[ my DS 23: Engine Room Ventilation (Final Way)]
◆ my DS 23 : Engine Room Ventilation ( Final Way ).

前回に述べましたように、やっと「これだ!」と言える方法にたどり着きました。 Final Way としました。私の前にも後にも、こんな事に一生懸命に TRY する者はいないでしょうが、これは日本の夏の渋滞時にはきっと役に立つ手段であると考えますので、どなたか追試して下さればと思います。
 '60 ~'62 年の Fender Ventilation Grille よりも「後方で高い位置」ですので、また「強制排気」ですから効果を期待しているのですが・・・
 今年は未だ「この Ventilation System の効果を試す気温の日」がありませんので、 DATA がありませんが、もう時間の問題でしょう。始めは Fender へ開ける穴の径を 4.5cm の Radiator Hose に予定していましたが、もう少し大きく開けられるので「アルミ板で Duct」 を造りました。 6cm のやや四角いものになりました。
 穴開けは「4mm のドリルで沢山の孔を開けて、ニッパーで連続にする」原始的な方法ですが、除去した Fender 部分の original seat は新品のピカピカの鉄板でした。驚きです!!!
c0019483_2155121.jpg
c0019483_2156047.jpg
c0019483_21564672.jpg

約 1/9 に縮小しますので、やはり「吹き返し」があります。従って、下写真のように「金網=フルイ」が必要です。ファン・カウルの延長効果と、 Bonnet のなるべく高い位置の排熱効果を期待しています。
c0019483_21573025.jpg

Fan-Motor の固定は「剛」ですと、振動による騒音が大きくなると考えて、外側の 2 箇所はゴムを挟んだり、 Cooler Hose に抱かせたりした 「柔」固定にしています。Duct から下の Garage Floor が見えます。
c0019483_21574490.jpg

Duct の固定と隙間充填処理は、ゴム系ボンドとシリコン系バスボンドです。
c0019483_2158574.jpg

c0019483_21593913.jpg
c0019483_2203882.jpg
c0019483_2205860.jpg

Bonnet に排熱穴を造れば簡単な話なのに、「それをしないで」となるとこれしかないでしょう!作業するには「無関係な場所ですが、排気側であることが多少気になっています。SM, CX 共に [Fresh Air Intake] のある場所になります。
c0019483_2264891.jpg

隙間テープを使いましたが、厚過ぎて半分にしてあります。 手前の Window-washer-tank が「不細工な所」は隠してくれます。
c0019483_227299.jpg

[PR]
by citroenDS | 2009-06-05 21:41 | DS の整備と解説


<< [ my DS 23 で 横浜... [ my DS 23 : Ve... >>