Slough と記載されています(写真-1)ように英国版 [Safari] の最終版でもあります。その為でしょうか、[Safari Estate] と書かれています。このようなことは前例の無いことでしょう。
c0019483_23574467.jpg

 この最終カタログは「写真」の質(解像度)が低いので、私の画像処理技術のせいではありません。また、左ハンドルであるのはフランス版を一部分だけ修正したからでしょう。
c0019483_05019.jpg
          ◆米国版では、citroen WAGON と記載されています。AC:3-65. Derpire Publicite.になっていますが、写真の背景に[THE WALL STREET JOURNAL]の広告が見えますので確かです。駅にご主人を送って来たところで、正に Station Wagon です。
c0019483_23141675.jpg

c0019483_23122511.jpg


*ドイツや北欧版では Combi と書かれています。
[PR]
by citroenDS | 2006-01-24 23:58 | DS/IDカタログ紹介
[ Safariに就いて ]
□コメント
 Break(F)は (Station) Wagon(USA),Estate(UK) 等と呼ばれていますが、CITROEN に限って [Safari] と英国では名付けられています。
 この点を「大車林」で調べてみますと、Safari に就いての記載がありません。EAST AFRICAN SAFARI RALLY の記載があるのみです。何故、IDS Break が Safari と呼ばれるのかの理由は不明のままです。

c0019483_20283766.jpg

■解説
 写真が英国版のカタログに載っている[Safari 20/21]の頁ですが、一応 DELPIRE ADOVICO; 8-70 とありますが、Citroen Cars Ltd.と付記されているように英国専用版であることは確かです。
 この年式になると Safari 仕様は DSpecial,DSuper,DS20,DS 21,DS 21 Injection の5車種を選択できますし、MT と油圧式が選べます。
 英国には Slough工場があった関係からも、前述しましたようにスウェーデン版があるように、フランス版と同一の英国版がキチントあります。
 さて、これでは [Safari] の説明にはなりません。そこで英国製ミニカーの登場を願いましょう。
 私にはこのミニカーの表現している姿が[Safari]のように思うのですが・・・
[PR]
by citroenDS | 2006-01-23 19:52 | DS/IDカタログ紹介
[ミニチュアカーの紹介,Ⅷ:CORGI TOYS:ALPINE RESCUE CAR]
□コメント
 あまりミニチュアカーばかり続け過ぎかなぁと思ってもいますが、この際シリーズものをまとめてしまいましょう。折りしも、横浜も21日かなりの雪が降っています。この時期はセンター試験や NEW YEAR MEETING があり雪の困る季節ですね。
 CORGI TOYS はこの連作を含めて「フィギュアもの」が多いので最近人気が出ているのかも知れませんね。40年以上も前に買ったときには、おもちゃ地味ていると感じていましたが、今見るとなかなか楽しいモデルです。
c0019483_22573822.jpg


■解説
 これも CORGI TOYS の特徴の一つですが、外箱の裏に「奇麗な絵」が書かれています。写真でも解ると思いますが、雪のアルプスにセスナが墜落した際の救助隊のモデルで、救助隊員とセントバーナード犬が付いています。( TOBOGGAN AND SKIS:FIGURE AND DOG )です。
 Ref;513, CITROEN SAFARI, ALPINE RESCUE CAR.
[PR]
by citroenDS | 2006-01-21 22:57 | DS minicar 紹介
[ミニチュアカーの紹介,Ⅶ:CORGI TOYS:CITROEN SAFARI]
■解説
 ここに取り上げましたモデルは Ref.436;ボンネット上に現地人の槍とライオン印の盾が貼ってあり、これを囲んで PRESERVATION WILD LIFE(原生動物の保護)と書かれているように、ルーフ上には燃料タンク6個とシャベルや沢山の荷物を積んでいますし、前席には男女2名が乗っています。恐らく、この地域の巡回をしているのでしょう。
 私にはこのような使用方法から[SAFARI]との名が付けられたのだろうと思えるのですが。
 このモデルの時期は ID-19 でした。
c0019483_20311296.jpg

[PR]
by citroenDS | 2006-01-16 20:00 | DS minicar 紹介
[ミニチュアカーの紹介,Ⅵ:CORGI TOYS.SAFARI ID19]
□コメント
 Break を英国では SAFARI と呼ぶのですが、今回紹介するのが英国ミニカーメーカーの CORGI ですので、裏の車種表示は CITROEN SAFARI です。これらのミニチュアカーは沢山ありますので、順次紹介して行きましょう。
 [冬期オリンピック]がトリノで開催される日も近ずいてきましたので、当ブログでも関連したモデルを取り上げましょう。
c0019483_0234754.jpg

■解説
 写真の2台が丁度 CORGI TOYS にあります。これらのモデルは一連の型を使って5種作られていますが、最初のモデルは Ref.436;CITROEN SAFARI ID19:Preservation Wild Life (野生動物の保護)です。
 写真で箱の上のモデルが Ref.475;CITROEN SAFARI:OLYMPIC WINTER SPORTS,1964 です。この年の冬期オリンピックの開催地はオーストリア、インスブルック(Innsbruck)になっています。さて、左下のブルーと白のモデルには、ボンネット上に GRENOBLE 1968 のデカールがあります。冬期オリンピックを検索してみますと、このことはいずれも正確であることが解りました。グルノーブル(France)用のモデルを追加したものです。ミニチュアカーは正確なものです。
 これらのモデルはリヤーゲートが開き、後席も外下の小さな歯車を廻すと前に倒れてフラットな荷室が現れます。ブルーの方をこの形にしてあります。 このシリーズにはルーフ上にソリとスキー板、その他にスキーヤー人形が付いている楽しいものです。CORGI TOYS の特徴でしょう。
[PR]
by citroenDS | 2006-01-15 00:24 | DS minicar 紹介
[DSカタログ紹介:DS in SWEDEN]
 前回「DSと雪」をテーマにしましたので、北欧の DS カタログを見ていた所、ヘッドライトにワイパーを装備した写真がありました。北欧ではスウェーデンに大きなシトロエン・ディーラーが Traction Avant の時代からありましたので、カタログにもスウェーデン版があります。
 この写真が載っているのも DELPIRE ADVICO Printed in France 7-73 SUE となっています。同時に Automobiles Citroen AB, STOCKHOLM とも印刷されています。
c0019483_23342986.jpg

 さらに、Le DOUBLE CHEVRON No5 1966 にも edition speciale KIRUNA-NAPOLI と題した特集があり、北極圏から 150km 北の KIRUNA から NAPOLI までの 4500Km を走破した記録です。KIRUNA は 4月26日でも -10℃ でしたが、44時間後の NAPOLI に無事到着した記録です。平均時速は 101km/h でした。
c0019483_233614.jpg

 photo Lasse Wallin
[PR]
by citroenDS | 2006-01-12 23:36 | DS/IDカタログ紹介
[2006年頭にあたって]
 昨年の11月より文章はUPしていたのですが、画像の方は管理人の都合でなかなか処理出来ずに新年になってしまいました。
管理人としては、そろそろ私に 骨董品のWIN 95 を止めて、 XP マシンを買って、画像処理も正月休みの間に「マスターしたら」と言うことのようで、当方もそろそろ自分のペースでブログ作製をしたくもあったが、この年令になると腰がなかなか上がらないものなのです。
 最終的には12月27日に、新装オープンした「ヨドバシカメラ」に行くことになりました。私はブログ作製に必要なことだけ出来れば良いので、hp の Compaq nx7200 と同社製複合機で、メモリーを512MBに増設しても、合計でも10万円程度なのに、管理人の方は Panasonicの マグネシウム製1kgの モバイル型で約29万円(メモリー1Gまでの増設代込み)ときた。チョット計略にはまった感じ! だが、まあ教授料だと思えということだろう。
 hp には Adobe の画像加工ソフトと、複合機のドライバの Express の方をいれました。ADSL工事が済むまでに、画像の「取り込み」と「編集」をどうやら出来るところまできたので、1月6日に一度にダイヤル回線でUP終了した所です。どうみても、パワー・ブック&Photoshop5.5にはかなわない画像のように見えるが、実は良い画像は既に使ってしまったからでもあるのでは・・と私は「ひいきめ」に思っているのです。
 まだ、ダイアル回線ですから「画像を表示しない」にして画像を[編集]していますので、かなり時間は早いものですが、今回も3時間位かかっています。ファイル名に&を使って「拒否」されたり、「画像表示にしたら」写真が違っていたりで手間がかかりました。
 この作業をしていて医学的に感じた事実は、パソコン画面で見ているのに、実際には記憶に無いことがあるのです。恐らく脳細胞が「ドット抜け」していて、ポツポツと「入力されていない」ようです。だからボケ防止には役に立つかも知れませんね!
 それと、かねてからの私の「持論」であるのですが、コンピュータを導入した時に、欧米人と言語や思考方法の違いを「修正せず」に「用語や表示」を採用してしまったことです。また、ソフトを作製している人達が私達の年代の者と思考過程が違っているようです。これは説明書等の作製に於いても言えることです。私が作ればもっと違った「ポイント」から説明するでしょう。このことはシトロエン広報誌を読んでいても感じていたことです(特にフランス語では)。論理的でありそうで違うと思います。
 新年早々ボケタことを言っているといわれそうですが、管理人に言わせれば、もっと「感覚的に解らないの」となりますが、やはり私(達)には「文字で書かれた順」に作業をする必要があるのです。それでないとパソコンの表示と行おうと考えている事との間の「ズレ」の解消が出来ないのです。
 新しいパソコンがどうやっても「パルス」にならず、6日(0120)でセンターに対応を指導してもらったのですが、3時間たっても、何人替わっても改善できずでしたが、こちらもここで止めては・・と意地になった頃、最後に出た人の[ダイヤル情報を使う]にチェックがありますか?で解決してしまった事実が、私の主張を支持してはいないでしょうか? これも私の持論ですが「パソコンは未完成のまま」でしょう。

 c0019483_2020354.jpg
今年の冬はことの他雪が多いので「DSと雪と氷」の写真を紹介しましょう。
 * photo Andre Martin ( from: Le Double Chevron: No 4. 1966)



c0019483_20575771.jpg
[PR]
by citroends | 2006-01-08 00:00 | Citroen 資料紹介