[ my DS 23 の Cooling System 修復 (Ⅴ): Cooling Duct 側面の固定]
◆ my DS 23 Cooling System 修復 (Ⅴ) Duct 側面の固定。

Cooling Duct の製作は前回解説しましたが、側面の固定に就いての考えが決まっていませんでした。勿論、ゴム紐の類で引っ張るつもりでしたが、伸縮する分をどう処理するか?で「見栄えの良い方法」で無ければ!!!でしたが、以下写真の如くに「妙案」が浮かびました!
 Aluminium Pipe の直径は 1 cm, 長さは 21 cm です。手元に転がっていたものが、たまたま 50 cm 少々あったと云うだけのことでした。上手く行く時なんてそんなものです。中を「 100 円屋」に Hook 付きで売っている「自転車の荷台の固定用」を針金で引っ掛けて通します。

original Duct (aluminium Duct 部分) の断面径は 37cm X 15cm 程度ですので、21cm は充分な size です。
写真の Aluminium Pipe の直径の記載は [ 1mm ⇒ 1cm ] です。
c0019483_0275278.jpg
c0019483_0304238.jpg

main Headlamps の自動上下調整機構が無いと指摘されるでしょう。ユーザー車検では Head-Lights の検査時に「不安定ですので」 15 年来「外して」います。
c0019483_0312195.jpg
c0019483_0313620.jpg

c0019483_059723.jpg

止めろとの Advice の中、Fan-Blade を見事に「切り取り」ました。Fan Blades は切断した部分の重量は非常に軽く 2~3 g でしかありませんので、重量バランスでは無くて「風圧」の違いが問題なのでしょう。
結果は「心配したこと」も無く、振動=0 でしたが「回転数の上昇」でしょうか?騒音は増加しました。逆転時に大きいので「形状の問題」が一番の理由でしょう・・・ 正転で 4.5 A, 逆転では 4 A とあまり違いがありませんでした。 普通は正転と逆転では 2 : 1 位違うものですから、電流が違わないことを喜ぶべきでしょうか?兎に角も、使用できますので「ニッコリ」です。ところが、「押し込み型」では網付きの理由が解りました。「吸い出し型」では「はじき出される指先」に見事に怪我をしてしまいました。 Condensor の前が 1st Frame, Condensor 中央部が載っているのが 2nd Frame です。( いずれも横の意) Engine の載っている 3rd Frame に次いで頑丈なものです。今までは、この 2nd の上に Radiator を載せていました。上縁で15~20 cm の低さ故に、「どうしても 100% の満足」を得られませんでした。この高さの違いが ( Water-Pump の能力を含めて ) SM-Prototype との違いでした!! 
c0019483_20585163.jpg

ほぼ完成です。見事に 1 ヶ月かかりました!後は Test Drive で決めるよりありませんが、かなり楽観的な気分です。
 Original との違いは、アルミ製 DUCT が無い代わりに Fan 付き Condensor があること、Spare-Tyre が無い代わりに Vinyle 製 DUCT 部分の取り付け角度が大幅に改善されていることです。
 問題点としては、どこまで「完全に」 Cooling-Duct の密閉性が要求されるのか?だけです。
c0019483_20593699.jpg

かなり電気配線の変更や細かい部分の修正、補強、清掃、塗装があり、GW は試走とで終わってしまいそうです。
[PR]
by citroenDS | 2009-04-29 00:12 | DS の整備と解説


<< [ DS の Coolings... [ my DS 23 の Ra... >>