カテゴリ:ユーザー車検( 24 )
[ 昨日、神奈川運輸支局のユーザー車検予約をしました。]
昨日、車検の予約状況を見た所「ガラガラなので」予約をしました。今日は「DS の下にもぐって」整備です。

「ユーザー車検」で検索しますと、自動車検査インターネット予約システム:kensayoyaku.mlit.go.jp/ が開きますので、継続検査を「クリック」すると日本地図が出ますから、関東地方を「クリック」します。この内から「神奈川運輸支局」を選択しますと、継続検査用の記入ページがでますから、3 台中の 1 台目の囲いから「登録番号等」を半角で打ち込みますが、あーら不思議! 1 と入れたら 1131, 1133 と前回の記入が出て来ます。親切なことはこれだけではありません。 URL の項では "c" と打っただけで mail-adrress が出てしまいました。 2 年分記録されているようです。ここで「仮予約」になり、私の所へ mail で「本登録用の URL 」が送られて来ていますので、内容を確かめて本登録を完了しますと、また、 mail が来ていますので印刷します。
 下にこの mail の上半分載せましょう。必要書類等のせる要はないでしょうから略します。
c0019483_22314658.jpg

c0019483_22411980.jpg

何時も必ず書いている事ですが、車の下にもぐる時には「万一に備えて」パンタグラフ・ジャッキを使うことです。 2 t. Garage Jack の併用は、車高を Max まで上げない為です。 Normal から 2 段上げてから Garage Jack で更に上げます。
c0019483_22413615.jpg

c0019483_22431116.jpg

Brake-Clean 等の Dust Cleaner と Nylon Brush 等で、特に上面の汚れを落としておきます。理由は解りますね・・・その後で Rubber Dust Boot には Tyre Cleaner, 556 等を吹いておきます。 CRC Grease Mate を吹き込んで「少しあふれさせて」置きます。
c0019483_22425899.jpg


c0019483_22443392.jpg

Oil-Pan の fin は先回良く磨いてありましたので、今回は Brush で「ザット擦って」おきました。 Nylon Tubes の汚れは「良く拭いて」置かないと「目立ち」ますよ。
c0019483_22444744.jpg

c0019483_2252337.jpg

Rear は Wheel 内側と Brake Back-Plate との間を良く清掃して置きます。 Tyre と Dust-Boot には Tyre-Cleaner を吹いてある状態です。ここも上面の汚れを良く拭いて置きます。 Rod と Ball との間には Grease Mate を入れて置きます。これは実用上です。
c0019483_22522097.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-04-06 22:45 | ユーザー車検
[ 4 月 1 日から重量税が安くなると・・・]
4 月 1 日から重量税が安くなるというので、年度明けの今日から「今までは車検場はガラ空き」になるのですが、今年は「年度を越しても暫くは混雑する」でしょうとの話なので、「予備検査屋を訪問」してから神奈川運輸支局へ様子を見に行ってみました。
 専門の係官がいて「あなたは該当、あなたは¥ 37,800 だと整理していました。下の表示も 4 ヶ所に出ていました。
c0019483_19511956.jpg

◆ これは私の勉強不足で、車暦 18 年迄でしかありませんでした!!!「鳩山民主党のやることには」もっと注意して置かなければなりませんでした・・・アア!!!確か、彼は同じ車には 10 年以上乗らないでしょう・・・と言っていたのを思いだしましたよ。
 ECO-CAR でも無い車の取得税、重量税を共に "0" にして、古い趣味の物品だからと税金を負けてやる必要は無いとの考えでしょう。金持ちらしくも無い考えかただよ!


 私の DS23 は、既に 22 才でした! 古いものは「全て捨てる」のが ECO とやら・・・年寄りには「負担ばかりが」増える世相です!本質的には、古い年式の車程「車自体の価格は 0 」になるのですし走行距離も減少するのが「一般的なのですから」重量税も下げるのが当然の話なのですが、この国では逆の思考方法なのです!!!

 車検場は「なるほど混んで」おりましたよ。ユーザー車検の「受付」では、月中には空くでしょうとの事で、その頃 Net 予約の具合を見て来ますと「ご挨拶」をして、重量税の印紙:¥ 37,800 を買って来ました。
c0019483_21204976.jpg

c0019483_2061761.jpg
c0019483_2063153.jpg

c0019483_21211485.jpg


自分でキャブ調整をしてから検査に行くのが、私流ですので、 secondary を閉めてから「指で開き具合を感じながら、 1 .5 回転程改めて開きます。点火時期も少し「遅らせて」、GAS を絞ってから出かけました。
 予備検査屋さんは、何時もの顔なじみですので¥ 3,000 払っておき、もしも不合格ならただで再調整してもらいます。これは 18 年間そのように決めていますが、一度もありませんでした。
 今回は何と CO: 1% 以下?、 HC: 120ppm と!少し絞り過ぎでしょうとのことでした。

 他も勿論の「合格」です。下回りもみますか?と初めて言われる程にこちらは閑でした。私も歳を取ったから、悪そうな所だけ「キレイにするか・・・」と、 Pit で写真を撮ってきました。
 丁度 1 年前に、 Radiator を Original にもどしたり、 Cooler-System を工夫して取り付けましたから、前半分は「整備済み」なのです。
c0019483_2029115.jpg

Engine-Oil が少々「ニジミが多い」ようですので、Spray-Cleaner を吹いてから、ウエスで拭き取ってから検査に来ましょう。他はとてもキレイですから「今回は少し手を抜いてみましょう」。 
c0019483_20285483.jpg

 
[PR]
by citroenDS | 2010-04-01 20:31 | ユーザー車検
ユーザー車検に備えて 点火系の整備をする。
◆ ユーザー車検に備えて点火系の整備、調整をする。

真夏用に [ GAS ] を濃くしてあったせいで、 Plug に大分「カーボン」が付いていました。 DS では 4 番が抜き難いのですが、写真のようなやり方が「一番簡単」なようです。 Plug は DENSO: W16 FP-U です。
 キャブも secondary を絞りました。こんな調整も今の車では出来ない事ですので記事にしておきましょう。

c0019483_17285261.jpg
c0019483_17291318.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-03-20 20:35 | ユーザー車検
ユーザー車検に備えて 10 年使った Battery を新品にする。
◆ ユーザー車検に備えて 10 年使った Battery を新品にする。

さすがに 10 年使った HITACHI の Battery も、やや容量不足の感が出て来ました。あと何年 DS に乗っているのか?計算しますと、古い Battery を使っている事が「無意味であると気付き」ました。
 今度も「取っ手付き」の HITACHI にしましたが、¥ 2,000 程安いので買ってきてしまいましたが、前回のものよりも low Grade のようです!赤の 80D26R の値段が ¥ 2,000 高いのです。 3 年 60,000km 保証とあるので、まあ、 5~6 年もてばよいでしょうとしました。
 それにしても、国産品が使える DS は便利ですね・・・

c0019483_20214088.jpg

やはり、「取っ手付き」は交換時には大変便利です。現在、あまり腹圧を掛けないように・・・」との時期ですので、一層です。 1 年前の Radiator 交換時に整備してありますので、キレイなものです。
c0019483_2022314.jpg

Holder も「横保持に変更」しておいて良かったと思いました。
c0019483_202218100.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-03-16 20:23 | ユーザー車検
[ 高齢者: ユーザー車検を年 2 回達成 !!]
ユーザー車検 (今日の出来事)。

 夏日に古希を過ぎた医者がユーザー車検を 10 分で済ませてきたから NEWS になるのだろう。

c0019483_14402070.jpg

 先回に Internet 予約の取り方を書きました。その当日が今日 8 月 11 日でした。コース内では 35 ℃を超えていました!!
 それも早起きは嫌いだし、ゆっくりとした気分でユーザー車検は済ませたいので、過去 20 年間の Citroen DS のユーザー車検は午後の 1 時からの「 3 ラウンド」を選択して来ました。しかし今回は DS 以外の車を Dealer 任せにして来たのに「納得が行かず」に、また、ガソリン・スタンドの「車検予約:¥ 8,900 の看板に偽りあり」に腹が立って、自分でやることにした理由は先回に書きました。
 Citroen DS の 7 月の車検が如何に「無謀」であったかも書きましたが、今回は自分で決めたことですから仕方がありません。現在の車であっても「エアコンを使わずに」陸運支所まで走った方が良かろうと「窓全開」で着いたのが 12 時 40 分でしたが、受付は 12 時 45 分からです。コースのほうには 3~ 4 台待っているようですが「かなり閑散」としていました。
 ユーザー車検の受付には女性が一人、男性が一人で、私が 3 人目でこれもまた「珍しく」暇な風景です!さて、受付を済ませてコースの方へ回りましたが、不思議な事に「国産車」が殆んど無しで、何と Mercedes Benz 230 SLC (小型の sports-coupe) が 2 台、少し古い Opel, Jaguar XJ と「外車」がほとんどでした。不思議な日です・・・或いは、時代が変化して来たのかも知れませんし、私と同じ事を考える人が増加する傾向が始まったのでしょうか?そうあって欲しいと考えています。
 それに加えてトラックが多かったのですが、これは有料道路の渋滞を避けて「車検取り」にしたのでしょう。

 さて、先回書きました "engine-number" の件ですが、私が磨いて発見しましたものは「別の数字」なのですが、何となく了解したことになりました。こちらから「異論」を申す理由もありません!

c0019483_22324818.jpg

 さて、いつもの「コース」を当然選択していましたが、「現在の右ハンドル車」にはこんなにも易しいものか・・・と 感じている間に 10 分で終了しました。 Citroen DS では車輪の位置が見え難いことと、"Tyre-size" と「扁平率」の違いはこんなにもあったのかと、感じた次第です。 Citroen DS では 15 inch, 82 % ですから、コースの床面の「車輪止めの位置」は殆んど感じられないのでしたが、現在の車の 14 inch, 65 % では「眼を閉じていても」凹凸は充分に解るのです。言い換えれば、それだけ「乗り心地」が違うことになるのです。何故、あのような「超扁平タイヤ」が流行るのでしょうか??
c0019483_22151835.jpg

いつもの通りに「下から見ても」ピカピカにする!! 14mm Bolts と 21mm Nuts (Citroen DS) では、締め付け torque が全く違うので 14mm Bolt を緩めるには Impact-Wrench が必要になります。 車載工具では Tyre 交換は出来ません!
c0019483_22155588.jpg

この際、 Tyre-Rotaion をしたので、4 輪の点検になってしまった。
c0019483_2216818.jpg

後輪の Drum は Citroen DS に比べると小さなものだ!! 益々 Citroen DS の凄さが解ります!
c0019483_22161912.jpg


◆ 結論  
 以上に記載しましたように、今回計らずも経験しました事実から、以前からプロの方々に何度も言われて「ひやかされ」て来ましたように、やはり Citroen DS のユーザー車検を取ることの「難しさ」を 20 年も続けて来た自分を「大したものだ!」と評価したいと思いました。
 20 年前の夏は今日ほどには暑くは無かったように感じています。温暖化が進んでいるせいでしょうが、歳のせいかも知れませんね。確実に言えることは、「車の台数減少」は明らかです。

◆ 最後に書かせて頂ければ、ユーザー車検の「検索」で出てくる記事のレベルが今一つ低い事でしょう!あのレベルでは Citroen DS のユーザー車検は通せませんよ!
[PR]
by citroenDS | 2008-08-11 22:02 | ユーザー車検
[ ユーザー車検: Internet: kensayoyaku. mlit.go.jp/ ]
◆ Internet による「ユーザー車検」の予約方法。

◆ コメント
 私は「愛車の Citroen DS 」に付いては、既に 20 年もの間「ユーザー車検」を実行してきました。この間の苦労と経験に関しては、この BLOG の「カテゴリー」にあります「ユーザー車検」を click して下されば詳説してあります。
 しかし、普段の足に使用しています Opel は、その反動で「いじるのも面倒」でしたから、dealer "Y" に任せてきました。しかしながら、歳と共に私しか運転をする者がなくなり、長距離ドライブの機会も減ってきますと「年間: 5,000km 」以下のレベルになってきました。
 この意味は「点検項目」が半分以下になって来たのです (重要項目が対象では無くなる)。この度は特に「4 月に Transmission の "RECALL" で」ついでに点検はしてある筈でしょう。従って、かねてより「ガソリン・スタンド」に書いてある、車検: 8,800 とかにしようと考えたのです。ところが、これが調べてみますと酷い「罠」でした! 要するにお客を民間車検場に紹介するだけでしかありません!! 点検料 : ¥ 5,500. 検査料 : ¥ 25,000. その他に状態に応じて別途に修理代が請求されるようで、これは見積もりをしてから決めるそうです。 それでは dealer "Y" と同じことです。 dealer にしたって、 24 ヶ月点検と車検整備、点検を請求するのは「二重取り」であり、これが常習的に行われているのは「詐欺」ですらあります。その上、交換せずとも良い部品を「安全性の美名」で平然と行うのも問題でしょう。
 20 年間も Citroen DS を「ユーザー車検」して来た身には、「舐めるのもいい加減にせい」となりました。取り合えず、陸運支所の近くの「いつもお世話になっている」予備検査屋にて状態の確認をしてから決めることにしたのです。
 今の車の簡単なこと!! DS での苦労に比べたら遊びのレベルです。その足で陸運支所に行って必要な手続を済ませてしまいました。 それ以降の予約手続に就いてです。
 検査コースが特別行政法人になりましたので、お役所である「国土交通省」の取り分は¥ 400 (印紙代) になり、下記予約、検査の確認と継続車検証の発行だけになりました。。長年お付き合いして来ましたが、ここほど親切に教えてくれるお役所はありません!お世辞ではありません。

◆ 解説
 ユーザー車検の「日・時」の予約は、 ① 電話による古い方法と、  Internet による方法があります。 将来と言っても間もなくこの方法になるでしょう。いい加減な予約を禁じているからです。 Internet による場合には、「予約の証拠」が残るからです。それは「独立行政法人」になった「車検コース」の検査員の数を、予約状況により決められるからです。正に合理化です。
 ユーザー車検を「検索」しましたが、国土交通省の下記の "PR" はありますが、実際に則した具体的な記載がありませんでしたのでまとめてみました。
 先ず、パソコンに http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/ と打ち込み、enter で 「国土交通省の画面」が出ます。そこで「継続検査」を選択します。
 日本地図が出ますから、好きな陸運局のある地域を「クリック」しますと「その地域の陸運支局」が沢山出ますから、一番近いいつもの場所を選択して「クリック」しますと、下記の表が出ますので「空いている日と時間 ( ラウンド数) を「クリック」します。
 
 OOO 運輸支局
Top → 予約種別の選択 → 検査場選択 → 予約日の選択 :予約したい日、ラウンドの「○」、「△」をクリックしてください。
○:空きあり、△:若干空きあり、×:空きなし


検査予約日 午前 午後
1ラウンド 2ラウンド 3ラウンド 4ラウンド
7月31日(木) △ △ △ ○
8月 1日(金) × × × ○
8月 4日(月) × × ○ ○
8月 5日( 火) × ○ ○ ○
8月 6日( 水) △ ○ ○ ○
8月 7日( 木) △ ○ ○ ○
8月 8日( 金) △ ○ ○ ○
8月11日(月) ○ ○ ○ ○
8月12日(火) ○ ○ ○ ○
8月13日(水) ○ ○ ○ ○
受付時間 8:45-10:15 10:15-11:45 13:00-14:15 14:15-15:45
検査時間 9:00-10:15 10:30-12:00 13:00-14:15 14:30-16:00
備考 予約システムは業務時間外でも稼働しています。 ×のところもキャンセル等で△や○に変わることもあります。

受付時間及び検査時間は、運輸支局等によって異なる場合がありますのでご注意ください。

ここで希望日・時間を〇から選択して「クリック」しますと、検査希望台数( 3 台以内) の「登録番号」等の 4 桁の数字、暗証番号 4 桁と メイル・アドレスを記入します。これで「仮予約」が終了します。
 Internet を閉じますと、既に、下記の MAIL の受信: 1 が来ています。


citroen ocn.ne.jp 様

自動車検査インターネット予約システム 検査予約 仮受付中 の案内です。

現在は、まだ仮予約中のため、続いて本登録手続きを行う必要があります。
以下のURLをクリックして本登録を行ってください。

【本登録用のURL】
http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/CarAnswer/app?page=agreement/InputReservationPwd&service=page&sp=TXtD4FYO%2FLOFvxbQyGtm2w%3D%3D

なお、本登録手続きについては、メール受信後1時間以内に完了してください。(手続きはすぐに終了します)上記時間を過ぎてしまった場合、仮予約は無効になります。
お手数ですが最初から予約手続きをやりなおしてください。
-----------------------------------------------------------------------------------------
【注意事項】
・自動車検査インターネット予約システムより自動でメール送付してます。
・本メールに返信はできませんのでご注意願います。
・本メールに心あたりのない方は、本メールの削除をお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------------------
本登録用 URL を「クリック」しますと、MAIL が開きますから「仮登録」と同様に記入して「送信」しますと、下記の「返信」が直ぐにきて完了します。

citroen  ocn.ne.jp 様

自動車検査インターネット予約システム 検査予約 受付完了の案内です。
以下の内容で予約を受け付けました。
検査の際には予約の確認をさせて頂きますので、本画面(又はインターネット画面)を印刷して持参くださいますようお願いいたします。また、予約が不要となった場合は、必ず受検日の前日までに予約の取り消しをしてください。(予約の取り消しには、予約受付番号が必要となります。)
なお、予約の取り消しがされない場合は、予約制限をさせていただく場合があります。

-----------------------------------------------------------------------------------------
予約申請日: 07 月 OO 日
検査場名: OOO 運輸支局
検査日: 2008年08月OO日
ラウンド番号:3ラウンド
受付時間:13:00-14:15
検査時間:13:00-14:15

なお、検査の受付時間等は、検査場によって時間が異なる場合もありますので、
受検される運輸支局等にご確認ください。

検査種別: 継続検査
予約受付番号: 63035
車両台数: 1
登録番号等: 1133
備考: 予約システムは業務時間外でも稼働しています。
×のところもキャンセル等で△や○に変わることもあります。

必要書類:

●検査申請書(OCRシート第3号様式又は専用第3号様式)
●自動車検査票(右欄に手数料の自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙を貼付)
 ・検査にかかる手数料
  小型・・・・・・・・合計1700円(印紙400円、証紙1300円)
  普通、大型特殊・・・合計1800円(印紙400円、証紙1400円)
●自動車検査証
●点検整備記録簿
●自動車重量税納付書(重量税印紙を貼付して納付)
●自動車税納税証明書
●自動車損害賠償責任保険(共済)証明書
●その他

※検査にかかる手数料については、平成20年1月1日から、国に「自動車検査登録印紙」、
 自動車検査独立行政法人に「自動車審査証紙」により、納付していただくことになりました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
【注意事項】
・自動車検査インターネット予約システムより自動でメール送付してます。
・本メールに返信はできませんのでご注意願います。
----------------------------------------------------------------------------------------
◆ これで完了ですから、必要な書類を取り揃えて受験です。
[PR]
by citroenDS | 2008-08-01 23:45 | ユーザー車検
CITROEN DS23. 20 年目の USER-SHAKEN に合格す。
◆[ CITROEN DS23; 20 年目の USER 車検に合格報告。]
今回はしばらく「お休み」しておりました Citroen DS に就いての記事です。 1 週間程経ちましたら「ユーザー車検」の場所に移動させます。
◆ コメント
 今回は Internet 予約状況を見ていて、どうも普通の 4 月とは違って「予想程には空かない理由」が何なのだろうと考えていました。昨日見た所、午後に空きを示す△や〇が出てきましたので「やや気軽に」 12 時過に家を出ました。 1 時から始まるコースの近くで「前輪の位置」確認の練習などしていましたら声がかかりました。「随分キレイな DS」じゃないか!「どうも有難うございます。でも近くで良く見れば疵だらけですよ」・・・まあ、こんな会話が好きで「ヤミツキに」なっているのです。 それと、先月見に来た時に比べて検査官の数が半分程しかいません。独立行政法人:車検コースとなって「効率的」な経営になったのか・・・と思いました。従って、空いている割合に「サバケが悪い」のです。=待っている時間がとても長いのです。今日は 5 月下旬の陽気で DS には「この長い待ち時間」は Weber-CAB. の不調に成り易いのですが、この時には全然気にしてはいませんでしたが、それが「排気 GAS」の検査で出てしまいました。しかし、主因は「絞り過ぎ」ですが・・・
 位置決めが不得意の「前輪位置」は、以前無かった右側に「大きなミラー」があり、左側のミラーよりも「ズーット良く」見えるのです!恐らく、DS の着座位置が高いせいでしょう。
 排気GAS 検査は、CO=O, HC=X : で不合格!!!少し「絞り過ぎた」ので調整して来ますと総合検査官に申したところ、そうね・・・ CO と HC は「これだからね」と手を X にしてくれました。 (CO 値と HC 値とは逆の Curve になりますので、検査結果は CO 値は充分に低いが HC 値は高いという意味) こうゆう「おじさん」の検査員だと、こちらも「気楽に」なります。
 コースには「一つおき」にしか検査員がいなかったので、隣のコースの人と出口で合流するのですが、隣のコースで終わった修理屋の親父さんが「DS の尾灯」は Fiat? と同じだね。私も古いのを持っているけど、自分でここへ持って来る自信はないよ。良く古い車をここに持ってくるね・・・とのことで、こんな「お褒め」を頂くと「益々ヤミツキ」になるのです。
 直ぐに予備検査屋に行くのは、私の自尊心が許さない!と、少し CAB 調整(調節ネジをゆるめる) をしてから、空いているコースに並んだところ、このコースが「Diesel 」用で後ろがトラックときた!!!コワイお兄さんなので「混んでいたら」大変なところだった。車検場は「最敬礼」の連続なのだ!
 排気 GAS 検査以外を pass して行くのも「前後の車両の関係」があるので、付かず離れずで簡単なことではないのです!全て幸い、CO,HC 共に〇が出てやれやれでした。
 勿論、帰り道の予備車検屋には「合格を報告して」、また、2 年後にくるよ・・・と挨拶して来る。「もっと度々来てくださいよ・・・」との返事! DS の勉強になるからだ。
c0019483_1858263.jpg

私の車検は 5 月 1 日まで有効ですが、納めた「重量税」は返してくれないようです。
c0019483_19112463.jpg

engine-oil & filter 交換。その後は oil-pan-fin を含めて「何時もの通りに」 油汚れは徹底的に落として「ピカピカ」にする。今回は drain-plug も NEW にしました。その上に CRC-Seal-Coat しました。 排気管も耐熱 silver-spray します。 drain-tube など汚れていてはダメだと思う。
c0019483_1915449.jpg
c0019483_192386.jpg
c0019483_1931983.jpg

Tyre & wheel 内側も良く清掃して Brake 調整 Nut などには yellow-paint などやって「点検はしたよ!」と Demonstration しておくのが私流なのです。
c0019483_1935040.jpg
c0019483_1944984.jpg

Parking-Brake-Pad 部分の 14mm Nuts で調整するのが ( 勿論、もぐって下からやる ) 一番「踏みしろ」に有効ですが、コースでの結果では「ブレーキ力には無関係」であることが解りました。やはり Braking-Power は「踏む力」でしかありません。2 回も X が出ましたが、最後に〇になった所からすると、極僅かに「不足」していたことになります。最後は理解できて「体重を掛けて」踏み合格。初めての経験でした。 front-main-Brake 配管接続部や Bolts にも yellow-paint です。
c0019483_1952976.jpg

予備検査屋で、少し Toe-IN にした方が・・・とのことで廻したので、mark をしておきました。Toe-IN にするには、普通の車では下からだから、Pit で調整するつもりの所、 11mm で私が緩めると「上からか・・・」と。 DS は私の車だけだから勉強になるのだ!
c0019483_22481759.jpg

GAS を濃くする mixture-screw です。 絞り過ぎで Cab の温度上昇は「薄すぎ」になってしまいます。
c0019483_2249525.jpg

外して行った wheel-caps と wheels を良く洗って乾かして CRC-seal-coat して完了です。油汚れ落しには "Can Do" の Orange 洗剤が「適当だ」とおもいます。 ご苦労さまでした!!!
c0019483_22493674.jpg

[PR]
by citroenDS | 2008-04-15 19:01 | ユーザー車検
[ユーザー車検:その2:整備と受験合格]
 今日、3ラウンド(午後1時からのこと)に行って合格してきました。大変空いていましたので、本番は15分程度で1発合格でした。下回り検査の折には、ピットからわざわざ上がって来て「何年製ですか?錆び無しですねー」と云っていました。いい年をして、これで嬉しくなってしまうのですよ。
 今回は後輪ブレーキの点検は省略しましたが、例の通りに清掃、アンダーコト、ステンレス排気管の接続部に耐熱銀色スプレー、緑系の部分にはローングリーンを吹き付けました。
 オイル汚れはCRCレクトラクリーンを吹いてウエスで拭き落としましたが、今回はやや手抜きです。
 いつもの事ですが、車高はMaxの一段前で止めておき(スフェアの内圧の保護のためです)そこからは4隅に置いたパンタグラフ・ジャッキでMax以上に持ち上げます。ホイールにはブロックを必ずかって置きます。
 クリーパーを使うとその分だけ高くなり、不利ですからゴザを使います。
c0019483_20251650.jpg
 
c0019483_20261255.jpg

c0019483_20382856.jpg

 要は下廻り検査ですから、汚れをとり見栄えを良くする事です。
 ついでですが、排気系はステンレス製に必ず交換するようにお勧めします。オリジナルの鉄製は2年で、ステンレス製は半永久ですから!!!
c0019483_20279100.jpg

 オイルパン周囲はさらさらにすることに努めます。私はアンダー・カバーを外していますので、隠す所はありません。DSでオイル漏れ全く無しは私のDS23のみでしょう。
c0019483_20301473.jpg

c0019483_2032255.jpg
c0019483_2315271.jpg

ホイールの内側もインナー・シールが完全なので「キレイ」なものです。
c0019483_20354575.jpg

 この後、キャブレーターの不調に見舞われました(アイドル・ミクスチュアー・スクリュウが全然働たらかなくなってしまった)が、CRCキャブクリーナーを一晩吹いて置いたせいか?ファーストアイドル・スクリュウを廻したせいか?直りました。
 直る前に念のため点火プラグも点検しましたが、GASが普段から薄いせいでしょう低速走行が多いのに、プラグにはカーボンの付着は無く良い焼け具合でした。永井電子製ULTRAハイテンションコードをお勧めします。
 午前の大雨も止みやれやれでした。
c0019483_19441446.jpg

 *キャブレーターに就いては再度まとめましょう。
[PR]
by citroenDS | 2006-04-12 17:15 | ユーザー車検
[DS23のユーザー車検の準備]
[ユーザー車検が近ずきました] (カテゴリをクッリクしますと、詳細な解説が出ます。(2005-05)
c0019483_17103688.jpg
      ◎ 写真は意図的に「横長にしてみました」
c0019483_17112053.jpg


 車検満了日は5月1日なのですが、毎回3月になると準備に入りますが、DSはこの所絶好調ですし「花粉症」の季節にぶつかりますので、なるべく時間のある時に準備は済ませておきたいものです。そんな訳で今回は半月程早く動き始めました。
 ワックスを久しぶりに「確り」かけたのも理由でしょうか・・予備検屋に行ってから(多分そのまま通ると思って)不都合な場所だけいじるか(年寄りになった証拠)と、久しぶりの好天気のこともあって、陸運方面へ出かけることにしました。
 毎回の顔馴染みの所なので、少し早いんだけど・・とラインに入りました。自分でキャブを少し絞っておいたので、全く予備検屋は何も触らずでOKでした。
 毎回のことですが、合格するまで後は無料にしておきますとの約束ですが、今迄に再度お世話になったことはありません。これで料金は ¥3,000 ですから安いとは言えませんが、まあ、安心料ですから仕方がありません。こんなことを15年以上も繰り返して来ているのですが、DSで来るのは私の1台だけでしょうから、陸運同様にまあ「顔」になっているのも便利なものです。
 さて、これで帰るのは早過ぎますので、陸運に様子をうかがいに行くことにしています。ユーザー車検の受け付けで変わったことがありますか?と言うと、予約の電話番号が変わり、予約が5日前からだったのが、14日前からになりました。これは便利になり有り難いことです。インターネットでも kensayoyaku.mlit.go.jp/ になりました。
 いつものことですが、用紙等を買って置きますし、出来るだけ自賠責も支払っておきますが、4月から値上げになりますし、「リサイクル券」も支払いがあるとのことで、初回7月でしたのを続けていましたのを22ヶ月に短縮しましたが、それでも5月末まであります。 ¥28,500 でしたので、リサイクル券の方にも行きましたが、対象車が少ないからでしょう、2階の隅で親切なものでした。私の替わりに機械に打ち込んでくれましたが(フロン類料金)が***になっていました。古いDSにはエアコンは無しと思ったのでしょう。多分もうけでしょう? ¥14,030 でした。
 まあ、あちこちでお金の掛ることですね!!!これで残りは、当日に「印紙」を貼るだけになりました。
 年度末で混み合っていますとか、放送がありましたが、15年前に比べたら空いたものです! 4月には「ガラガラ」になっていることでしょう。
c0019483_17124417.jpg
c0019483_17153289.jpg






[PR]
by citroenDS | 2006-03-14 21:10 | ユーザー車検
[ユーザー車検について]
 ブログを私は本を書くようなつもりで始めてしまいましたが、本質的に両者は異なった性質の作製過程を取るものであり、本の場合には最初から興味の有る無しに関らずに、普通に決められた項目の順序で、記載して行くものでしょう。それに対してブログでは「興味のある順」とか「記載して行った成り行き」で、上へ上へと時間の経過と共に積み上げて行くので、前項のようにギヤ・ボックスの「本編」と名付けた項目がないのに「続編」が出てきてしまいました。混乱させる意図は勿論無かったのですが、結果として体系的にまずいことになり申し訳ありませんでした。しかし、これがブログの良い点ではなかろうか? と考えています。
 一つの「問題の追及」をして行くと、最初の順序を無視しなければ意味がなくなる事があります。整備書を小説のように読んで行く人はいないでしょう。その都度、必要に応じて項目を開くものですから、ブログのようでも成立するのではないでしょうか?
前置きが長くなったのは、[キャブレターの交換]や[エンジンのバルブクリアランスの調整]を先に独立した項目として書くか、排気ガスの改善との関連で後に別に記載するか、と言った問題にぶつかるからです。
 今回も私がユーザー車検の実際で一つ一つ何年も掛けて経験した問題を紹介しながら、前記の問題を漸次記載して行くことにします。実際に全ての問題を一気に全て解決して「最初の車検に臨んだ」わけでは無いのですから・・・

◎プロローグ
 私のDSが輸入業者により横浜港に入ったのは7月初めころだったと思います。直ぐに部分塗装をするよりも全塗装をした方がよいからとの事で(その方が手間が安いから)何色にするか?と聞かれたが、GSの時の経験から、(新車をS自動車から買ったのに、再度全塗装してあった! 後から違う色が出て来なくて良かったが。)本革シートは抜群のコンディションで色は[Tobacco] であったから、オリジナルカラーを変える訳にはいかなかったのです。
 車検はJVCでやっていたが、何も知らないでヘッドライトを「いじくり回して」ボッシュの一回り小型のものに変えていたので米国仕様のようなものになっていました!
 DSのヘッドライトに就いては別項に記載しますが、その位に問題があるのです。もう一つが後部のナンバープレートの取り付け方が問題で、修正に苦労された方も多いでしょう。 
  この時点で私がこだわったのは登録日を7月14日にしようとしたのでした。これは車検知らずのシロウト丸出しの拘りでありました。真夏にヨーロッパ車を登録する「愚行」に気が付くまでの苦労! は大変なものでした。3年後の最初の車検になるまでに、このようなことを注意してくれた人は誰もいませんでした。何よりも、DSの車検を引き受けてくれるガレージなど1軒も無い事も知りませんでした。皆さんはどんな状況でオウナーになったのでしょうか?

●最初の車検までの経過
 満2年が過ぎる頃までにエンジンを載せ変えることになってしまったのですが、その理由に就いては後述することになります。載せ変えはSディラー工場で「全ての部品を私が用意するとの条件」で、懇意にしていた工場長以上の地位の方々3名のご好意でS自動車の社内の了解事項として「上意下達」で行われましたから、私は毎日のように修理の経過を昼休みに写真撮影しに自由に出入りしていました。この事自体が「異例」の事態であったのでしょう。S自動車がDSを販売していた時代の人間は既に工場長の2名しか残っていませんでしたから、実際の作業をした若い整備士には、私が随分と教えたものでした。
 その内にS自動車が販売したDSもろくに修理もせずに、私のDSを大掛かりに修理をしているとは何ごとだ・・・と横槍をいれた人達のせいで、S自動車の内部でゴタゴタが始まったので、私は自分で「全て行う」決心をするようになりました。ですから、エンジン載せ変えの「届け出に伴う職権打刻」の手続も私自身で行いました。これが神奈川陸運支所で初めて行った手続でした。

○エンジン変更登録
 エンジンを載せ変えたのだから、陸運支局に出来るだけ早く変更届を出して、エンジンに新しい「打刻」をしてもらわなければればなりません。ここで一番問題なのがエンジンが全く同じ形式、排気量であることを認めてもらわなければならないのです。
 このような時には自分で陸運支局長宛に手紙を書くのが一番有効であるようです。出来る限り事実を詳しく書いて、シロウトなので何も解らないので教えて下さいいう態度が必要なのです。旧エンジン・ナンバーが[DX-4,0673012659]であり、新エンジンが[DX-4,0673012072]で、その差が下3桁の違いであり、587番若いだけなので同一と認めて欲しいこと等を書きました。直ぐに電話があり新エンジンにナンバー・プレートが付いていれば認めてくれること、必要な書類は分解整備簿と輸入業者からの「譲渡証明」がいるとのことでしたが、打刻係からエンジンは部品であるから「領収書」で良いとの助言がありOKになりました。

 2日後に「打刻」になったのですが書類には殆ど目も通さずでした。エンジン交換届は非常に少ないそうで、「打刻」は駐車場で直ぐに行われることになったのですが、打刻するに良い場所がエンジンに見つからず(鉄鋳物の場所)で、エア・クリーナーが邪魔だから取り外せないかとのことで、こんな時にはシロウトだからは通らないし、帰りには元通りにして帰ってこなければならない訳です。
 打刻は[申01申]となりましたが、車検証には神[42]01神と記載されています。費用は代書代¥800と印紙代が¥200、合計で¥1000でした。書類は「登録事項等通知書」で車検証と殆ど同一でした。
[PR]
by citroends | 2005-05-04 16:18 | ユーザー車検