DS 23 の外観を Re-Fresh する。
DS 23 のみに「車を整理」しましたので、これからは DS 23 の「整備」の記事と解説を「再開」する事になるでしょう。

Opel Vita を「整理する事に」決めましたので、広い車庫に DS 23 のみが「堂々と」鎮座するようになります。 Opel Vita の「車検を取る」のを中止しました。本来ならば、今頃は「梅田橋」に行き”多分「ユーザー車検」に合格していたでしょう。

 でも、高齢者は「身の回りの整理」を、徐々に始めるべきだろうと思い始めましたら、「気持ちが前進し始めました!」
 
 先ず、DS 23 を「車庫のど真中」に据える事が、一番だ!と、頭が切り替わり、気分が一新して来ました。


 現在、まだ Opel は、YANASE が「引き取りに来ていませんので」、 DS 23 は同じ位置に居りますが、先ずは、車体表面の「汚れを強力に落として」昔の "Soft 99" で「久しぶりにキチント」 WAX をかけました。 

 この暑いのに「WAX がけ」から始めました。

 そうしたら、サイド・モールが「ポロリと落ちたんです」!!!!

 4 月の”車検”の居りには、Rear-Reflector が「落っこちた」んですが、これらの「車体表面」の付属品の「取り付け金具」が、内部で錆びているんです!!! こんな場合には、”ゴム”が「突出しています」ので、気を付ければ”直ぐに”解ります!

 これだって、走っている内だったら、結構「金額と手間」が掛かったのですねえ・・・
 今回も、右 front - Wing の Protector だから、同じことです!

 こんな具合で、先ずは「外観から」”ピッカピカ”の DS 23 Pallas を、車庫の「ど真中に据えるえる」事から始めております!!!

 DS 23 Pallas の Stainless & Rubber -Parts の「素晴らしさ」に、驚かされています。未だに「新品同様」なんですから、大したものです!!!

 それにしても、「取り付け部品」との「ちぐはぐさ」には、流石 CITROEN と感心!しております。


今日は (8/16) まだ VITA がある内にと、サイド・モールの補修に必要な「部品= Stainless-Bolts & Nuts, Bath-Bond 等を買い集めてきました。

 Right- Front- Fender の部分ですから「簡単と思ったら」さにあらずである事が解りました。

 Left- Side の全部分を直した時の事 ( 10 年以上前ですから)「スッカリ忘れていました」。

 前側の「Bolt & Nut の交換は全く簡単」ですが、後側の "Nut" は、Door Open では”手が入らない”んです! さて、どうするか?ですね・・・

 "Front-Fender" を外さないで「何とか出来ないか?」と、ズルイ事を考えているんですよ!

c0019483_2122090.jpg

c0019483_2124662.jpg

 
[PR]
by citroends | 2012-08-15 22:44 | DS の整備と解説


<< 左側の Rear - Refl... ◆ DS-Owner は「アタ... >>