[ my DS 23 : WEBER Carburetor : その 3. Choke 系 ]
◆ my DS 23 : WEBER Carburetor : その 3. Choke 系。 

WEBER Carburetor の始動時の System を写真で紹介する。この Choke Plate はどの Carburetor にもあるのですが、特殊な作動をする Choke Piston の働きに就いては「詳しく」写真で示しておきました。どの孔がどこえ通じているのか?確かめるのは大変です。
 Primary 側の Choke Plate が閉じた状態で Engine が始動しますと、Choke Spindle で連動している Scondary 側の Startor Piston = Choke Piston の上下にそれぞれ Upper , Lower Hole があり、急激に増加した「吸入気」による気圧差により「細い spring 」の収縮範囲内で Choke Plate を開くように Piston が作動します。結果として Primary 側の「流路が開き」 Idling 状態に変わり暖気運転になります。同じ WEBER でも型式により構造がかなり異なりますので、図を見分けるのが難しい作業です。

実際問題としては、われわれは Engine が始動すれば Choke を戻しますから、どの程度この Piston が有効に作動しているのでしょうか???
 理論的には始動後「瞬間的に作動する」のですが、それを実感できるのか?です。
c0019483_2155574.jpg

c0019483_1919229.jpg
c0019483_1921305.jpg
c0019483_19222940.jpg
c0019483_1926880.jpg
c0019483_19262892.jpg

c0019483_2157264.jpg


c0019483_1931653.jpg

この Piston は上下の気圧差で作動するのですから、蓋の内側は特別な Seal が貼ってあります。
c0019483_19313498.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-09-11 22:02 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23 : WE... [ my DS 23 : WE... >>