[ Look in your Trunk-Floor ]
***前項の注意によって雨水が Trunk に入らなければ、 Floor-Panel & Sidemember 等には全く錆などありません!!!
 今回は、連休ゆえガンバッテ「大部分の写真」を IXY Digital 30 で撮りましたので「詳細に」ご覧頂けると思います。最初の写真のみ 18 年前の Analog です。 写真に書き込んである Anti-roll Bar を "rolle" と誤記しています。訂正します。***

c0019483_2291243.jpg

私は Spare-Tyre を Trunk に入れています。丁度「ピッタリ」と収まるからです。この Tyre-size は 165 (380) X 15 XAS なのです。 Trunk への物の出し入れの時に擦れないように「階段の滑り止め?」を貼ってあるのは French Owner がやってあったことです!これは便利ですよ。
c0019483_0745.jpg

配線を入れた部分以外は、「内装」は接着されていますので見えませんが、 Trunk side-wall & Floor Panels は「光沢ありの黒色」ですから、「模様入りのつや消し」は original ではありません。 4 本の 8mm bolts を抜いて "Cover" を外すと「ピカピカ」の Anti-roll-Bar & linkage-Rods がみえます。 "Cover" の内側は「凸凹模様」の黒色塗装です。
c0019483_23512621.jpg

electric-cable の通っている三角形の部分は black-spray ですが、内装を剥がしてみた所は black-hand-brush 塗装です。細部以外は大部分が「刷毛塗り= hand-brush です。 DS 時代は意外に「刷毛塗り」が標準的だったようですから、きれいな spray 塗装は "original" 塗装ではないと思います。electric-cables の "green" は Trunk-lamp 用ですが、"black" は Camping-car 用でしょう。4-5 本のwires が束になっています。もう 1 本左側 Floor に近い所にも Wire の束がありますので、こちらは Tail-Lights 用でしょう。あるいは逆か?
c0019483_22405694.jpg

Anti-Roll-Bar の両端が「おおげさ」なのは、左右の rear-half-Axle の接続部位だからです。 Trailing-Arm は荷重を 90° 転換しますので、かなり強度が必要なのです。
c0019483_15324742.jpg

18 年前に CRC Seal-Coat & Chassie-Black を spray しておいたままの状態です!以前に議論のありました Suspension-Cylinder 内部の LHM return は Boot-Pipe から return する量は少なく、大部分は Height-Corrector の Feed-Pipe を逆流するのです。写真の Rilsan-Pipe 内の LHM の色が green では無いことからも解かります。
c0019483_15353869.jpg

Height-Corrector への Rod があります。この周辺は Suspension-Arm の取り付け部分でもありますから、強度的にも重要な場所です。そのために Crossmember & Sidemember が確りしている必要があります。上方に右側の Suspension-Cylinder & Brake-Cylinder への original-Pipes と Suspension-Boot からの return Pipe (Rilsan) が見えます。
c0019483_2356358.jpg

Anti-roll-Bar の右側ですが、明らかに「刷毛で手塗り」です。 Floor-Panel も同様に刷毛塗りです。 Headlights-control の wire が Cross-member の孔から床下に出ますが、その孔からは Cross-member の内部がみえます。錆無です!!!せっかく開けたのですから、あちこち内部に Grease を spray しておきます。
c0019483_1545996.jpg

c0019483_23583597.jpg

Jerome's ID の Body が「どうしてこの様に変わったのか」解らなくなりました! What's a wonderfull world ! Such a "re-construction" is a magic ! としか言えません。
c0019483_23543454.jpg

Jerome's ID は殆どが new Panel のようです。写真の Floor-Panel は新旧半分ずつですが・・・new Panel は全ての部分が揃っているようで驚きです。それだけ需要があるということですね。しかし「強度計算」はどうなっているのでしょうか? "Pipe" は全て自作の new Pipes にしています! LHS 仕様は「金属部分」は「Black 塗装」、ゴムは Red が決まりです。Body は少なくとも私の DS の方が良いのですが・・・同じ部位の my DS の写真は (Ref.2005-03 参照)
c0019483_15473945.jpg

*** 何故、Half-Axle & Anti-roll-bar 付近の Member が「意外に確りしていた」理由を 2005-12 の頃の Blog-Photos から、次回検討してみましょう。彼に質問すれば良いことですが、失礼になるのでは?と思いますので・・・***
[PR]
by citroenDS | 2007-05-01 12:30 | DS の整備と解説


<< [ CITROEN-KEY-H... [ Trunk-Lid 裏面の... >>