オルタネータの不調?を改善中。
前回の”サーモスタット”の「改良型」の”テスト”は、相変わらずの「寒さ」の為に、違った条件のテストが出来ずですが、「水温計の表示は 75-77 ℃程度を示しており、大いに改善されて「乗りやすく」なりました。 

もう一つ、「方向指示をしながら、エンジン回転を上げると」、”消えているべき”チャージ・ランプ”が「点灯を始める」不都合が起こるようになりましたので、原因と言っても”解っているようなものですが、(オルタネータの後部のレギュレータ系配線の接触不良!) CRC レクトラクリーンで清掃して完了した写真と「寒さ」で、記事にするのに時間が掛かっております。
 暫らくのご容赦を願います。


c0019483_20253279.jpg


Charge-Lamp 用の ( ON - OFF ) する「接点」です。
c0019483_20244010.jpg

[PR]
by citroends | 2013-02-17 21:33 | DS の整備と解説


<< DS23 の Oil-Filt... DS23のサーモスタットの改良... >>