<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
[DSの安全性:50の根拠 ]
□コメント
 前2項でヘッドランプのコントロールをシトロエン広報誌;ダブルシェブロンから紹介しましたが、一層のこと全てを紹介してしまう方が良かろうと考えました。「DSの50周年に50の安全性」も最適であろうし、このブログの総まとめでもあると思います。
 良いデザイン画とその説明文の形をとっていますし、英文も平易ですから1冊丸ごと転載したいところですが、文字が小さいので拡大して載せると「バイト数」が過大になりますので(5cm ×5cm を1ブロックとしたイラストと文章で構成するのを基本としたデザインです)全文打ち込みましたが、同一文体ですので2)以降では字数を減らす為に「出だしの類似文」を省略しました。修正してはFDに移して思案しましたが(いじっている内にどこかえ無くなってしまわ無いように)1KB減らす程度でガッカリしています。 百数十号全ての内でも、この号がベストの1冊ですから(シトロエン社の最盛期;1967年頃)全体をゼロックス・カラーコピーする価値はありますが、著作権の問題もあるでしょう・・・

○「特集:安全性:50の根拠」
[ Edition Speciale ] securite: preuve par 50 ;
c0019483_16595750.jpg

01)This is [a disc brake] But it is no ordinary one: it is a Citroen disc brabe which is fitted to the ID and DS front wheels ( where the load is greatest ). Disc Brakes are better cooled and do not fade or ovalize. In 1955, Citroen was the first to fit disc brakes as standard equipment on production cars.
02)[a disc cariper assembly] It is operated, very progressively, by hydraulic power which greatly increases the pressure applied by the driver to the brake pedal.
03)[a brake lining pad] The lining pad incorporates a wear indicator consisting of a wire moulded in the linig and which, when a certain degree of wear is reached, makes an electrical contact and operates a warning light on the dashboad.
04)[a braking system] The Citroen double circuit braking system which is fitted to the ID and DS. Any pressure on the brake pedel operates both braking circuits independently, front and rear: whatever may happen, the brakes will function.
05)[a "parking" brake mechanism] This auxiliary brake is better than a "parking" brake: it is a proper emergency brake which operates calipers independently of the main braking circuits.
c0019483_23184714.jpg

06)[a brake pedal] Based on an entirely new principle, it combines the brake proper and its hydraulic power device in the same unit. Braking effort is assisted in direct proportion to the pressure applied to the pedal(which has a very short travel) and it is therefore very easy to operate.
07)[a pedal arrangement] They are Citroen pedals which are fitted to the "hydrauric" DS. Only two pedals, the clutch is automatic. One foot for the accelerator and one for brake: quicker reflexes and increased driving safety.
08)[a brake pressure distributor] It is automatic : all variations in the loading of the car automatically balance the braking pressure between front and rear wheels.
09)[a brake air cooling duct/nozzle] (according to the illustration selected). Not only are the dics brakes set away from the wheels for better cooling (and better protection) but there are also special air ducts which channel cold air directly onto them: the faster the car travels, the better the brakes are cooled.
10)[a headlamp] It is fitted to the DS 21 Pallas. They are quartz iodine headlamps which are for more powerful and have a much longer life than conventional headlamps. They permit night driving at high speed and in complete safety.
c0019483_412359.jpg
11)[an auxiliary headlamp] It is serial on DS 21 Pallas and optional on the ID and DS. It turns according to the steering lack of the front wheels for lighting the curves. It thus seriously increases night driving safety.
12)[a head-lamp] It is one of Citroen automatic self levelling head lamps which are fitted to the DS 21. This original patent enables an extremely supple suspension to be combined with a powerful engine whilst ensuring that the light beams from the head lamps remain level despite variations in the attitude of the car while breaking or accelerating.
13)[a seat] Designed to give anatomical suport, it is soft enough to avoid fatigue but at the same time firm enough to support the body properly. It slides backwards and forwards and the backrest can tilted right back to form a bunk bed.
14)[a sun-visor] Like most sun-visors it is padded and pivots up and down, but it can also be swung over to shade the side window and its telescopic arm enables it to be moved across the windscreen.
15)[a door handle] Not only has its shape been designed to avoid any sharp angles or projections, but it also has a safety catch which prevents it from being opened inadvertantly (children in the car,etc.).
c0019483_5481685.jpg
16)[a windscreen] Not only has its shape and size been designed to provide maximum visibility, but also the pillars has been made very slender in order to eliminate any blind spots and the distance between them has been calculated according to the angle of binoculor vision.
17)[a speedometer] It indicates the average braking distance required for various speeds; a safety reminder constantly before the eyes of the driver.
18)[a protective padding] It surounds the interior of the car. Other paddings protects the occupants in the event of impact: notably on the dashboad (filled with nylon foam) and the backs of the front seats which are padded for the protection of passengers in the rear.
19)[a dashboard] The single spoke steering wheel gives a completely uninterrupted view of the instrument panel. The instrument panel and warning lights are shaded to avoid reflections.
20)[a gear selector] It can be operated with one finger without letting go of the steering wheel. On the ID and the manual DS, the gear lever is also situated under the steering wheel for safe driving.
c0019483_61479.jpg
21)[a demister] In addition to very sophisticated air conditioning and windscreen demisting defrosting systems. Citroen has provided special demisters which blow hot air onto the side windows in order to maintain perfect visibility.
22)[a rear view mirror] It is the "day/night" mirror fitted to the DS. It has two positions, a normal day setting and an anti-dazzle setting for night driving. Thus the driver is never inconvenienced at night by the light of following vehicles.
23)[a windscreen wiper] The pressure of the wiper blades and the large area swept have been designed to ensure good visibility at any speed, it can cope with any conditions and thus avoid visual strain.
24)[a window] In order to provide completely unobstructed visibility, the windows are frameless and have no vents (which are replaced by ventilators on the dashboad). The greater glass surface area provides maximum all round visibility.
25)[a track of a car] (the distance between the left and right hand wheels). It is the front track of the Citroen ID and DS :1.5 m, is one of the widest in the world compared with the length of the vihicle. The rear track is narrower, 1.3 m., for shorter cornering and to reduce overall weight without impairing roadholding.
c0019483_23451240.jpg
26)[a plan of weight distribution] Following principle of front wheel drive applied by Citroen since 1934, all the mechanical components are placed at the front, thereby increasing the adherence of the driving-steering wheels and moving the center of gravity forward to obtain better roadholding.
27)[a height corrector] The hydraulic height corrector reacts to any variation of loading maintaining normal ground clearance and ensureing that roadholding is unimpaired.
28)[a back of a car] It will be seen that the wheels are placed well back and the body overhang, so great in some cars, is practically negligible. This is an advantage, not only for towing purposes, but it also increases the dynamic stability of the car.
29)[a suspension spring] It is one of the of the Citroen hydropneumatic suspension. Conventional steel springs are replaced by four spheres which are far more efficient, In each of these spheres, the interplay between a fluid (non compressible) and a gas (compressible) provides perfect road holding and complete comfort.
30)[a shock absorber] It is a hydropnuematic suspension shock absorber. Shocks are absorbed by restricting the flow of fluid between the spheres and the suspension cylinders. It provides good roadholding, controls oscillation and prevents wheel bounce and body sway.
c0019483_2272238.jpg

(この画像は、クリックで拡大できます)
31)[a wheelbase of a car] (the distance between the front wheel and the back wheel). Longest in the world compared to the overall length of the car (3.12 m into 4.84 m) This long wheelbase increases the stability of the car. Also, with the back wheels positioned well to the rear, roadholding is improved.
32)[a pivoted hub wheel] It has the largest transmission bearings in the world and the steering ball joints are in the same plane as the wheel. Thus the unevenness of the ground, badly adjusted brakes, or a front tyre burst at speed have no effect on the steering and do not tend to pull the car off its course.
33)[an axle shaft] This shaft is mounted on very large bearings, and each wheel is independent with ample free movement. This is one of the secrets of Citroen cars: perfect stability on the roughest ground.
34)[a steering unit] Being power assisted , no reaction can be felt on the steering wheel even when driving over the roughest ground. It is just sufficiently positive to respond immediately to any quick movement necessary to avoid an obstacle. It also avoids driving fatigue even on the most winding roads.
35)[a tyre] It is a Michelin X AS tyre. This tyre, which an asymmetric casting, represents the most advanced development in radial ply tyres. It is fitted as standard to the ID and DS.
c0019483_2253598.jpg

36)[a front axle] Following the princeple of front wheel drive applied by Citroen since 1934, the front wheels both drive and steer the car, increasing cornering stability and preventing skidding.
37)[a car boot] It is very deep and the sides and floor are at 90°to avoid dead angles. But, in particular, it is situated very low between the wheels and chassis members which, when it is loaded, lowers the center of gravity and thereby increases stability.
38)[a single spoke steering wheel] It is called "the life saving steering wheel". In the event of a violent head-on collision, the steering wheel collapses, and the body of the driver slides over the curved spoke and so avoids injury.
39)[a back part of a chassis] The rear chassis has a variable strength structure: the rigid chassis members protect the passengers (in the center) whist the rear wings and the boot are of crushable sheet metal which will collapse in the event of a collision at the rear and so absorb a part of the impact.
40)[a car chassis] This hollow box platform design enable the center of gravity to be kept as low as possible thereby increasing the car's stability and roadholding.
c0019483_2254311.jpg

41)[a chassis member] It is one of the two side members of the Citroen ID and DS chassis. Of large size , this parallelepiped section member is designed according to the princeple of greater strength from hollow members, which is well known in aircraft construction. In the event of impact from the side. It protects the occupants of the car, seated within the chassis framework.
42)[a front of a chassis] These cars have a variable strength structure: they consist of a rigid chassis to which lighter sheet metal bodywork is attached. In the event of a head-on collision, an area of crushable sheet metal absorbs part of the frontal impact before it is transmitted to the rest of the car.
43)[a spare wheel] It is stowed in front of the engine bonnet (which is relatively long and crushable). Togather with the radiator situated behind it, it can act as a shock absorber in the event of a head-on collision.
44)[a front fairing] Not only does it protect the mechanical components and the brakes from mud and stones, but its curvature eliminates air turbulance under the body and reduces the "lift" which tends to raise the car off the ground at speed.
45)[a side of a car body] Its curve has been carefully designed to offer the least resistance to cross-winds and to place the aerodynamic center of pressure to the rear of the center of gravity in order to increase the aerodynamic stability of the vihicle.
c0019483_13332754.jpg

46)[a petral tank] It is not at the rear of the vehicle and thus exposed to impact as is the case in most cars, but is placed forward of the wheels and is thereby better protected. It is in a special compartment which isolates it completely from the rest of the car and in the event of violent collision it will empty outside the car.
47)[a front bumper] Its inverted V shape tends to fend off obstacles to one side or the other of the car and to offset the impact in the event of a light collision.
48)[a windscreen] It is a laminated glass windscreen which is fitted to the Citroen DS. It consists of two sheet of the glass stuck together with a layer of transparent plastic. Resistance to impact is considerably improved and in the event of a violent blow, the windscreen does not shatter.
49)[a aerodynamic shape of a car] The rear wheel fairing, the streamlined front, the sloping bonnet, the curved windscreen, the short back and the absence of projections all contribute to reducing "drag", improving air penetration and increasing the stability of the car at speed.
50)[a safety harness] It is the Citroen safety harness which is fitted (optionally) to the ID and DS. Citroen was one of the first manufacturers to provide safety harness fixing points as a standard feature on production cars.
POSTーSCRIPTUM:
51)[a direction indicator light] It is placed at roof level so that it cannot possibly be confused with the tail and stop lights.
c0019483_143328.jpg

[PR]
by citroends | 2005-06-12 07:00 | DS:50の安全性
[ドライビング・ランプのステアリング連動装置]
[ドライビング・ランプのステアリング連動装置]

□解説
 ステアリングとヘッドライトが連動する機構は、シトロエンの発明では無くて、1927年 Le Wattou が特許をとっていますし、1928-1930年頃 Pierre Delcourt のC4 Speciale に使われて発明賞を与えられています。この頃のものは単に機械的に金属ワイヤーで引く程度のものですが、シトロエンの装置にしたところでステアリング・ラックの回転運動を前後運動に変え、逆L型の金具で方向を90度変えて金属ワイヤーで左右に引く点は同じ事。ランプの基部にピボット軸を持っている程度の事でしかありませんが、その機構自体よりも、それを積極的に大量生産車に採用した「精神」の方が大切でしょう。実際、現在ですら正式に採用したメーカーが無いことを見れば解るのです。(from;TOUTES LES CITROEN)
c0019483_16175839.jpg
 
  車がベント・コーナーを曲がろうとする時、普通のヘッドライトではコーナーの進行方向は暗くて見えないのですが、1968 年DS21が採用した4灯式の内側の Long renge iodine lamp はステアリングに連動していますが、車体はステアリングと共に動くのでは無く、弾性要因のためにタイム・ラグがあるので、ドライバーの視線は車が曲がり始める直前にコーナー方向を見ているので、ランプの動きはステアリングの動きに直ちに反応する必要があります。このあたりの計算がシトロエン社の特許になっているようです。このシステムにより、夜間走行の安全性は30%向上したと記載されています。内側のランプの動きは外側よりもかなり大きく、またホイールの角度よりも大きくなければならず、最大角は80度に達するそうです。(from; Le Double Chevron: No 10,11;1967年秋・冬号)特に、No 11号はDSの50の安全性特集号です。 その11番目に[ This is an auxiliary headlamp. But it is no ordinary one; It is one of the Citroen long range headlamps which is serial on the DS 21 Pallas and optional on the ID and DS. It turns according to the steering lack of the front wheels for ligthing the curves. It thus seriously increases nigth driving safty.]と記載されています。
 このシトロエン広報誌には紹介したい「写真」が数多く載っていますので、それらを紹介する為に私の車の写真は省略いたします。
c0019483_16181673.jpg


■コメント
  このドライビング・ヘッドランプは、人々の興味を引くには充分過ぎるものですが、実際には(少なくとも日本の道路状況では・・・)あまり有効であるとは感じられ無いのが私の感想です。それは、一つにはメイン・ヘッドランプが上向きで、ライトコントロール・レバーを押して、4灯全点灯の状態になる使用条件があまり日本では無いのが一番の理由でしょう。そこで配線を変えて、このドライビング・ランプのみで市内走行をして遊んでみたのですが、それでは、ステアリング連動で動く方向が大き過ぎて、バラバラになってしまい有効な照射ではなくなります。カタログに使われている写真のようなアルプス等の曲がった山道なら、きっと「素晴らしい」と感じるのでしょう。
c0019483_16191694.jpg

 最近の国産車のものは、反射板を動かすのでしょうが、センセーショナルな報道を見ませんので、それ程有効では無いのでしょう。恐らく、日本ではまだ照射角度が小さいものしか許可になっていないのでしょう?
[PR]
by citroends | 2005-06-05 01:42 | DS の整備と解説
[ヘッドランプのセルフ・レベリング装置]
[ヘッドランプのセルフ・レベリング装置]

□コメント
 DXモデルではヘッドランプが常に一定の上下方向を照射する装置が備わっていますが、これは主として車体のリヤーの上下動に対応していると思われます。この装置は、前後のアンチ・ロールバーよりケーブルが右前のサブ・フレームまで床下を引っ張って来られています。このことに就いては、既にトランクの奥にあるアンチ・ロールバーの所で紹介しました。この装置は日本仕様ではケーブルが切断されて「殺されて」いました。恐らく、現在でも日本ではヘッドランプの上下コントロールは、許可されていないでしょう。車検場では多分知らずに個人輸入されたDSには装備されているものと思いますが・・・ 二玄社刊シトローエンでは、DSではこの装備は見送られてSMで初めて採用されたと誤記されていますが、これは日本仕様が上記のようにこの装置が殺されていたからでしょう。
 実際にDXモデル(最上級モデル)にのみ装備されたもので、2灯式の時から装備されていたと思います。ワイヤーを引っ張る方向が勝つようにランプは動くと思われますから、このコントロールは主としてノーズダイブとスクオットの影響を無くするものと考えられます。ハイドロ・ニュウマチック・サスですから、荷重による姿勢変化に対応する必要はないのですから・・・

■解説
 サブフレームの右前部まで床下を引っ張って来られた2本のケーブルは、1本にまとめられてコントロール・ロッドを後下に引きますが、この力のバランスとして前上へスプリングで引いています。これがヘッドランプの上内側のスピンドルに接続されて、ヘッドランプの上下のコントロールをしています。このコントロール・ロッドは前からは、かなり強いスプリングで引かれて、後へはハイトコレクターに似た形の「ディレイ装置」で引かれてバランスしていますが、これらは右側に集中しています。このディレイ装置は当然サスペンションのハイトコレクターのダッシュ・ポットの作用と同じで、過敏な動きを抑制しているのです。
c0019483_15342364.jpg


 この装置の解説図(611;5-541/5 )を紹介します。
c0019483_15315819.jpg


 661;5-541/5 の図のパーツ名を主なものだけ記載しておきます。
[Selfe levelling Headlamps device (front part)]
1:Delay device 2:Connecting rod 3:Adjusting rod 4:Integrator 5:6:Lever only 7:Contorol rod 8:Spring for Rod 9:End piece (Nylon) 10:Hook for Spring 11:Spindle on Headlamp 12:Adjusting Knob 13:Nut 14:Lever Spring 15:Bearing for Levers 16:Clip for Bearing 17:Lever Washer.

 ヘッドランプには Cibieと Marchal がありますが、私のDXには Cibie が付いていました。Cibie のランプは「写真」のように実に立派な絵になるランプであり新品同様でした。ヘッドランプ・ハウジングはプラスチック製で、メインランプの取り付け用には、上内側は「切り欠き」で、3隅にネジ孔があります。ランプ本体の方には4隅に取り付けボルトをはめるナイロン(弾力性)の孔があります。さて3点支持でなければランプの方向を調整出来ないのは明らかですが、どの3点支持であるのかは、固定式であるのか、レベリング式であるのかで異なります。
c0019483_15201566.jpg

 内側上が上下調整で、写真の長い調整用のボルトにナイロン製の受け具が付いているものです。これにコントロール・ロッドの先の部分がはまります。内側下が左右調整用で短い調整ボルト付きます。残る1本が外側下でランプ固定用です。固定式にするには、使っていなかった外側上が上下調整用になりますので、左右調整用と同じ新しい専用ボルトが必要です。

●この装置の功罪について私の経験から、見解を述べてみたいと思います。
 DSの前側ウイングを外す度に面倒なのが、ライト・コントロール装置を外す作業です。ステアリングに連動する2灯は残しておきたいが、メインの上下コントロールは車検時に光軸を決める度に「不安定」ですし、DSのダンパーも既に記載しましたように、時代と共にエンジンのパワー・アップ等により3回以上改良、強化されてきました。DSのリヤーの上下動は、後輪の荷重が小さい時にバネが柔らかいので顕著に現れるのですが(実際、後からついて走ってみると、見てはいられない位にひどいものです!)DS23では足を硬めたので、あまり有効ではなくなったのではないかと考えて取り外すようにしたのです。この装置を無くすのは、下級モデルにすることですので、とても不思議な気分になってしまいますが、Simple is Best ! に徹する決心をしました。これで「写真」の鉄棒1本と付属部品が無くなりますし、ウイングを外した時に内部でランプがぐらつかなくなります。
c0019483_15335183.jpg

 固定式にするとランプの上下調整は外側上になりますから、左右調整用と同じスクリュウとノブが必要になります。これで一度調整すればランプの照射方向は安定するメリットがありますし、配線を戻すのも楽になります。やってみると、実にスッキリとしました。
 さて、取り外したみたところ、この装置が如何に有効であったのか! が解りました。特に、発進時に前の車のバックミラーを照射してしまう事を発見しました。かなりバネとダンパーを固めたと思ったのですが、さすがにハイドロ・ニュウマチックでありました!!!
[PR]
by citroends | 2005-06-05 01:32 | DS の整備と解説
[ヘッドライト・ユニットの再組み付け]
[ヘッドライト・ユニットの再組み付け]

■コメント
 タイトルの作業をするにはフロント・フェンダーを取り外す必要があります。DSの場合には常にこのことはつきまとってくる問題です。作業をする上では良いことでもあり、いちいち面倒なことでもあります。私は実際にはJVCでの作業の後始末として、元の姿に戻す為に最初にした作業でもありました。従って、未だ何も資料が無く、手探り状態での作業でした。この時のことは[ What's DS ]でも記載しておりますように、防錆作業の一部でもありました。こんなことを思いながら、改めて記事をまとめるとすると、いくつかの部に分けて記載する方が解り易いと考えました。

□解説
(1)[フロント・フェンダーの取り外し]
 リヤー・ウイングと同様にフロントも14mm ボルト2本と「つの」2本とで固定されているには違いないのですが、こればかりはデビュー時とは大分違ってきたものでしょう。先ず、4灯式になり[ヘッド・ライト]の上下動のコントロール用の装置、[補助ライト]のステアリングとの連動装置、フレッシュ・エアー取り入れ用のダクトの位置が変更されていますから、それに伴うリンケイジやワイヤーの取り外しがなかなか厄介なことです。これに比してDS19や下級モデルではかなり簡単なことでしょう。
 電気配線の類は、それぞれに[メイン]とか[ウインカー]とかテープを巻いてマジックで書いて、まとめてビニール袋に入れておきます。防錆処理用の[ GOOD-ONE ]スプレーがかからないようにして置くのです。配線の束はそれぞれにフェンダーの後上でエンジンルームと1本ずつのコネクターがありますが、この色別はマニアルの記載と完全に「一致」しています!から、この点での間違えはありません。めずらしいことです! 但し、ムラサキ等は退色して白くなっていますが解りますからマジックで塗っておくことです。[電気配線図]に就いては別項で記載します。フェンダーの先端部での[アース]や[ホーン]等の配線がボルト止めされたり、コネクトされているので処理が面倒です。その他にタイヤを載せるステーにラヂエーター・ダクト等を一時外します。
c0019483_15155231.jpg

(2)[ヘッドライト・ユニットの組立]
 フロント・フェンダーを取り外したら、床に転がして作業をしますから、大きな「毛布」を用意しておきましょう。ナンバーを取る時にJVCで、デタラメに「ガラス」を外したり、ボッシュのランプをネジ留めされていたので始めからやり直しです。
 ヘッドライト周りは、やはりガラスの隙間から水が浸み込んでいますから、多少の錆の発生はあります。特に下側にあるのは当然のことです。スターターの項で紹介したクラブ誌HPの猫の写真を見直して下さいれば典型的な古い錆びたDSのライト周りが分かります。下縁の中央部に注意することで、ここには押え金具がありますから充分に錆落としと防錆が必要です。
 DSのライトは外側から組立てて行きます。外板に先ずリムをはめて行きますが、縁にバスボンドを塗ってから行います。次にゴム帯をボンドで貼り着けます。これらの接着剤が良く乾いてから、静かに[カバー・ガラス]を置きますが、ガラスの下縁は3個所で金具で固定されますが、上縁はとても「不思議」な方法で固定されます。「写真」。
c0019483_1516588.jpg

 フェンダーの内側に「へそ」があり、そことガラスとの間をダブルナット付きの「突っ張り棒」2本で押して圧着するのです。出来上がったら周囲を防水の為にバスボンドを塗り込むべきでしょう。このガラスの位置決めとバスボンドの硬化の為に1日掛かります。内側全体の防錆処理の為に1日ですから、しめて2日を要します。
(3)[プラスッチック製のヘッドライト・ハウジングの汚れ]
 この汚れはプラスチックに浸み込んでいて、どうやっても落ちないのです。DSはやはり「目」が大切ですから、この汚れのままではダメです。そこでプラモデル流にスプレー塗装をするより他ありません。オリジナル・カラーはグレイですが、私はボディーカラーに合わせてアイボリーにしましたが、これは成功であったと思います。ここで再度2日を要しました。この周囲にはスポンジを貼るのですが、これには「最高級の隙間テープ」を使用するべきです。普通のものでは直ぐにボロボロになってしまいますから、[ウレタン製]を薦めます。この製品の色は黒っぽいのですが完成後には外側からは見えません。(後にグレイ色を見つけて対称型に入れ替える時に変えました)。このハウジングも下側の中央部をガラス同様の「突っ張り棒」でガラスに圧着するのです。このような方式はDS以外には無いでしょう!「写真参照」
c0019483_15172845.jpg


◎ヘッドライト・ハウジングのオリジナル・ニューを手に入れようとしましたが、意外にも存在しないで!大変時間が掛かりましたが、何とイギリスで右側を、オーストラリアで左側を見つけました。万一の為にカバー・ガラスも中古品を一対ストックしておきました。オードブル用の皿にしても可笑しく無い立派なものですが、これにある白線の存在理由は、透過光により熱を吸収して 曇りを防止する為であるとする説が 正しいようです。決して強化用ではありません。リムも純正品を買いましたが、これはプラスティック・カバーが硬化して、カーブ形状に馴染まないようですが熱処理で修正出来るかもしれません。変形を嫌ってステンレス製があります。このほうが、お薦めかも知れません。

●パーツ・ナンバー;リム:DX 541 34D(c), ハウジング:DX 541 104G(D).
◆ヘッドライト(上下)と補助ライトのステアリング連動とのコントロールに付いては項を改めます
[PR]
by citroends | 2005-06-03 22:00 | DS の整備と解説