[ 新旧 DS/ID の Fuel Pump の比較 ]
◇コメント
 Mr.Jerome B.C. のFuel-Pump の仕上がりを見ていましたところ、私のところにも使用していない Fuel-Pump が幾つかあることを思い出して、並べてみるのも面白かろうと言うわけです。 DS の場合にはこれらの全てが「いまでも」使用可能な現役であることです!ID19P の AC の Fuel-Pump などは、私の DS 23 にも取り付けたいなーと思う位です。彼の ID 用の Pump には Manual-Pump( 手動ポンプ ) が付いていますので、時には便利だろうと思うからです。( 当時の 2CV にも手動ポンプがついていた)
 それと彼の ID 用の構造 ( diagphram の交換: Jerome は membranes と書いている ) と S.E.V. Marchal のものが、とても似ていることも同時代の Pump だろうと眺めているのです。
c0019483_2052285.jpg

◆解説
さて、先ず紹介しますのが S.E.V. Marchal 製のものです。大きさの比較の為に '70 年代に普通に使用されていた AC Delco 製の Pump を同時に撮影しました。壊れているものと思って交換してしまった Pump が写真中央の AC 製のものです。一番最後の写真に写っています Valeo 製の黒い plastic 製のものを現在使用中です。
 大型の S.E.V. 製のものは、他の Pump を買った時に一緒に「研究の為に」と呉れたのですが、あまり大きいのでそのままになっていたのですが、Jerome の AC 製を見て「分解してみた」のです。 Diaphragm は同じ程度の size のようですが、AC が camshaft によって「縦に動く」のに対して、S.E.V. は他の Pump と同様に push-rod によって「押されて」作動します。大型である理由は Filter を内蔵しているからでもあります。
 この図が何と CITROEN "D" No.611 に載っているのですが、1964-3 までのようですから、→72 のParts- Catalogue に載っているのは不思議です!(1) Joint for Guide. (2) Guide for Push-rod. (3) Distance piece. (4) Push-rod with 3 grooves
c0019483_20533966.jpg

Diaphragm の駆動方式の違いで、上部は AC とほぼ同じようですが「手動ポンプ」がありません。上下の stroke が小さいので Diaphragm が大型なのだと思います。
c0019483_20543461.jpg

Jerome の作業前の状態です!まずは「ゴミ」と云ったところです。 Diaphragm に AC の mark が見えます。
c0019483_2055513.jpg

この汚れた部品を l' eau bouillante Vinaigree ( 酢に浸けて沸騰させる) た後でワイヤーブラシで磨くと実にきれいになるのですが、彼はそれでは満足しないで "Miror" なる金属磨きで「ピカピカ」になるまで又磨くと、写真のように新品以上になりますが・・・Ca durera le temps que ca durera, mais cest propre! と書いているように「何時までこの状態が続くのか・・・いや、続きはしない!!」と解かっていても止められないのは、私と同じ性格のようで「良く理解できる」のです!!!
c0019483_20562781.jpg

Adobe でやっと矢印と文字を入れられるようになりましたので、filter, new Diaphragm などと書き込みましたが、AC の Diaphragm は 4 枚重ねであるようで、"NeoRetro"なる会社が「赤い色の Diaphragm =( red membranes )」を売っているようです。これは Traction Avant の SEV 製 fuel-pump 用だそうです。 少し大型なので AC 用に作図して作っています。このようにして完成したのが下の写真で、彼の満足している様子が見えるようですね!!!
c0019483_20581952.jpg

早速、Engine に取り付けましたが美術品のようですね!!!この AC の pump の良いところは、手動ポンプがあること、fuel-filter が簡単に外せるところでしょう。 前方に本来 single-piston-oil-Pump があるべき場所が蓋されています。この ID も power-steering を装備していますので、5-pistons-oil-pump だからです。 bolts, nuts に至るまで全て新品を使っています。
 ***ところで、CG-original 本の 46-47 頁に掲載されている DS では、fuel-strainer が Pump と Caburetor の間にありますが、本来は邪道ですから (両者の間には何も入れないのが本筋です!) この AC ように fuel-pump に内蔵しているのが理想的なのです。この場合には pump に入る前に filter があるのです。
c0019483_20592292.jpg

最後の写真は私の stock している fuel pumps を並べてみました。最初に書きましたように、左の黒い plastic 製の Valeo の pump を現在使っています。真ん中は壊れたと思って交換した AC 製です。右も AC 製ですが少し小型ではないかと心配していますが、stroke が大きいので使用可能でしょう。
***これらは 2005-07-04 に Fuel-pump の交換で記載していますので参照して下さい。
c0019483_210134.jpg

[PR]
by citroenDS | 2006-11-26 20:52 | DS の整備と解説


<< [ 昔の ENGINE は美し... [ Hub & Drivesh... >>