[ TYRE の製造年月に付いて ]
◆ TYRE の製造年・月に付いて。

TYRE の製造・年・月に付いて NANKANG Tyre では 175 80 R15, 175 65 R14 とも「刻印」を見つけました。 一方で Michelin では「不明」でした。 NANKANG Tyres の写真を載せます。
 上の 2 枚が 175 65 R14 で、下が 175 80 R15 です。Tyre 側面の「小判型の部分」に番号が印字されています。どうゆう訳か Michelin には「小判型の部分」がありませんでした。
 これらの「製造年・週」の読み方については、詳細に説明してある Web Site がありますので Link しておきます。ここが一番「骨があって」気に入りました。他のは「何だか Maker に迎合している」ような Site が多いようです。
 いずれにしても「国産」は 4 桁の数字で解るようです。 Auto Way では、5 年以内は差がないので「製造年」での返品は受付ていない事を明記しています。 ( 良心的と言えばいえるが・・・?)
 NANKANG Tyre は YOKOHAMA-Tyre が指導して製造しているんだそうです。

c0019483_22284773.jpg

Opel 用の Tyres は全て 1710 でしたので 2010 年の第 17 週= 5 月初めであるのが分かりました。 RX 615 に model-change したので「出来立て」になる。 宅配されてから 1 週間、車内に入れて置いたら、組み付けに行く時のゴム臭かったこと!!!
c0019483_22291018.jpg

DS rear Tyre は 1201 ですから、 2010 年の第 12 週ですので、 3 月末製造となります。
c0019483_22292713.jpg


◆ Tyre と Wheel の組み付け位置に付いて。
 ★タイヤの組み方
 Tyre を Wheel に組む際は static Ballance に注意してください。
 Wheel-Ballance をしっかり取らないと、高速走行でハンドルがブレる症状が出てきます。
 Wheel に鉛の板を貼り付けてとる、Ballance を言っているのではありません。
 実は、Tyre を組付ける位置というのが決まっています。Tyre に直径 5mm 程度の黄色の点がペイントされている位置を、Wheel の Air-Valve の位置に組み付けるのが約束となっています。
 下の写真で黄色い「〇」印のところが組み付けポイントです。ここと、Wheel の Air-Valve を合わせて Tyre を組み付けます。( Linked Web Site より ). 
 NANKANG の場合には、red Mark と yellow Mark があり、14 inch Wheel は yellow に合わせてありますが、 DS Wheel では red Mark に合わせてあるようです。 yellow Mark は特に消え易いのです。
c0019483_1532492.jpg

c0019483_15334258.jpg

Tyre の「ヒビ割れ防止策=悪条件」にはイロイロ記載されていますが、常識的には「紫外線とオゾン」から守ることです。従って、車庫に駐車する事につきますが、「乗らないとヒビ割れし易い」と書いてありますが、これは誤解でしょう。 Side Wall の話ですので、走らなければ Tread が減らないので「長く交換しない」ですから科学的な証明にはなっていません。逆に、走ることにより Tyre が負荷を受けている時間は長く、摩擦熱を持っている時間も長いのですから、沢山走ることは Tyre 内部の oil を失わせます。 Tyre Wax は科学的には「有効であり」害があるとする合理的理由にはなりません。

◆ 熱が Tyre の老化原因であるとすれば、最も悪い条件を採用しているのが CITROEN 社と云うことになりますよ。
[PR]
by citroenDS | 2010-07-09 22:30 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23 の fr... [ my Garage wit... >>