[ 新旧の Fly-wheel を比べる ]
[ この重量:21.5 kg とこの厚みは、正に FLY-WHEEL だ!!!]

◇コメント
 CITROEN DS/ID の Flywheel の図は、"D"model : Catalogue No. 611, No. 639/5 1973 , Autobooks 742 等、全ての資料の図はここに示されるように「非常に厚い」ものとして記載されています。この事実は常識的にも不可解なものと言えます。そこで DE engine のものと DX-4 のものとを実物で比較して事実を考えようとするものです。この DE engine の Flywheel は最初の写真のように錆びたものでしたが、私の予測通りに Jerome は「研磨に出して」次の写真のようにしました。
 ここで注意するべき点は、 Engine-Side と Clutch-Side を写真から区別することです。より容易にしたい為に写真に覚えたばかりの記入を Adobe で行いました。
◆解説
 後の私の DS 23 の Flywheel と比較すると DE-Engine のものは約 2 倍の厚みがあります。この目的は当然 DE-engine の回転ムラを「打ち消す」為です。3-bearing でも 5-bearing でも Crank-shaft にも counter-weight があると思はれる構造ですが、 Flywheel が重くなっているのが特に 3-bearing-engine だからとの理由だけとは思えません。何か車の使用目的からも考えるべきでしょうか・・・当然、 Engine 特性が違ってくる筈ですから・・・
c0019483_2142813.jpg

Crank-shaft 先端から取り外したばかりの DE engine-Flywheel です。普通には鋳鉄製なのでこれ以上は錆びませんから、そのままでも作業は進められたでしょう。それにしても、この厚さには「驚き」です!!! 多くの図の通りです!
c0019483_2150213.jpg

これは Clutch-Side ですが、彼は表面に僅かな不均一な所があったので研磨に出して新品のようにしました。この Clutch-Side が特に「周辺部分」が厚く、Flywheel としては有効なものになっています。古い Pressure-Plate の取り付け Bolt は均一に 6 本であることが分かります。  Center の古い Ball-Bearing ( pilot-bearing) は外されています。
c0019483_21535793.jpg

彼もその重さに「驚いた」のでしょう。重量を測っています。 21.5 kg です! 私も Inboad-disc の重さに驚いて量りましたが、6 kg でした。その後で Flywheel の重さにやはり驚きましたが、計測はしませんでした。その時の記載に「倍以上あり、片手では持ち上がらない!」と書いていますので、多分、15 kg 程はあるのでしょう。しかし、この両者の違いに就いては誰も記載していません。それどころか「同一」として扱って来たのは問題です!!!
c0019483_21522816.jpg

DS 23 の Flywheel ですが、明らかに DE 用に比較して薄くなっています。特に Starter-Ring-Gear ( 123 teeth) で共に同一ですが、この後部分が薄くなっています。ここでも Ball-Bearing の古いものが残っています。
c0019483_2218488.jpg

これも DS 23 の Flywheel ですが、私は彼のようには「研磨」はしていません。 Clutch-Plate と接触する部分は「キズ」になったままです。これで問題はありません。 Clutch の Pressure-Plate の形状が違いますので( bolt 位置が 2個一対の 3ヶ所 ) DE には New Type は使用できない筈です。そして 彫り込みは半分以下になっています!
c0019483_22345462.jpg

DE engine の拡大写真です。 Clutch 面には保護用紙が貼られています。作業が丁寧です。新しい Ball-Bearing に交換されています。 Flywheel の「厚み」に驚かされますが、仕上げの「美しさ= beautifull 」にも驚かされます!
c0019483_2213965.jpg

■ Ball-Bearing に付いてまとめておきます。 Flywheel の Starter-Gear-Ring の歯数は 123 teeth と同一ですが、 Ball-Bearing も同一です。 Jerome は FAG : 6302 2RSR を使っていますが、この 6302 が国際規格の呼び番号で、 NSK : 6302 DDU が日本では ¥ 370 です!
純正品は 26201119 : ¥ 3,000 と高価です! ( 参照: 2005-04-18)

[PR]
by citroenDS | 2006-12-10 21:50 | DS の整備と解説


<< [ ミニチュアカーの紹介:(2... [ 新旧の OIL-FILTE... >>