[ my DS 23: Cooling System の改善策 ]
◆ my DS 23 : Cooling System の改善策。

◆ この所、DS 23 を走らせて Test しています。

 1 ) Cooler System は「良い場所」を得て「まずまず」の効果をしめしています。やはり X-3 方式が Best であることに疑いはありません。

 2 ) Ventiration System は「大量に熱風を排気」していますが、ゴム系ボンドは完全に乾燥していないと機械的な補助がないと熱風下では「案外簡単にはがれて」しまうことが解りましたので、原始的な方法である「糸針」で縫っております。 Duct との接合部分は「ネジ留め」していましたが、不足した部分は内外から接着してありましたので、風圧で剥がれてしまいました。Test が終われば「造り変えますが」!!!

 3 ) 90 ℃を超えると「イマイチ」不満足なので、良く調べると Radiator の Thermo-S.W. が ON にならないのです。この DS 23 の補助 FAN は「あまりにもキレイ」でしたので、一回も廻ったことが無かったのかも知れません。
 そんな訳で、手動で Radiator Fan & Ventilation Fan を同時に ON にする配線に変更しました。
 電動 Fan の風量は「停車中ですから」 Engine-Fan の 2 倍以上ありますので非常に効果的です。

 4 ) ところで Radiator Fan Cover (cowl , shuraud) の長さが DS23 用は短いので、Fan が見えているのは正しいのか?との疑問を記載したことがありますが、その理由は一番下部分で Power-Steering Lack と接触してしまう為と思はれます。この部分を除いて延長をしてみようと考えています。
 現在のシュラウドの長さですと、 Fan の後から出る風は左右に散って真後には出ていません。床からの立ち上がりに使用しているビニール?製の内装材をネジ留めしてみる予定。
 左・上側を延長すれば、多分排気側に多く吹き出すと予想しているのです。

 5 ) Engine-room 内の風の流れに付いて考えてみましょう。 Radiator から後方に出た風は、両側の「内部に殆んど何もない」 Fenders or Wings の内部を逆流して前まで来ます。この事実は、Head-lamps の内部に後方から「ゴミや虫」が入っていることからも明確です!
 そこで、 Wing 内部に簡単な隔壁を作る必要がありそうです。このように「イロイロとやる事」が沢山にあります。
 これも DS の特殊な Body 構造にある訳で、他の車では起こらないことなのです!
[PR]
by citroenDS | 2009-06-25 23:18 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23: Rad... [ my DS 23 : En... >>