カテゴリ:ユーザー車検( 24 )
◆ ユーザー車検に掛かる費用と前準備
ユーザー車検に掛かる費用と前準備。

車検日に”プロ”はするのですが、商売では無い「ユーザー車検」では、少し前の日に手続に行って「必要な「用紙や印紙を買っておく」ほうがよいでしょう。 ここには記載して居りませんが「自賠責=所謂、強制保険」にも手続を済ませておいた方が良いでしょう。 今年も、¥ 2,000 高くなり ¥ 27,840 になりました。
 最小限でも; ¥ 70,680 に成り、自動車税を入れると¥12万/ 年にもなるとは!
 わが DS23 は、本国で 26 年、我が家で 26 年: 53 年にもなった車は「安くして欲しい」ものですねえ・・・

 その後、検査コースの見学をして置いた方が良いでしょう。 2 年間経つと「忘れてしまうもの」ですし、前回とは違った改変がされている事があります。
 私は「全自動のコース」に決めていますが、記憶では 2 年前には「前照灯検査」と「排気ガス検査」が同時であったように思うのですが、今年は「4 輪ブレーキ検査と「40km メータ」検査の後に独立していました。
 前回は「古いキャブの車用の”ボタン”」がありましたが、今年は、測定装置の近くに行ったら「旧基準」のボタンが「点灯」しておりました。 コースを監視している「オッサン」の気使い」でしょう。
 以前には、測定装置のボタンを押し間違えて、器械をこわすなよ!と叱られた事もあります。

 
c0019483_16345359.jpg

c0019483_163707.jpg

c0019483_16383033.jpg

DS 23 では、必ず「排気ガス」の検査と調整を、前もってして置く必要があります。 検査に合格するには CO = 4%, HC 1200 ppm. ですが、WEBER ではその季節=気温に応じた「調整」が必要です。
 検査に合格してしまえば、路上を走るには「GAS 」を濃くしておくからです。

それと「コースによっては、上に書いたように「車に乗った状態で」の検査か?「車から降りた状態で」か?によって「焦点が 10m 」も違って不合格になる心配があるのです! Hydropneumatic DS での特別の注意点でしょう!
 もう一つ、タイヤ・サイズが 180 SR 15 が手に入らない私は” 175 R 15 をはいて”いますので「速度計上 50km/h に近い所が「正確な 40km/h 」ですので、再確認の必要があるのです。

[PR]
by citroends | 2014-04-09 16:34 | ユーザー車検
DS 23 の車検を取ってきた。
DS 23 の車検を取ってきた。

 速いもので、今年は「車検」だが、商売の方は「殆んど閉院状態にしてしまった」ので、時間は有るものの「体力と気力」が中々着いて来ないし、雑用ばかりが多くなろものだ!
 それに今年は「何時までも、春と言うのに寒い日が続いて」、何時車検を予約したものか?と思いつつ 4 月になったので、先ずは「予備検査」に行って来たら、 L-Brake-Lamp が切れているよ!との話から、実は「Back-Up-Lamp 」と聞き違えていたので、尾部の Lamps を「全て清掃する」はめになってしまったのだ。


写真は、先ずは 4 月 8 日=今日!車検には合格して来た事からご報告する写真としましょう。

c0019483_1658611.jpg


 妙なもので、”車検”となると「不都合な場所から LHM 漏れ」が発生したりして”前日”は、何と「 Return-Hose 」の修理に 12 時間も費やしてしまったのだ! それも 2 年前に一度「苦労した場所から」、車検の直前に”再発”しなくたって、イイじゃないですか!この「話は次回」にしましょう。
 多分、そのままでも”車検には合格した”でしょうが、 Citroen DS の「神奈川陸運」での”信頼性”に泥を塗る気持ちが無いのですよ! 神奈川陸運支所には "DS がそろそろ来る時期だ”と思っているだろうとの、私の”一方的な自尊心”にせよ存在していると感じるのだから・・・

話の順から、 DS 23 の Tail-Lamps についての写真と解説をしておきましょう。

 DS の Tail-Lamps の問題点には、ご存知のように "Base-Plate" には「左右」があるのです。私の DS 23 でも「右ばかりが 2 組」付けられていました。案外、気が付かないもので、何か、左右が”一線に揃っていないと気が付くまでには、 1 ~ 2 年掛かったように記憶しています。

c0019483_17174043.jpg

SEIMA 637 G となっています。 Gauche = 左側用です。
c0019483_1718243.jpg


c0019483_17195717.jpg

 こちらは SEIMA 637 Droit = 右側用となっています。 
c0019483_17203824.jpg

Cover のほうは、左右同一です。 
c0019483_17215198.jpg

c0019483_1722890.jpg



all Photos by FUJI-FINE PIX A 230
[PR]
by citroends | 2014-04-08 17:22 | ユーザー車検
◆ ユーザー車検取って来たぞ!
ユーザー車検取ってきぞ!!!

今日の午後の部で ( PM 12:45 受付;検査コース: PM 13.00~ ) で PM 13: 10 には「新車検証」を手にできたよ!
 私位の”高齢者”になると、親切な「助手が付いてくれました」。有り難い事ですねえ! 


c0019483_165901.jpg


インターネット・予約での「記入事項」の「原動機の型式」の項は「神 [42] 01 神」だから「半角数字」では記入出来ないと申したら、"[42] 01" だけで良いとのご返答でしたので、それなら説明があった方が良いのでは?と申したら、説明が多いと「余計間違える人」が多いとのご解答でした。

c0019483_23535092.jpg


4 灯の内側のは「補助灯」ですから、前回までのように「配線を外した方が」正しい処置だと思います。

 殆ど全ての DS - Owners は「民間車検」でしょうから、私のような”苦労”をされていないのでしょうが、「陸運で検査を受けて」初めて ”DS の車検を取った”と云えると思います!!!
 しかも、 DS 21 or 23 "PALLAS" でですよ! "Cab" と "Clutch" との連携が無ければ、簡単ですからねえ・・・

[PR]
by citroends | 2012-04-17 16:49 | ユーザー車検
◆ ブレーキ・テストをどうやるか?
先回、テスター屋で「右ブレーキが全然利いて無い」と云われて「結局は、エア抜き」で解決したことを報告しました。

エア抜きをして「ブレーキ・シリンダー等」が、完全に作動しているが、「タイヤを取り付けて見ると」本当にタイヤの回転は、ブレーキ・ペダルを踏んだら止まるのだろうか「テスト」したくなるものだろう。

それでは、「ブレーキ・テスト」を一人でやるには「どうするか?」であっろう!

c0019483_2214762.jpg

兎に角、タイヤを”床面”から持ち上げる事が必要である。それには、ガレージ・ジャッキで”リア・トレーリング・アームで、タイヤには触れずに「持ち上げられるような場所」で上げる。
c0019483_2221431.jpg

c0019483_2223766.jpg

一人で「好きな時に”ブレーキ・ペダルを踏む”には、「ブロック」を運転席に持ち込んで置く。 下の写真のように、”ブレーキ・キノコ”の上に片側をのせる!これで OK ! タイヤは「手では回せなくなっている。
c0019483_223090.jpg

[PR]
by citroends | 2012-03-26 22:03 | ユーザー車検
◆ ユーザー車検の予約方法が変わっていました。
ユーザー車検の予約方法が変わっていました。

陸運の「ユーザー車検窓口」で質問したら、これました。予約の「キャンセルが多い」からだと言ってましたが、多分、お役所が変わったからではないでしょうか? 

c0019483_2234237.jpg

c0019483_224384.jpg

[PR]
by citroends | 2012-03-24 22:05 | ユーザー車検
◆ そろそろ、ユーザー車検の時期になりました。
そろそろ、ユーザー車検の時期になりました。

今回は、ID & Pass - Word の「事前登録が必要」とかですので、「梅田橋」に行って状況を探索して来ようと 3 / 22 に Drive 方々走ってきました。
 自動車の数が「減少傾向」であろうに、年度末は「やっぱり大変な混み具合でした。
 「それではと予備検査屋」にも寄って来ました。

 それで問題が発生していました!!! 何と「右後輪ブレーキ」が利かないとの結果でした。
 これは困ったぞ。


DS は「後輪ブレキー」は殆ど普通走行では「遊んでいますので」気が付かないものです。帰宅して「何時もは Back で車庫に入る」のですが、右後輪ですので、「今回初めて Front から入り」ました!

 それと言うのも、右後輪は、この 20 年間、常に車庫の「奥の隅」に位置していましたので、錆でも酷くなって「動き難くなったのかな?」と先ずは想像したからです。

 ところが、分解してみましたら「全くの 20 年前の状態」であったのでした!
 "LINK" の又、"LINK" になっております!!!


c0019483_22313516.jpg

ライニングは「これ以上には理想的に減らない」だろうといった具合ですし、全くの錆なしで、いじり様が無いのです! それでは、やる事は「エア・抜き」以外に残りません。
c0019483_2232926.jpg

c0019483_22322859.jpg

エンジンを回して「油圧を作って」から、ブレーキ・ペダルを踏んで「ペット・ボトル」に 70cc 程排出しました。これ程の料を抜く必要は無いと思いまいましたが、写真の色よりも「ズーット」褐色に近い汚れでしたので抜いてしまったのです。 これだけ抜けば "Brake-system" は「全て新しい LHM 」に置き変わったでしょう。
c0019483_22325315.jpg

”Gray" は「亜鉛塗装」です。 CRC シールコートを「タップリと」吹いて置きりましたが、これを見ると「成功」でした。
c0019483_22334721.jpg

c0019483_22341531.jpg

[PR]
by citroends | 2012-03-24 14:15 | ユーザー車検
[ ユーザー車検の点検整備記録簿に付いて。]
◆ ユーザー車検の必要書類の内で「点検整備記録簿」に付いての記載が、根拠の無いものが多いようですのでまとめておきましょう。 WEB での皆さんの記載は「根拠が明確に」記載されていないようです。
 整備業者の方たちがお書きになった WEB は、当然 1,2 年の整備点検は整備士の資格のある整備工場でしなければならない。とお書きになっていますが、普通 1 年整備をしている人は何% 位いるのでしょうか?その様な点からも、多くの疑問点が出てしまうのでしょう。

定期点検には 1 年点検と、2 年点検 があるようです。


 「あるようです」とは随分「好い加減な表現」ですが、皆さんは 1, 2 年共に定期点検をしていますか?
 大多数の方々はやっていないでしょう。例え法律で決まっていても、ほぼ全員が行なっていないのであれば「無いのと同じ」です。何か罰則があるのか? 特に、罰則は無いようですが・・・
 年に 1 回の「定期健康検査」と同じであると書かれていますが、それでも、見つかった時には「癌の手遅れ」は有るので、同様に強制は出来ないと云う「発想」と理解しましたが・・・

 自動車点検基準は昭和 26 年に定められており、全ての車種に渡りますので「自家用乗用車」に関するものだけに絞って記載されております WEB に LINK してみました。
 この点検基準は、三菱トラックのタイヤ事故に対応した、トラックのハブ・ボルトの点検の強化に付いての変更が目につきました。

 結論から書けば、昭和 26 年に出来た基準を現在の車に「そのまま」適用する事は合理性を欠くとの、ご配慮でしょうか!従って、年間に 10,000km 以上も走行しているのに、整備もろくにしていない車は「後整備」に廻されるのでしょう。
 単純に「安く上げる」発想での「ユーザー車検」は、ご遠慮して頂くほうが皆さんの為であるとするべきでしょう。
 ユーザー車検を利用する方々は、もっと自分の車に対する勉強をして頂いて、点検整備をキチント出来る様にしたいものです。これが今回の回答でしょう。


 少なくても YANASE から、この度の車検に対して送付されて来た「車検の予約案内」には、1 年整備代金: ¥ 20,000, 2 年整備代金 ¥ 26,000, 車検整備代金:¥ 25,000 と記載されておりました。

 それでは、何故 2 年継続検査には 「2 年点検整備記録簿」のみが必要なのでしょうか?継続検査の直前であるからでしょうか?
 そして「自分で全て点検整備を行なった場合には、整備士の資格が無くても、その「作業内容を記録した記録簿」となっています。
 そして自動車会議所で販売している一番下の「点検整備記録簿」には、自家用乗用車等の 2 年点検 ( 別表第 6 ) となっております。
 そもそも、車検はその車の所有者又は使用者本人が受験するのが原則であり、従って「代理」、「代行」は文字の通りなのです。
 所得税の確定申告と同様なのです。鳩山さんのように「知らなかった」は本来通ら無いのですよ!


◆ 上記しました「赤字の部分」に付いて間違いはありませんよね・・・
 全て、関東運輸局整備部が作った書面と書類ですから、間違いであれば「車検制度」が崩壊してしまいます。


◆ 本人が行なう原則に沿った「ユーザー車検」という制度なのですから、大切にしようではありませんか!!!
 本人以外には、誰も最終責任は取ってくれないのです!


c0019483_20274521.jpg

ここに記載されています事には、点検整備には「前整備」と「後整備」があることです。
 また、「前整備」には、全て自分で点検整備を行なった場合と、部分的に行なった場合がある事です。

 「後整備」の場合には、前回の ( 2 年前の記録簿 ) です。 2 年間保存となっております。このあたりは「お役所的発想」で嫌ですねえ・・・ 2 年前の記録簿が何の役に立つと云うのでしょうか???
c0019483_20285086.jpg
c0019483_20291130.jpg

c0019483_23375998.jpg

[PR]
by citroenDS | 2010-08-14 20:30 | ユーザー車検
[ お盆休みのユーザー車検に行ってきました]
◆ お盆休みの今日 8 月 12 日にユーザー車検に行ってきました。 

 前日に Net で「混み具合を調べたら」、思ったよりも混んでいるようでした。第 3 ラウンドまでは「×印」でしたが、4 号台風が昼過ぎに日本海を通過するので、YOKOHAMA も大雨だな・・・と少し早めに出かけましたが、「何とガラガラ」でした。

 実際に、この車検場のコースの設備は "EV, HV-cars" には対応できていないでしょう。尤も、排気ガス検査以外は同じですかね?

 写真のように「コースの半分」しか使っていないのです! 昼前には晴れていましたので、ザット洗車をして出ましたが、印紙や県税の印をもらっている内に「ぽつぽつ」降って来ました。
 

何か「ガランとした」雰囲気でしょう!
 
 1,2,3, しか使っていないのです! 2 年前には「全部開いていました」。私の好きな 7 番コースは見事に閉鎖されています。普段は内部撮影禁止などと書いてありますが、誰もいないので失礼!!!
 でも、 3 コースが同じでしたので助かりました。定年までここで働いていたと云う方が、自分の車のユーザー車検に来ていて教えてくれましたが、自分の車検は「心配になるなー」なんてボヤイテいました。
 こんな状態になったのも「仕分け屋さん」たちの影響でしょうか?
 写真に雨粒が写っているように見えますが・・・

c0019483_19311890.jpg

私の常用している 7 番コースです。前輪だけ決めれば後は勝手に「位置決め」してくれるので楽ですし、Brake, Speed-meter, Head-light 検査が全て、その位置で完了するのです。
c0019483_1932917.jpg

◆ 車検証を UP しても「面白くも無い」と言われるでしょうから・・・
 車検の満了日シールが少し大きくなったようです。重量税は何とか ¥30,000 で済みました。

c0019483_20503198.jpg

c0019483_19342486.jpg

もしも、電気自動車が主流にでも成ったとしたら、車検場は「こんな寂びれよう」になるでしょう。 ここの検査場の利用者が減ってしまったら、独立行政法人である車検場も困るでしょう!
c0019483_19345916.jpg

side-slip 検査の場所から、全てのコースを見渡したところ。 手前のテスリからこちらは「見学コース」
c0019483_205148.jpg

本日、唯一の収獲は、この素晴らしい CHEVROLET Pickup でしょう。 1940-50 年代でしょうか・・・
c0019483_2072145.jpg

All photos by IXY Digital 10.
[PR]
by citroends | 2010-08-12 19:35 | ユーザー車検
[ ユーザー車検の準備に神奈川運輸支局に行って来ました ]
◆ second-car: Vita のユーザー車検の準備に神奈川運輸支局に行って来ました。

一昨年と同様に検査ラインは「ガラガラ」でした。 19 年前の DS 23 の時には「大混雑」でしたのに、車自体が減少したのでしょうか?

 こんな時程 IXY Digital を持って行くのを忘れてしまいました。何せ「猛暑でした」から、予備検査屋で先ずは「合格」して置くことが、当面の目的でした。

 NANKANG Tyre の前輪の空気圧を正規の 2.3 bar にしておきましたので、speed-meter-Test は 40km/h で「完全に一致」していました。少し空気圧を高くしたら「乗り心地」が良く ( 柔らかく) なったような気がしました。Tyre だけが suspension では無いと言うことかな?
 例の様に「検査用紙」を買って、「自賠責」に入って、コースの見学ですが、Ken & Merry の「スカイライン」がいましたが「排気ガス」で不合格のようでした。後で見つけて「夏は Cab はダメでしょう?」と話しかけたら、GAS だけ落として置いて、「様子を見て直行よ!」と考えていることは同じでしたが、私は 7 月から 4 月に「移動しましたよ」と言ったら、自分の車ならばするけれど・・・と手間が掛かったほうが、商売になるのかも・・・と感じました。
 Lotus が engine が掛からず困っていましたが、同様に冬にすれば・・・と思いました。写真が撮れればと残念でした。

◆ Tyre の製造年を見てあるきました。
 最初の継続車検としても、 3 年は経っているのですし、 2 回目ならば 5 年です。従って XX04 ~ XX07 位がやはり多いようです。 Porcshe 911 は既に前後が数年違っていましたが、それでもかなりの磨耗でした。 外車は Michelin, 国産車は Good Year が多かったようです。 「ヒビ割れ」 Tyre は見当たりません!

帰宅してシャワーをあびて、水分補給をしていたら、ハタと一昨年の問題点を思い出しました。

 「原動機の型式」が「あるべき所に見付から無かった」ことでした。 Z 14 ではなくて「沢山の数字」でしたが、 YANASE が教えてくれないと申告しましたら、多くの数字を見ただけで「まあ良いでしょう」で済みましたが、検査官殿によっては、今年も同じとは限らないと思ったほうが得策でしょう。 DS 23 での Window-Washer みたいな事だってあるのですから、エンジン型式が不確認では、検査自体が始まらないことだって在り得るのです。

 YANASE に電話しても、今年も「明確では無い」のです。台車番号から Engine-Number を教えてくれたのですが、その数字が「見つけてあったもの」でした。その付近にある筈だと言っても「無いものは無い」のです。そこで無理やり Vita で YANASE に ( 第 3 京浜近くの )乗り込みました。

 何故、そんなに必要なのか?と・・・ 私は運輸支局へ行きますので困るのですと・・・明確にユーザー車検を臭わせました。
 100% は YANASE での「民間車検」ですから、何も問題は無いのだと言いたいのです。しかし Engine 型式 が車検証記載と同一のものが「見つからないでは困るのだ!」と申しておきました。

このような「単なる電気配線」の過剰な固定方式は「意図的であり」、ユーザー車検を妨害する意図があるとされても、弁解出来ないと考える。刻印の場所を明らかにして、固定法を改善するべきであります。
 簡単な plastic-band の先端部を差し込む為に、刻印を見えなくする固定板は不要であるのは明白であります。


c0019483_19453241.jpg

20S68375 は普通呼ぶところの Engine-Number ですが、車検証には記載されていません。車検証に記載されており、車検時に確認されるのが「原動機型式」です。車検証には Z14 と記載されていますが、下からの wire を「大げさに固定している」金具が上下にあって、左側を engine-brock と automatic-transmission を連結している 19mm bolts の 1 本でそれぞれ固定しているので、取り除いたところ Z14XE なる記号が現れた。わざと見え無くする為としか思えない「大げさな金具=plate: -5408 」です!!!wrench が見えますので既に bolt は、抜いた後で直ぐに戻してありますから、金具は移動しています。この写真は撮るのに大変苦労しております。 5 枚撮って 1 枚です! Engine と Cooling-Fan が近いのです!
c0019483_19455620.jpg


 何と、Engine-Number とは別に上方向に「刻印がある」のに、それも違った記号で Z 14 XE であると。その上に新設した配線の取り付け部品で「見えなくなったまま」だったのです!!!それが解っても、鏡を使っても「XE のみで全体は見えません」!
 これでは、今年の検査官次第では、「ダメを出され兼ねませんでした!」。 ヤレやれこれでは困った事なのですがね・・・
 これでは、ユーザー車検を「出来なくしている」と言われても、文句は言えませんよ!!!
 YANASE の客は皆「お任せ」ですからねえ・・・。


試みに、「OPEL のユーザー車検」と検索してみました所、仮にも外車: GM 製のアメ車を選択してしまったからには、YANASE 様に整備、車検は全てお任せするのが一番「最終的には安く付く」との、ご回答が主流でありました!!!整備に手間がかかり、部品も少ないようです。それに「整備費用は安い方」であると。矢張り YANASE で買う人はそのように考えるのだと理解した次第! アーア、ですねえ・・・

 それなら、Citroen DS の Owners は「どの様に考えているのか?」と質問したならば、「同じような答えが返って来るのかなあ」・・・ 
 矢張り、私は異常者に分類されるのでしょうか?

[PR]
by citroenDS | 2010-07-22 21:52 | ユーザー車検
[ ユーザー車検に 2 時間も掛かったのは初めてだ!!!]

◆ ユーザー車検に 2 時間も掛かったのは「初めて」だった!

今日は雨だろうと覚悟していましたが、前日の「天気予報が当って」快晴の暑い位の日でした。桜は散り始めていましたが、写真のように未だかなり咲き残っています。
 車検コースは予想どうりの「ガラガラ」でしたが、数年前からですが「空いていると、ツマラヌ欠点を見つけられて」時間ばかり掛かりました。

外視検査で今までは OK だった内側の Lamp を点灯せよと。私は配線を外して「この数回受験して問題と指摘は受けていない」と主張したのですが、点灯しないのならば LAMPs を外せときた。この検査員は DS 4 灯を知らないので「点灯すれば、 steering との連動を外せ!」と言うのが普通なのですから、私も少し舐めていたかもしれませんが、その時々で検査指針が変わるのは困りますね。
 その次が、 Wiper & Washer でした。これまでは、 Wiper の検査は数回はありましたが、 Washer とまで来るとは予想していませんでした。

 何か、雨から「変な予感」がしていました。この問題は Tank と Washer-Motor の「位置関係が重要」でした。 Engine-Room の排熱装置を造った時に気が付かなかった「不覚」でした!

 Washer-Motor 内部には水が常に溜まっているので、「呼び水」は不要なのでした。「お粗末!」 この問題は「もう一つ」の裏話があるのですよ。

 プロでしょうか?「ツナギを着ていましたが」、彼の Advice では「この DS は古いから 1970~2 年までは装備して居なくて良いと、主張してしまえば「調べようがないよ」と・・・車検証には「型式:不明」でしょう・・・不本意ながら「最後には使わせて頂きました。この BLOG をお読みでしたら、”感謝しております。” 二度と使わない事をちかいます! 尤も、上に述べたように完全に作動するように修理しますので、ご安心を・・・
c0019483_22265949.jpg

先ず、「排ガス検査」で、chock を少し引いて丁度走りやすくしているので、これを戻した所「エンストしてしまいました」。そう今回は私に検査員が 1 人付きっ切りでしたので、 Engine を掛けた直後に Probe を差し込んでいるのです。余計なことをしないで欲しいのですよ! Engine を再 start させた後では GAS は濃すぎてダメなのに、自分ならば、時間を稼いでから「測定しますよ!」。
本当は「待って下さい」と言うべきであったと後悔しているのです。当然の権利でしょう・・・
 これでは、 CO, HC の CO が X なのは当りまえじゃん!

 それと「下回り検査」で、左右の揺さぶりは何度もありますが、今回は「前後の揺さぶり」と両方やられたのは初めてでした。恐らく、混んでいれば、これらの「幾つかは省略」されているでしょう。「左右の揺さぶり」だって 3 回に 1 回位でしたから。

c0019483_22283576.jpg


そんな訳で、検査完了の「書類を出しましたら」ズート前に車検証は出来上がっておりました。2 年後に生きていたら又お世話になります・・・と云って帰宅しました。
[PR]
by citroenDS | 2010-04-13 22:30 | ユーザー車検