[ Belts 交換後の Clutch 調整 ]
*** Jerome に Belts の件を質問したところ、今急いでかれの ID19P に Belts を張って見せてくれています。 DS23 IE の Thierry のは E-mail を送ってくれたそうです。 長さは兎に角、Belts は同じ Maker のを使っています。 Cog-V-Belt です。 GATES AUTO MASTER と書いてあります。資料等解かりましたらまた・・・***
◇コメント
 実際に Engine-room の中でこの写真に撮影したように、Clutch-Fork の位置がどのようになっているのか?を見る努力をした人がいるのでしょうか? 事実、 2 人がかりで「両前輪を持ち上げ」て観察する者とアクセルを control する者とがいれば、事実を記録することが出来るでしょう。私一人では、理論的に「正しいと考えられる」方法でしか論ずることが出来ません。
 そこで Photo-1 で撮影された Clutch-Fork の位置は、実は「半クラッチ」の位置になるのです。それであれば図の Pressure の MAX の場所を指し示すのは「誤り」で、やや下の位置にするべきでしょう。 Brake を踏んで Engine 回転が落ちた時が「 Clutch が完全に切れた位置」ですから、 Clutch-Cylinder の Pressure が MAX になって Clutch-Cylinder-Volume も MAX になっている時でしょう。
c0019483_21392244.jpg

◆解説
 コメントにて Photo-1 の検討は既に記載しました。次に Photo-2 は Main-Accumulator の Bleed-Screw を緩めますと「ビー」と LHM が抜けた時の位置です。約 1 秒弱でこの位置になりますが、完全には抜けてはおらずに止まっています。その僅かに残った油量でも Photo-2 の位置は保たれています。
 残る油圧で維持された位置は、 Return-Spring で「ゆっくりと」 Photo-3 の位置にまで戻るのです。これが所謂「遊び」の部分でしょう。力一杯引けば Photo-2 の位置にまでなると思いますし、 Startor を廻す程度で容易に "2"の位置になります。記載しましたように、正に fully engaged です。しかし、Re-Engagement は Photo-2 の段階で実用的には「完了」しています。
 ここで一番重要な「本当の位置」であるべき Photo-1 の写真撮影は、容易には撮影出来ないのですし、どの位に違った位置であるのか?と云えば、 14mm Wrench で 1~2 回転の調節ですから「同じ」としても、個体差としても良いのでしょう。しかしながら、その運転しての差は大きく、半クラッチの時間を大きく左右しますから「微妙な調整を」必要とします。そのような議論が盛んにされるべきで所ですが、恐らく「良く解からない」として議論されないでしょう・・・
c0019483_22272585.jpg

c0019483_22542471.jpg

Photo-2 と Photo-3 の違いは、写真からも解かるように、1cm 程度で MT の Clutch-Pedal の「遊び」に当たります。従って、その差は無いと考えられます。 Hydraulic では Clutch-Pedal はかなり「深い」ことになります。
c0019483_22561052.jpg

▼ Jerome's Blog (2007-03-16) より「緊急追加」しました。double Belts なのは「内側の H.P. 用だけで、外側は single Belt です。▼
c0019483_22361578.jpg
c0019483_22452129.jpg

[PR]
by citroenDS | 2007-03-18 21:03 | DS の整備と解説


<< [ Hydraulic Clu... [CATALOG 紹介: DS... >>