前サスペンション球の交換。
前サスペンション球の交換とサスペンション球の寿命。

DS 23 を「日常の足」として使っていると、特に前のサスペンション球の圧が「低いように感じて」きました。もともと、 DS 本来のサスペンションの「不安定さ」を嫌って CX の”center-Hole を「叩いて縮小」していましたが、もう少し「フワフワ感」があってもと感じ始めたのです。

1996 - 2 - 12 と箱に記載がありますので、当時、使わずに「保存」していたものでしょう。
 今回、立派に使えましたので、「私の”説”=棚に箱にいれて?置けば「サス球の内圧は抜けない」との考えは正解でした!!!


c0019483_2127793.jpg


「大型のフィルター・レンチ」を愛用して来ましたが、左前の「サスペンション球」に関しては、左側は「暖房用ファン・モーター等」入り組んでいますので、サス・シリンダーに「エンド・ピース」なる”延長菅”がありますので、サス球と一緒に取れて来ます。はてさて、この菅を分離するのが大変です。 写真のように「チェーン式」のフィルター・レンチも必要になるのです。

c0019483_21304032.jpg

c0019483_2132215.jpg

c0019483_21325831.jpg


End-piece を”きつく”締めるのが難しいので、サス球を”締める方が強くなるので、結果はこうなる訳ですね。

c0019483_21331449.jpg

End-Piece を分離するのに時間が掛かってしまいましたので、三ツ沢公園の「桜見物」の時間が少し遅れてしまいました。それに、道路の”混んでいた”こと・・・
[PR]
by citroends | 2013-03-23 21:34 | DS の整備と解説


<< DS 23 で「三ツ沢公園」の... DS23 の Oil-Filt... >>