[ my DS 23: 7 月 14 日、梅雨明けの真夏日を試走する。]
◆ my DS 23 : 梅雨明けの真夏日を試走する。

  7 月 14 日、今年は早い梅雨明け、真夏日と条件はそろったので第三京浜港北インター付近を 2 時間ばかり試走してみた。まずまずの出来で DUCTs の新設は Cooler の効果に全く影響しなかった。
 現在走っている車は、皆 Bonnet 後端部の Wipper 部分に排気(熱)穴を造っているが、DS では Alumi-Bonnet の補強構造部分であるので、充分に広げることは出来ない。
 GAS は少し濃くしてあるのだが、Plugs の「焼け」は少し黒い程度なので、このままにする。

 これで今年の夏は調子をみることにした。
 決まりとなれば、全体に造り直しもあり得る。

c0019483_21411899.jpg

Ducts の両側の空間の処理 ( 塞ぐか???) は、どうするか?決まっていない。 この状態でも走行風で水温は下がるのだから・・・アルミ板かコルク板に Vinyle-seat を貼って塞ぐことは簡単なことだ。
c0019483_21421649.jpg

Cooler-Condensor と Gear-Box との間= Radiator-Duct の下面は「断熱スポンジ」を押し込んで完了です。 (↓)
c0019483_21425519.jpg

Vinyle-Duct と Stainless-Ducts との接続は最終的には「直接に接着」することになるでしょう。
c0019483_21433473.jpg

c0019483_23161116.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-07-14 21:45 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23 の真夏対... [ my DS 23: Rad... >>