[スーパー・アキウムレータの作製]
c0019483_19425479.jpg
[スーパー・アキウムレータの作製]
 メイン・アキウムレータは400cc:65barですが、これを500cc用を改造して作製することをいうらしい。(外国の資料による)500ccの球を何を使うのか書いてないが、CX用は圧が違い過ぎるので安全かどうか心配なのでBX-front用を使いました。
 先ず、6mmドリルで中心の軸を削っていくとダンパーの下側が外れる。その後、ダンパーの8個の穴を拡大していくとバラバラになる。そして内側のダンパーとシャフトが出てくる。これで内部の削りかすをレクトラクリーンで洗い出せば良いのだが、外ネジの内側ダンパーをかしめている部分を3mmのステンレス用ドリル刃で3個所掘って完全にダンパーを除去した。
 「写真のように内部は全く同一」である。蓄油量は3倍になった。スフェアのネジ部分は鉄であり、相手側はアルミであるから断端の処理には注意する必要があります。
[PR]
by citroenDS | 2005-01-08 19:40 | DS の整備と解説


<< [ 高圧油圧シールの原理 ] [メインアキウムレータとレギュ... >>