[ my DS 23: Radiator's Duct の改善 ]
◆ my DS 23 の Radiator's Duct の改善。2 Ducts を追加してみた。

煙突を 2 本追加してみました。今年はやや涼しいようですので、現在までの "Test" では問題はありませんが、30 ℃を超える気温での「渋滞」でも OK か?と問われれば不安は無いではない。
 そんなことを考えながら、物置の中を「ゴソゴソやっていたら」 10 年以上前に家庭用の大型湯沸かし器用に買って使わなかった「ステンレス製の排気筒」が出てきた。 18cm 径、1m のものである。本当は、Radiator-Shuraudo の材料を探していたのだが、この延長は意外と難しいことが解った。
 50cm X 2 本、Cooling-Duct に使える!と「いろいろとアイデア」が浮かんでくる。よし、マイナスでは無いのだからやる!!! なるべく「隙間は無い方が良かろう」と、自分では納得するのが早いのだ。
 要するに、目的は Engine-Room 内の上半部の「暖気の再循環」を防止し、外気をより吸入し易くすることです。現在の車では、Radiator 部分以外は開口部を全て閉鎖しているのが一般的ですが、そこまでするのは、電動 Fan を廻したく無いからでしょう。従って、どこまで閉鎖するべきか?は不明です。
 結局は Cooling-Duct の 2 階建てになってしまいました。反射が多く、質量が小さいので熱の蓄積は少ないでしょう。材料としては良いものでしょう。
 
 これで「私の美学」かよ?と云われそうに「コケオドシ的」であるのかな?現在の気分としては、少し「締まって良いのでは?」との感じだが。
c0019483_2223955.jpg

未だ、仮組みの状態ですが、軽量なせいか?上下の「はめ込み状態」で殆んど固定されています。
c0019483_2225336.jpg

上に Bonnet の細工がありますので、中央は「意図的に」空けてありますが、Bonnet を閉じれば上部は 1 体になります。また、状況によりシート等で簡単に閉鎖する事もできます。 電動 Fan のみ回した Test では「かなり良く」吸い込んでいますし、妙な共鳴音は発生していません。
c0019483_223785.jpg
c0019483_223213.jpg

Vinyle Seat 部分との接続を「芯に入れたアルミパイプを曲げて」 smooth になるように調整しています。下面は Cooler-Condensor と Gear-Box との間は「簡単に断熱シート」をはめ込むだけで済みます。
c0019483_2234127.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-07-07 22:06 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23: 7 月... [ my DS 23: Coo... >>