<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
[ 50th Anniversary of D-model on Web ]
  本年がDSが登場して50年にあたることから、私はこのブログを創りました。これは過去に二つのシトロエン・クラブを創設して来ましたが(最初の日本シトロエン・クラブでは、単に休眠していただけであるから、名称を使わないで欲しい・・・と言われて、再開と妥協しました!)、このクラブも10年に及び40号に近い会報の発刊に努めたのですが、勢力争いや意見の相違に発した誤解により分派せざるを得ず、シトロエン・テクノクラブを設立しましたが、これもやがては同様に意見の相違から消滅しました。
  私はこのような経験から、団体活動に「嫌気」を持ってしまい、個人的に自由に行動することを選択した結果、自費出版の道を選びました。その前後の個人的行動に就いては「ご挨拶」に記載しております。
c0019483_15305728.jpg

 10ヶ月に及ぶ「ブログ」によって、多くのDSファンの方々との交流と私のブログを見て下さったハイドロ・ニューマチック・シトロエン愛好家に皆さんとの出会い、再会により「50周年」を Web 上で距離や時間の都合を考えないで、自由なコメントの書き込みによって[ 50th Anniversary of D-model on Web ]を残せればと考えております。

◎いいだ はじめ さまには、私は個人的に大変お世話になっております。今日、シトロエン研究家などと名のらせて頂いているのも、いいだ様の全面的なご協力のお陰なのです。
 私とGSやDSとのかかわりを紹介していただいたのを始めとして、何冊かの拙著も紹介して頂きました。また、NEW YEAR METTING には必ず私のDSを覗きに来て下さいました。そんな御礼の意味でも先ずは最初に、この項にUPさせて頂きたいと思います。
 それが、私が今できる最小限のお礼なのですから・・・
Commented by いいだ はじめ at 2005-10-23
 萩野 尚様
 DSの50周年とブログ開設おめでとうございます。会社の引越しやら何やらで返信できなかったこと、お許しください。門外漢のボクがコメントすることが・・・とは思いましたが先生との永いお付き合いですから。
 シトロエンをはじめて見たのは1960年頃だったと思います。原宿・表参道によく駐車していた黒塗りの11CVトラクシオン・アヴァン。MG ZBマグネットやジャガーMk-Ⅶなどのイギリス製サルーンとは明らかに違う低いたたずまいで坂の途中に停まっていました。当時、中学生だったボクの目にもフロントグリルのダブル・シェブロンは、強烈な印象として残りました。そしてDS/IDとの出会い。62年10月号のCG誌の表紙を飾った薄いベージュとルーフは濃紺のDS19は、まさに衝撃的でした。流線型のボディは4ドアセダンとは思えないほどに流麗で、革新的なメカニズムには圧倒されました。
 さらに、モンテカルロ・ラリーでの活躍。DSへの興味は尽きませんでした。いま見てもモダンなデザインには飽くことがありません。といいながらもシトロエンをマイカーにしたことの無いボクには、多くを語る資格はありません。世界中のDSがいつまでも元気に走り続けることを願っております。

◎私のDSの修理(ギヤボックスの載せ換え)でお世話になったWADA-WORKSですので、ブログの試作を兼ねて掲載方法を変えてみました。和田さんは、蒸気機関車の大型模型の製作分野では世界的に有名で多くの作品があります。
萩野様
久し振りにDSの記事を拝見しました。私はGSに7年CXDに17年乗りその間にシトロエンテクノジャパンでDS、SM,GS等色々な出会いが有りました。当時のシトロエンの存在は、現在でも強く残っています。とくにDSは当時の先端技術を駆使して大量生産した他に例を見ない車でした。当時はコンピュータ制御なしで実にユニークなクラッチコントロールとギヤチェンジやサスペンションを実用化した事は見事です。
 其の後シトロエンから現在はスバル・レガシィを足にしています。蛇足ですが、シトロエンからスバル レガシィに乗り換えた時に、全く取扱いが、解らず初めて雨に降られた時フロントのワイパーのレバーを操作した時リアーワイパーしか動かず取扱マニアルを読んで理解した事が有ります。24年ぶりに、国産車に乗ると浦島太郎になってしまいます。でも何にもする事が無いので、ただの足になっています。
 (株)和田

◎現在、いやいや過去、未来を通して所謂OLD CITROENを責任を持って修理出来るのは、おせいじでは無く「JAVEL」だけでしょう。これは私が補償します!
 ここでOLD CITROENと書いてしまいましたが、DS,CX(それも出来れば、金属バンパー)とGS、XM位までで、Cシリーズとなると何か別のシトロエンと感じてしまいませんでしょうか?
 偏見と言われてしまわない内にこの辺で・・・JAVELさんは最近は排気ガスのクリーン化に努めているようです。私などは走行距離からも「環境破壊」をしているとは思わないのですが。販売となると「努力して改善出来れば良いことである」のは疑いも無いことでしょう。そのような時代になりつつあるのも、50周年の記録とするべきでしょう。

Commented by 竹村 at 2005-09-22
 シトロエン屋ジャヴェル竹村です。シトロエンクラブ時代はいろいろとお世話になりました。
 DSはデビューして50年も経つんですね。昨日もDSで高速を飛ばしていましたが、現在でもあのスタブリティは秀逸です。当時はスーパーな性能だったんでしょうね。私たちはDSを趣味の世界ではなくて日常に引きずり出して楽しんでいます。エアコン付けて夏の渋滞もズリズリしてもらって、排気ガスも制御装置を付けてXMとさして変わらないようなレベルまでエミッションをコントロールしています。
 今度はオートエアコンを付けようか・・・そしてバイオフューエルも実現出来ればなあーと思っています。DSはまだまだ走り続けますね。
Commented by 竹村 at 2005-09-24
 パシフィコ横浜、懐かしいですねえ。あそこはインドアで天候も関係なくて本当に良い所でした。現在の私の家からも近いので、いまでもあそこで開催ならとっても宜しいんですけれども。
 DSについてはいろいろと教えて頂きありがとうございます。まだまだ勉強が必要な身では有りますが、DSを一日でも長く路上で現役で走ってもらう為に頑張りますので宜しくお願い致します。

◎XMKさんは金属バンパーのCXを長く乗っておられて、XMの登場で乗り替えられましたが、長くCXを保存されていました。特に「爬虫類の飼育」でも有名な方です。
私とはシトロエンを通じて30年来のお付き合いで、多くの情報を頂いています。
 CXもシリーズⅡになるとプラスティック化により安物、別物になってしまったと主張されています。

Commented by xmk at 2005-09-18
 DS&ハイドロニューマティック生誕50周年おめでとう御座います。脅威のシステムでデビューし、今でも他の車に刺激を与え続けているDS。それを維持し続けるオーナーの方々の努力は大変なものでしょう。
 1-シトロエンファンとして、皆様の愛情を受けてDSが元気で居れる事を願っております。

※全てのコメントをこの形のしますと、スペースが非常に多くなってしまいますので、トラックバックをも含めて、クリックで開いて頂くより他ないようです・・・申し訳ありません。
[PR]
by citroenDS | 2005-10-12 15:50 | my DS23 の写真
[ ナンバー・プレートの取り付け ]
□コメント
 DSの後のナンバープレートを登録時に取り付けるのは、なかなか厄介な規則があるのです。それで不幸にもリヤーバンパーの上面をナンバーの幅だけ「切断された」人もいるのです。私のDSの登録時の前後は「うるさかった」ようで、何台かは見事に長方形に切り取られたDSを見ました。SEIBUが輸入販売していた時には、この部分を平らに板金していましたから、ご覧になっている方も多いでしょう。私のDSでは上側の台形部分を分解除去して「通過」していました。この時に部品を無くされて直ぐに「 輸入した」ものです。従って、最初の仕事はこの部分の組立でした。
 要するに、バンパーと上記の部品で台形を形成していますが、この上下幅よりもナンバープレートの上下幅が大きいので、正規の取り付け法(バックプレートに平らに)が出来ないのです。見えるようにやや斜めに取り付けると、尾灯の一部である両側ナンバー照明灯では光量不足になるのです。私は「写真」のように台形の上底の裏側に簡単な照明灯を追加しましたが、後にSEIBUが販売したDSのリヤーバンパーを入手して交換しました。このDSはエリック氏の乗っていたものだと聞きました。中には台形の前に取り付けられた人もいたようですし、新潟方面が甘いとかでわざわざナンバーを取りに行った話もありました。

■解説
 バンパーを外して組立て直しますと、ナンバープレートを取り付けて封印してあるバックプレトが一緒に外れてしまいますから、自由に加工出来ます。上記の内でバンパーを切除されたのでなければ、後でどうにでも修正することができます。
私は当時SUBARU-REX用の簡単なナンバー灯を付けました。オリジナルの尾灯内側2灯は無駄な照明ですからW数を半分にしました。「写真」
c0019483_13214963.jpg


◆アドバイス
 DS Pallas用の尾灯はクロームメッキですが、下級モデルは黒で区別されています。「写真」
c0019483_13221096.jpg

 また、左右は微妙に取り付けネジの位置が違いますから注意が必要です。内部の反射板のメッキが劣化していましたら、アルミ光沢粘着テープを貼れば補修できます。
[PR]
by citroends | 2005-10-11 23:28 | DS の整備と解説
[DSにクーラーを付ける]
□コメント
 DSにクーラーを付けたがるのは日本人と米国人だけだし、DSには付けるのは止めた方が良いとヨーロッパの連中に言われ続けていた事は何度も書いて来たことです。
私も始めは「そうだ」と考えて来ましたし、今となっては止めてオリジナルに戻そうかと思う時もあることは事実です。それでは、何故にクラーを取り付けたのかと言いますと、DSに乗り始めて暫く経った6月梅雨の頃、環8の小雨降る渋滞の中、全てのウインドウが曇って視界が確保出来るのが、運転席から手のとどく範囲になった時には「いささか危険だ」と思いましたし、この解消の為にDSのサイドウインドウを少し開くと、ルーフに樋の無い為とガラスが傾斜しているので、水滴が「革の肘掛け」にポタポタ入って来てしまうことに困ってからでした。勿論、この時期、この天候にDSに乗らなければならない理由が多々あるとは思いませんが、やはり日本では必要だなあと感じました。
 それでは、どうするかがテーマです。快適に過ごすとまではいかなくても、窓ガラスが曇ら無い程度の「湿気取り」には、どの程度の能力のクーラーが必要なのでしょうか? これはやってみなければ解りません。私の経験からの結論は(GSでの!)クーラー・コンプレッサーの馬力よりも、コンデンサーの能力のほうが有効であることでした。
 そこで、軽自動車用のコンプレッサーではどうだろうか?を試してみようと考えたのです。以下この「悪戦苦闘」を書いてみましょう。GSでの経験とは、GS-club 仕様にX-3 方式を装備してみたところ、シトロエン・クラブで一番良く冷える成績を獲得したのでした。静止状態で吹き出し口で測定して0℃を記録したのです。これは明らかにコンデンサーの能力に負うところが大であると考えます。GSでは冷えないので、過大なコンプレッサーを装備してしまったが、この原因はコンデンサーの位置と冷却ファンが無いと言える状態に設計してしまったからで、Club は失敗、Pallas も中途半端でX3で完成したのです。

■解説
1)先ず重要な条件があります。ギヤボックス(トランスミッションのクラッチカバー)に「写真」のようにコンプレッサーを支持するメイン・ブラケットを取り付ける為の11mm,4本ボルト用のネジ切りがあることです。全てのギヤボックス・カバーにある訳ではありません。むしろ少ない筈です。対米輸出用?にしかこの「ボルト孔」は無いのでは? と思います。私の場合には最初のギヤボックスにはありませんでした。載せ換え用に輸入したものにあるのを見付けたのです。それでなければ「あきらめていた」でしょう。否、せっかくクーラー装備用のギヤボックスになったのだから、付けない手はないだろう、と言うことです。取り付け用のブラケットは米国の部品屋が北米クラブにあり( DELLINGER AUTO SALES )ゴッツイ MADE IN USA を買って、日本で WADA-WORKS で取り付け部分を溶接加工してコンプレッサーに合わせました。カムフロアーでベルト調整をしています。

2)次に、3プーリーのウオーター・ポンプが普通には必要になります。このプーリーで大きな負荷のコンプレッサーを回すのですから、当然ウオーターポンプのベアリングの寿命は短くなります。本来取り付けるように設計されてはいないのですから、コンプレッサーの位置が不安定且つ外側前に過ぎるのです。私はこの欠点を如何に避けるかを検討しました。その結果として小型のコンプレッサーを後方で駆動プーリーに近くする改良条件を考えました。
 そこで決めたのが、高圧ポンプのダブルベルトの1本分を使うことでした。この場合には重要な欠点があります。プーリー径が小さいので回転が半分であることです。ウオーターポンプからですとエンジン回転と同一回転数ですが、高圧ポンプですとその半分になるのです。益々、コンプレッサー能力は低下します。これで冷えるのか? が問題です。しかし、プーリーへの負荷は非常に低下することになります。「写真」はDENSO製軽自動車用です。
c0019483_1364113.jpg


3)もう一つの問題があります。現在では汎用の室内機=エバポレーターがSANDENの1種類しか無いのです。それも当然右ハンドル用に作られています。普通の車であればそれでも使えますが、DSではエンジンが室内に出てきていますから、配管が左側でないと取り付けられないのです。従って、皆さんは前席の中央に立てて取り付けているようですが、私の美意識ではこれは許せません。
 さあどうするのか? シロウトの考えはひどく簡単なものです。上下を逆さまに出来ないのか?です。早速、分解して内部を見ると、何のことはない「排水孔」が無いだけで上下対称に出来ているのでした。「吹き出し口」の方向にやや難がありますが、使用できるのです。ここでも、「シロウトは強いよ」とプロに言われました。こうすれば配管は右側になりますから、エンジンルームからの配管は全く楽なものです。本来の換気孔から配管は簡単に入り作業も楽なものです。室内への不用な突出もなく「見栄えの良い」ものになっております。文句の付けようも無しですから、皆さんも試みることを、お薦めします。「写真」
c0019483_1245062.jpg


4)コンデンサーはラジエーター同様に、ほぼ同じ位の大型のものにして、以前の SKYLINE 用の「押し込み型ファン」を使っていますが、やや大型過ぎですがクーラーを使用すると水温が下がるので理想的です。真夏でも一人乗車では「汗をかかない」程度に冷えます。従って、所期の目的は達しています。

5)心配しました高圧ポンプの1本ベルト駆動は問題なく経過しています。万一のベルト切れの際も私のDSではこの周辺には何もありませんから、ベルト交換も容易にできます。
 軽自動車用で、且つ半分の回転数でも予想したよりも「冷えます」ので驚いています。実際、夏でも温度調整を高い位置にしていますと、OFFになるのですから立派ではありませんか! これが私のDSのクーラーの設置方法とその効果です。

※Mr.Ken と JAVEL さんの意見では、ラジエーターにコンデンサーを重ねると Overheat するとのことで、オリジナル方式であるヘッドライト下に設置したDSは心配ないそうです。ですから、GS-X3 方式への変更が私が今考えている理想です。
家庭用でも(インバーター式)大型でON-OFFするよりも、能力の少し低い機種を低電力で連続使用する方が電力消費も少なく気分も良いようです。
[PR]
by citroenDS | 2005-10-08 23:09 | DS の整備と解説
[ミニチュアカーの紹介,Ⅳ;NOREV: DS-19,21]
□コメント
 裏板には LES MINIATURES DE NOREV MADE IN FRANCE と記されています。後のメタル・ノレブに対して、プラスティック・ノレブと言われていますが、プラスティックは鋳物よりも精密にキャスティングが出来るので、プラスティックだからと言って「あなどって」はいけません。
 初期の裏板が鉄板の TRACTION AVANT 15-SIX などを見ると実に良い出来であり、メタルで無ければならない意味は全く無いと思います。逆に鋳物や塗装の湿度による時間的な変化を受け無いので歓迎されるべき点です。特にプラスティックを奇麗な色に着色しているものが多く、私は個人的には好きなメーカーです。但し、箱は共通の「あっても、無くても良いもの」で、底部のボール紙に名前が書いてあるだけです。スケールは 1/43 に統一されています。
c0019483_15192696.jpg


■解説
  右:No.88, CABRIOLET:DS-19 :非常にキレイな Blue-Green 色で上記のようにプラスティックゆえの精緻な表現がされています。ヘッドライトの内側下にある換気取り入れ口も「確り」開いていますし(メタルでは全て無い!)ナンバープレートも 1276CL69 と読めます。トランクのみ開きます。当然テールランプの丸2灯も明瞭です。Cabriolet-Modelの内でベストと思います。
 中:No.48, DS-19?? GENDERMERIE です。辞典によれば「憲兵隊」となりますが、オートルートの取り締まりが専門と聞いています。次の POLICE と役割分担しているのでしょう。青色に赤ランプとアンテナ付き。ナンバープレートは 270DH69。トランクリッドには DS 21と読めます!
 左:No.158, DS-21 POLICE:上の型に 19→21 に変更した跡があるので、どちらが先かは不明です。ナンバーも同一。中、左ともに4ドアー、トランク、ボンネットが開きエンジン付きです。
この時期のホイールは全車同一です。
[PR]
by citroenDS | 2005-10-07 11:15 | DS minicar 紹介
[ DSのタイヤサイズに就いて ]
□コメント
 私のDS 23 Pallas は前後ともタイヤは Michelin 180HR15XASで、スペアは165×380XASでした。しかしながら、後輪は後フェンダーの補強用鉄パイプから出た5mm 程のボルトの先により、見事にカンバスが見えるまでサイドウオールが削られていました。それまで気付かないものでしょうか? そのタイヤで新車ナンバーは付くのですから驚きです。
 下のデータからは、後輪は165HR15でしょう。23EFIでは185HR15ですから、どうなっているのでしょうか? リヤー・フェンダーには、タイヤサイズに合わせた「ふくらみ」のものが別にあるのでしょうか? 外観からはとても考えらてません。この事からタイヤサイズを調べてみました。(鉄パイプから突出していたボルト先は切断しました)

◆タイヤサイズの調査結果
 TOUTES LES CITROEN からDSのタイヤサイズ(PUNEUS) の項目だけ書き出してみましょう。
 この本では1955年10月から 1956年9月までを1956年と言うようにに記載しています。従って、1955年分にはDS 19が記載されていません。多少の違和感があります。
1956年;DS 19:165×400(前、スペア);155×400(後)
1957年;ID 19:記載が無いから上に同じと考えます。
1966年;ID 19:180×380XAS(前):155X380XAS (後スペア)DS 19、21に付いての記載が無いので上記と同一と考える。
1969年;ID 19:180HR×380XAS(前):155HR×380XAS(後、スペア);ID 20、DS 20も同一。
 DS 21;180HR×380XAS(前):165HR×380XAS(後、 スペア)
1970年;DS 21-INJECTION ;185HR×380XAS(4輪、スペア)。
1973年;D SUPER 5:180HR×380XAS(4輪、スペア)。
1974年;D SPESIAL, D SPUPER :180-15XAS(前):15515XAS.
 D SUPER 5:180-15XAS(前):165-15XAS(後)
 DS 20:180-15XAS(前):155-15XAS(後)
 DS 23 CABURATEUR:180-15XAS(前):165-15XAS(後)
 DS 23 INJUCTION :185-15XAS(5輪)
以上がこの本に記載されたままを転載したものです。

●この問題を[ BROOKLANDS BOOKS ]で同時に比較してみました。
1955年;DS 19及び1966年;ID 19は共に、Michelin"X"の記載がありますが同一サイズでした。
1956年;DS 19は165×400,Michelin X:4輪になっています。
1958年;ID 19も上と同一です。このあたりは英国仕様だからでしょう。
1960年;Wagon&SAFARIも上と同一サイズです。
1965年;DS 21:Michelin XAS 180×380mm 5輪ですが、これも英国  仕様で しょう。
1970年;DS 21EFI:Michelin 185HR×380XAS 5輪で同一です。
1973年;DS 23EFI:Michelin 185HR×380XAS 5輪で同一です。
 従って、1969年以前では、本国仕様では後輪のサイズが小さい点が異なります。それ以外は当然同一でした。
◆この後輪のサイズが小さいことが「意味があります」。この点に就いてもう少し後で詳述したいと思います。
●念のため、手元にあるカタログでも調べてみましょう。当然ながら、本国版は TOUTES のものと一致したもので、英国版は BROOKLANDS と一致しています。例えば、めずらしい CITROEN WAGON 版(英国版) 1965-3 では Michelin"X" 165×400になっています。
※従って「たかがタイヤ、されどタイヤ」であります。微妙なところで違いがあります。結論として「後輪のサイズ」が一回り狭いか、前輪と他の3輪が同一か否かの違いです。

■疑問の解説
 少なくとも、私の経験からすれば180以上のワイドタイヤであると、フェンダーがタイヤのサイドウオールを擦ってしまうのですが、180、185XASタイヤが無くなったので、195や205タイヤを履いているとの話を聞きますがどうなっているのでしょうか? 当然、突出しているボルトは切断するのですが、それにしても、余裕がどの位あると言うのでしょうか? ご経験をお聞かせ下さい。
 それと同時に、DSの後輪には前輪ほど太いタイヤを履く必要がないのですから、この点もどのようにお考えでしょうか?
[PR]
by citroenDS | 2005-10-05 23:09 | Citroen 資料紹介