真夏日と "LHM" 漏れ !
真夏日と "LHM" 漏れ !!!

長い”真夏日”が続きましたが、私の Citroen DS 23 では、 GARAGE の床は”普通 LHM 漏れ”の跡は殆んどありません。それが私の DS 23 に対する「安心感」である事を”象徴する証”でもあります。

 さて、今年は「暑い、暑いと言ったって」大した事はない「風の暑さが違う」なんぞと言っていましたが、流石に 7 月になってからは、特に、この 1 週間は”正に真夏日”でした。
 「真夏日であると何が起ったのか?」と、今年の私の”苦労”を書き始めてみましょう。


7/ 2 に”市民病院へ早朝採血に行った”時には、尤も時間が AM 7 時過ぎに出て 7: 30 には指定の駐車場には着いていましたから、この時には帰宅しても「何も気付かず」でしたが、翌日に車庫の床の” LHM 漏れ”に気が付きました。その場所が”気に入らない場所”なんですよ!
 Power-Steering の左側の下でした!中央部よりは益しですが、「油圧が出入れする Connector = Rotation - Union 」の下付近に思えました!
 この Rotation - Union に付いての Manual での解説が不十分であるようです。
 即ち、Steering を回すと "3 way- union" を含む部分が回転しますが、それでは Steering -Rack への”油圧供給とリターン”は何処で為されるか?の問題が解決出来ません。 それが直ぐ前にある回転しない部分である Rotation -Union です。そこには左右から「夫々油圧供給と排出」が行なわれる訳です。
 黄色矢印がその一方で反対側にも 2 本の長い配管が接続されているのです。


この写真は 2005-3-13 の記事より「引用してあり」ますが、「解説書の写真」とは違うのです!ここは「右側の Power - steering -Piston への 2 本配管が接続する」部分なのですが、写真が事実であると考える他ありません! この部分のみが「独立しており、摺り合わせで”油圧”が伝わる」のかもしれません。 そのような部分が必要である事は確かですから!我ながら不勉強で 2 日ばかり調べたのです!!!
c0019483_15172633.jpg


この部分の”基本的修理”は Battery を下ろしてやらなければ成りません。”猛暑時対策”としては、この部分を中心に左右から”レジ袋を吊るして” LHM- Leak 場所と量を調べる事にしましたが、これだけで 2 日掛かりましたが、「不発でした!」。ここからでは無かったのです。これは Dust- Boot などが傷んでいますので、対策としてこのまま放置しておきましょう。

本当の原因は、以前にも”発生して修理”した、 Return - Hose の接続部分でした!

真夏日の LHM 粘度は「水に近い」ものでした。


c0019483_16244466.jpg


全く同じ「修理済みのゴム配管= Return- Hose から、”ポタポタと” LHM が漏れておりました。 この修理した時点では、もう二度とは修理しないだろうと記載されております!!! それがゴム配管は「完全に老化」しておりました。 恐らく、私 Citroen DS が「帰宅後に 4 隅に「エンビ菅」をかって車高が下がらないようにしてからの”車高の下げ方”が、真夏の LHM では粘度が”水”のように薄いので「速すぎていた」のでしょう。 それが配管の接続部には負担が大き過ぎたのでしょう。 また、粘度の低い LHM では「意外に多い量になりました。 リザーバー・タンク =油圧ゼロと考えて「一度失敗した」のに、再度、同じ事になりました。
c0019483_1625231.jpg

縦縞模様のある original - hose は全て「危険性あり」ですから、”耐油性のある網入りビニール・ホースに交換しなければならない。(少し涼しく成ったらば・・・)
c0019483_1625172.jpg

c0019483_16253089.jpg


涼しくなったら、ゴム配管の「総交換をしましょう」。 
 その分か?猛暑日にも拘わらず、エンジンの調子は「絶好調」であるのが救いです。


これには「もっと深刻な裏話」があったのですよ!!!
 車高を上げて、充分に車体を固定して Reservoir - Tank からの LHM を抜いた (ペットボトル= 2 L +)、これで良しと”例のゴザを敷いて”車体下”にモグリ込んで”の作業を始めたら、何故か? LHM がそれ以上に漏れだしてきた! 結果は「惨憺たるもので」、手ぬぐい=汗拭き、汚れ拭き、着ていたシャツ、G- PAN 等 LHM で”ビショビショ”になってしまった!!! これには「マイッタ」でした!!!



7 月 11 日には、PM 12 には、市民病院で検査結果、薬をもらって来ました。 指定の駐車場での”サービス”と、女性に「何年位古い車ですか?」、「素晴らしいですねえ・・・」なんて言われて、ご機嫌で帰ってきましたよ。
[PR]
by citroenDS | 2013-07-13 16:01 | DS の整備と解説


<< 連休中の真夏日と私。 梅雨の合間の快晴に走る! >>