[ my DS 23 の Brak-Return-Hose の修理 ( 3 ).]
◆ my DS 23 の Brake-Return-Hose の修理 ( 3 ).

前回までに、Engine-Room 内の上部の「亀裂 Hose 」の修理は終わったが、この際に「在り合わせの」 Hose-size のやや太いものに交換した。これは左側下部で Return-Hose & Pipes が集合して Reservoir-Tank に戻るが、今回には Hose-size 変更の為と図や写真のように、一度完全に「部品交換」してあるので、古い Hose と新設した Hose とを接続しなければならなくなりました。
本当は新しい「網いりの Fuel-Hose = 丈夫で柔らかい 」にするのが best ですが、私の年齢からでは「恐らく再度の LHM 漏れ」には会わないでしょう。

 これに関する「記事」は、既に書いてあるので再掲し、LINK して置きましょう。

 Lift-Up して作業すれば、大したことでは無いのですが、いずれにしても Hose 1 本の交換に「これ程に周囲の部分を取り外す」のは、さすがに DS 23 ではあります!!!私も「意地でもやって見せる気」が殆んど全てではありますよ!!!下の写真の Pipe & Hose は、Gear-Selector-Pipes の下側に「簡単に片手で曲げて」左下側よりにしてしまいました。これが「正式の位置です」。以前、engine 載せ換えの際に撮影した写真に写っていました。
 Wapping の効果は充分にあり、殆んど LHM 漏れは追加されませんでしたよ!!!
 もっとも、 Reservoir-Tank 内部の Pipe 構造は「多種類の機能」を持たせてあるからでしょう。

c0019483_2238569.jpg

Brake-Hose の接続は図と写真のように、4 番ですが「Hose の size 変更」をしていますので、Reservoir-Tank の Pipe (4) とでは合いませんし、作業は難しいものです。そこで「手元にあった銅 Pipe 」を使って Connector を作りました。物置から探し出した銅 Pipe は、恐らく Cooler 用の余りでしょう。 9mm 径でした。
c0019483_22383641.jpg
c0019483_22385335.jpg


この銅 Pipe 製の Connector は「もぐって接続」しましたが、時間が無くて写真を撮るのを忘れてしまいました。

  Engine を掛けて車高を上げて清掃してから、写真を撮って載せましょう。それにしても急に寒く?なりましたねえ・・・
 Reservoir-Tank への Hose の接続は「手間が掛かる」大仕事なので、やり易い場所での connection が一番楽なのです!!!


c0019483_21115018.jpg

20 年位前に Reservoir Tank への Return-Hose は交換してあります。 4 番は Hose-Band を換えたのみの所でした。もう一度 front Fender を外して Reservoir-Tank を持ち上げて交換する気にはなりませんでした。下の様に直線部分ですから、銅 pipe で connection する程度でもつでしょう。
c0019483_21144213.jpg

上を向いてモグッテ、硬化気味のゴム Hose に connector を差し込むのは「力が入らないので」とてもキツイ作業なのです。 Lift で立っての作業とは違うのを、ご想像下さい。
c0019483_2115891.jpg

写真は「殆んどメクラ撮り」です。何せ、手は脂だらけなのですから・・・ 最後にレクトラクリーンを吹いて LHM & Dust の汚れはキレイにしてから撮っていますから「とてもキレイに」見えるでしょう?!
 そうだ、私はこれで完了ですが、皆さんの DS では Under-Cover の取り付けが残っているのですね・・・
c0019483_2115448.jpg


◆ all Photos by IXY Digital 30.
[PR]
by citroenDS | 2010-09-25 22:39 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23 in t... [ my DS23 の Bra... >>