DS23のリヤ・サス球の交換。
DS 23 のリヤ・サス球の交換。

先回、front Suspension Sphere を「長期間保存していたが、内圧は異常が無かった事を記載しました。そこで、 リヤ・サスには BX Break 用の sphere を「長期間= 20 年間」使用していたので、普通前サス用を後ろサスに流用する事が多いので、特に GS (A) では普通に行なわれていたのですから、ここは、一つ DS 23 でもやってみようと考えたのです。

 特に、私の DS 23 (1974) では、既に「分解式の Spheres 」ではありませんでしたから、それ程に「異常な、驚くような話」ではないのです! この記事は BLOG (2005) に記載していますので "LINK" しました。
 その事は「拙著 What's DS 」には記載しております。 この「題名には、英国の Hypertronics 社の Owner からは、"What's A DS" だぞ!といわれたんだけれど!


それと、私 = Citroen DS は "Creeper" を持っていないんだろうと思われたく無かったんです!チャント持っては居るんですけれども、 front の修理には”トテモ使えませんよ!” と、云った次第なんです。 数 cm が「問題なんです」からね!!!

c0019483_193410100.jpg

c0019483_19345578.jpg


このような撮影には Canon IXY Digital の方が”ピント合わせに「赤外線を使うので」撮影部分が判然としていて、このような失敗が無くて良い。
c0019483_19361499.jpg

c0019483_19363874.jpg

今時、こんなに「確りしたシャシーやフレーム」は、無いのですよ! 良ーく見ておいてくださいよ! 先ず、新車並みですから、トテモ簡単には見られないと思ってくださいよ・・・
c0019483_1937350.jpg


20 年使って来た”リヤ・サス”の "Center Hole" & Damper です。 ”D 8 と刻印”があります。 BX Break 用です。 Center- Hole は CX 用 = D 1 の方が「やや大きい」ので、結果により「少しツブス」必要があるかも知れない! 後席に乗り込むと著名に= 本来の DS 21 を GS で追走した経験があるのですが、その時を思い出させられました。・・・と云う事は「本来のレベル」なのかも知れません。

 私の「見聞きした 1960 - 70 年代の DS の走行、挙動は、「とても不安定であった」と記憶していますから、現在でも「そのままの状態」を、正常として「守っている Owner 」は居ると思います!

 事実、試走では「特別に問題は感じられなかったが、夜間では、発進時に前車の rear -view -mirror を照射して迷惑だろうと思う。 「光軸を下げる装置」を戻す必要があるだろう。
c0019483_1937311.jpg


DS 21 & 23 の"Suspension" を「どの様に arrenge して乗るか?」、「original に拘るか?」は、 Owner 個人の”趣味の問題であり”、他人様が「良し、悪し」と言う問題では無いでしょう!
 但し、 DS 21- 23 には、どの車種の Sphere が使えるのかの「情報は知らせ合えたら良い」のではないでしょうかね・・・と、Citroen DS は考えておりますがね・・・ 


 
All PHOTOs by FinePix AV230
[PR]
by citroenDS | 2013-07-21 20:19 | DS の整備と解説


<< 後車高の荷重変位を撮影する。 連休中の真夏日と私。 >>