◆ ユーザー車検に掛かる費用と前準備
ユーザー車検に掛かる費用と前準備。

車検日に”プロ”はするのですが、商売では無い「ユーザー車検」では、少し前の日に手続に行って「必要な「用紙や印紙を買っておく」ほうがよいでしょう。 ここには記載して居りませんが「自賠責=所謂、強制保険」にも手続を済ませておいた方が良いでしょう。 今年も、¥ 2,000 高くなり ¥ 27,840 になりました。
 最小限でも; ¥ 70,680 に成り、自動車税を入れると¥12万/ 年にもなるとは!
 わが DS23 は、本国で 26 年、我が家で 26 年: 53 年にもなった車は「安くして欲しい」ものですねえ・・・

 その後、検査コースの見学をして置いた方が良いでしょう。 2 年間経つと「忘れてしまうもの」ですし、前回とは違った改変がされている事があります。
 私は「全自動のコース」に決めていますが、記憶では 2 年前には「前照灯検査」と「排気ガス検査」が同時であったように思うのですが、今年は「4 輪ブレーキ検査と「40km メータ」検査の後に独立していました。
 前回は「古いキャブの車用の”ボタン”」がありましたが、今年は、測定装置の近くに行ったら「旧基準」のボタンが「点灯」しておりました。 コースを監視している「オッサン」の気使い」でしょう。
 以前には、測定装置のボタンを押し間違えて、器械をこわすなよ!と叱られた事もあります。

 
c0019483_16345359.jpg

c0019483_163707.jpg

c0019483_16383033.jpg

DS 23 では、必ず「排気ガス」の検査と調整を、前もってして置く必要があります。 検査に合格するには CO = 4%, HC 1200 ppm. ですが、WEBER ではその季節=気温に応じた「調整」が必要です。
 検査に合格してしまえば、路上を走るには「GAS 」を濃くしておくからです。

それと「コースによっては、上に書いたように「車に乗った状態で」の検査か?「車から降りた状態で」か?によって「焦点が 10m 」も違って不合格になる心配があるのです! Hydropneumatic DS での特別の注意点でしょう!
 もう一つ、タイヤ・サイズが 180 SR 15 が手に入らない私は” 175 R 15 をはいて”いますので「速度計上 50km/h に近い所が「正確な 40km/h 」ですので、再確認の必要があるのです。

[PR]
by citroends | 2014-04-09 16:34 | ユーザー車検


<< ドエルアルス横浜旭が丘101 ... DS 23 の車検を取ってきた。 >>